紅葉を下に眺めながら天神尾根を登る 谷川岳(1,977m)

群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼郡湯沢町

2011年10月17日(月)     チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                         〈ロープウェイ、天神尾根経由で紅葉の谷川岳へ〉

 

 

 

遠征の第2日目は谷川岳への紅葉詣とした。

今まで幾度か登ったことのある山であるが、紅葉の季節に登るのは今回が初めてで楽しみでもあった。

チャコにとっては初めての山でもあった。

連日の登攀であるので、

谷川岳ロープウェイを利用しての天神尾根の往復というルート設定とした。

 

《山行記録》

谷川岳ロープウェイ土合口駅(746m)8:18――8:27同天神平駅(1,319m)8:33・・・・8:51(スパッツ装着)8:54・・・・9:31熊穴沢避難小屋9:33・・・・9:41(衣類調整)9:44・・・・10:22天狗の留まり場・・・・10:47天神のザンゲ岩10:51 ・・・・11:04肩ノ小屋11:09・・・・11:17トマノ耳(1,963.2m)11:21・・・・11:38オキノ耳(1,977m)11:48・・・・12:02トマノ耳(1,963.2m)・・・・12:08肩ノ小屋(昼食)12:45・・・・12:56天神のザンゲ岩・・・・13:23天狗の留まり場・・・・13:36(休憩)13:45・・・・14:01熊穴沢避難小屋・・・・14:47谷川岳ロープウェイ天神平駅14:57――15:05同土合口駅

〔天神平駅から 総所要時間:6時間14分、昼食・休憩等:1時間17分、正味所要時間:4時間57分、歩行距離:7.9q、累積標高差:±1,023m

 

8:18 谷川岳ロープウェイ土合口駅

   前日は夕刻に両神山の日向大谷登山口から秩父市を経て花園ICで関越自動車道に乗り、赤城高原SAで車中泊をした。平日のこの日の谷川岳ロ―プウェイの始発は午前8時であったのでこの日の朝はゆっくりの出発とした。ロープウェイ土合口駅には平日ではあったが数多の乗客が集まっていた。次から次に回って来るゴンドラに他の乗客と共に乗り込むと直ぐに紅葉の美しい谷間の上を通過していた。谷川岳の紅葉は山の中腹まで下りて来ていたのであった。ゴンドラの中にはため息にも似た感嘆の声が満ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈谷川岳ロープウェイで土合口から天神平へ〉

 

 

〈山の中腹が紅葉の盛り〉

 

 

8:27〜8:33 谷川岳ロープウェイ天神平駅

 天神平の上空は晴れていたが、谷川岳や白毛門、朝日岳などの峰々の山の端は曇っていた。天神平から更に天神峠までリフトが敷設されており、半数以上の方々がそちらに足を向けていたが、天神尾根を登る時の習い性で我々は天神尾根を巻いて熊穴沢避難小屋へと向かう登山道を採った。緩やかに上って行く道であった。登山道沿いの樹々は既に枯葉色で紅葉のピークは過ぎていた。ただ樹間から見える西黒尾根の南斜面や西黒沢沿いの樹林は見事な紅葉であった。

 

 

 

〈天神平駅:もう標高1,319m〉

〈天神平には多くの観光客、登山者が集う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈天神平から谷川岳の双耳峰を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  〈湯檜曽川の谷越しに白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の山塊を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈天神尾根を巻く登山道を登り行く〉

〈樹林の先に谷川岳が見え隠れする〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈枯葉色の樹林の上から谷川岳の山頂部が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈紅葉した西黒尾根の先に朝日岳、笠ヶ岳、白毛門を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西黒沢の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈ブナ越しに紅葉した沢筋を見下ろしながら・・・〉

 

 

 

9:31〜9:33 熊穴沢避難小屋

 熊穴沢避難小屋から本格的な登山道となった。換言すれば、ここから急坂が始まった。肩ノ小屋のある肩ノ広場までの1時間半ほどの間その急坂はずっと続いた。ただ、道中には「天狗の留まり場」とか「天神のザンゲ岩」などと名付けられた展望の優れた露岩が幾つかあり、心地良い休憩場所を提供してくれた。そこからは上州や日光の山々の眺望が開かれていた。西に延びる谷川連峰主脈も万太郎山を中心に綺麗に見えた。その主脈南側の中ゴー尾根やヒツゴウ沢、また東側の西黒沢沿いの紅葉も見事であった。

 

 

 

〈熊穴沢避難小屋〉

〈避難小屋から先は急坂が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈岩場越しに山頂部を仰ぐ、山頂はまだ遠い!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈尾瀬の燧岳、至仏山、笠ヶ岳を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈南方向には武尊岳、赤城山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈万太郎山が一際高い西に延びる谷川連峰主脈〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈中ゴー尾根の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈ヒツゴウ沢左岸の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈ナナカマドの樹越しに谷川岳の山頂部を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈天神のザンゲ岩から天神尾根を見下ろす〉

〈天神のザンゲ岩から肩の広場方向を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈天神のザンゲ岩から上州の国を俯瞰する〉

 

 

 

11:04 肩ノ小屋

  天神尾根の最終局面はガレ場の階段道で、そこを登り切ると肩ノ小屋があった。営業小屋となってから初めて立ち寄ったことになる。かつての避難小屋時代に比べて大変に大きく立派になっており、営業を引き受けられた元群馬県警谷川岳警備隊長の馬場保男氏のご努力の程を思った。その馬場氏も今期限りで引退されるという。小屋に入ってみると馬場夫人であろうか、テキパキと登山者の注文を捌いている姿が拝見出来た。肩ノ小屋から双耳峰の最初のピークであるトマノ耳まではひと歩きであった。大勢の登山者の交じって記念撮影をしてから最高峰のオキノ耳に向かった。ここで思いもしないことが起った。それまで綺麗に晴れたいた山域であったが、北面から俄かに濃いガスが湧きあがる忽ち稜線部までガスに包まれることとなった。僅か10分足らずの間の出来事であった。

 

 

 

〈肩ノ広場直下のガレ場の階段道を登る〉

〈肩ノ小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈肩ノ小屋から西に延びる谷川連峰主脈を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈トマノ耳までは肩ノ小屋からひと歩き〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       〈トマノの耳から最高峰のオキノ耳、更に北に延びる一ノ倉岳、茂倉岳を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈白毛門の先の笠ヶ岳、朝日岳は雲に隠れていた〉

 

 

 

11:38〜11:48 オキノ耳(1,977m)

  俄かにガスに包まれたオキノ耳であった。楽しみにしていたそこからの大眺望は望むべくもなかった。それでも、まだガスが薄かった東面の一ノ倉沢を何とか覗き込めたのは幸いであった。こちら側を俯瞰すると、谷川岳の本性というか、それまで天神尾根から見ていた山とは全く別の山の姿を見ていることに容易に気付くことが出来た。直ぐに天気が回復する気配はなくまた風もやや強かったので、頂上での長居は無用と早々に肩ノ小屋へと引き返してそこで昼食を摂ることとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈トマノ耳からオキノ耳に向かう間に稜線はガスに巻かれた〉

 

 

〈ガスに巻かれたオキノ耳〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈オキノ耳から一ノ倉沢を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈ガスに霞む烏帽子岩、衝立岩を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈ガスに巻かれた白毛門方向の山肌を望む〉

 

 

 

12:08〜12:45 肩ノ小屋(昼食)

  ガスに巻かれた肩ノ小屋に寄り添うようにして風を避けながら昼食を摂った。食後直ぐに下山の途に就いたが、ガスは仲々晴れそうになかった。眺望や脚下の紅葉は諦めざるを得ないかと観念したが、下り行く程に行く手のガスが時折晴れるようになり、やがて綺麗に晴れてくれたのは有り難かった。ただ、谷川岳山頂付近は相変らずガスの中で、隣の万太郎山などは不気味なほどに大きな傘雲に完全に飲み込まれていた。前日来の山歩きで草臥れ気味の脚であったが、脚下の綺麗な紅葉に勇気づけられるようにして長く急な尾根道を下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈肩ノ広場で憩う登山者〉

 

 

 

〈肩ノ小屋の正面前のベンチ〉

 

 

 

 

〈ガスに巻かれた肩ノ広場を後に下山の途に〉

〈時折ガスが明けると天神尾根が姿を現す〉

 

 

 

 

〈ガスの切れ間に紅葉した沢筋を俯瞰する〉

〈天神尾根の東面も午後の斜光に輝く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈樺の樹林越しに上州方向を眺望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈「天狗の留まり場」の大岩から大眺望を楽しむ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 〈万太郎山は午後にはずっと大きな傘雲を被ったままであった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天神尾根を下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈ガスが晴れて陽光に輝く西黒沢の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈脚下に眺める紅葉も乙なものだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈樺はもう殆ど葉を落としていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今この辺りが紅葉の盛り!〉

 

 

14:01 熊穴沢避難小屋

  熊穴沢避難小屋を過ぎれば急坂や大きな段差、鎖場などから解放され、後は緩やかな下り道を辿るだけと気持ちが軽くなった。登山道も樹林の中に延びており、樹々は午後の斜光に朝方よりも艶やかな色合いを見せてくれた。見返した谷川岳の山頂はまだ雲の中に隠されたままであった。

 

 

 

〈熊穴沢避難小屋付近から天神山を眺める〉

〈熊穴沢避難小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈西黒沢筋の紅葉を見納め!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部がガスに隠れた谷川岳を振り返る〉

 

 

 

〈天神平への登山道〉

 

 

 

 

〈谷川岳ロープウェイ天神平駅を俯瞰する〉

〈天神平への最後の下り〉

 

 

14:47 谷川岳ロープウェイ天神平駅

  肩ノ小屋から2時間程で天神平に下った。午後3時近くであったが、また沢山のツアー客がロープウェイで上がって来ていた。皆さん、仲々に忙しい時間割で観光を楽しんでおられるようであった。汚れた登山靴を駅舎横の洗い場で綺麗にしてから、観光客に交じってロープウェイに乗って土合口に下山した。売店で登山バッヂを購入してから、下山後の楽しみの温泉へ。この日は谷川温泉の「湯テルメ・谷川」(0178−72−2619)で入浴した。

 

 

 

〈大きな眺望を眺めつつロープウェイで下る〉

〈ロープウェイの中腹も紅葉の盛り〉

 

 

〔山行所感〕

  前日の両神山から谷川岳へ。何らかの特別な脈絡があって選んだ訳ではなかった。紅葉が綺麗いう情報があったのとチャコがまだ登ったことがない山であったというのがその訳であった。定評通りの谷川岳の移り気な天気の洗礼を山頂で受けたものの、概して好天下の山行であった。紅葉は山の中腹まで下ってはいたが、これもそれを眺める趣向として仲々のものであったようだ。広島からは遠い山で、10年近いインターバルで暫く振りにやって来ても、いつもの慣れ親しんだ山のような気持ちになれるのも好ましく感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2