黄金色に彩られた落葉松林を抜けて 浅間山(前掛山)(2,534m)

長野県小諸市・群馬県吾妻郡嬬恋村

2011年10月18日(火)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                       〈落葉松の向こうにこの日初めて姿を現した浅間山〉

 

 

 

遠征3日目は標高を上げて2千メートル峰の浅間山を目指すこととした。

この山域に入ると落葉松の林の中を歩ける楽しみもあった。

晩秋に黄金色に紅葉する落葉松の美しさが殊の外好きである。

まだ晩秋という季節ではないが、高度を上げれば山奥ではきっとひと足早く秋が深まっている筈であった。

 

《山行記録》

浅間山荘7:01・・・・7:35一ノ鳥居・・・・8:04二ノ鳥居・・・・8:51かもしか平・・・・9:07火山館9:13・・・・9:23湯ノ平分岐9:25・・・・9:43Jバンド分岐・・・・10:43浅間山本峰分岐9:49・・・・11:13前掛山(2,534m)11:26・・・・11:43シェルター横(昼食)12:14・・・・13:04 Jバンド分岐・・・・13:21湯ノ平分岐13:22・・・・13:30火山館(ピンバッジ\500)13:41・・・・14:31二ノ鳥居・・・・14:34不動滝14:37・・・・14:52一ノ鳥居・・・・15:22浅間山荘 

〔総所要時間:8時間21分、昼食・休憩等:1時間13分、正味所要時間:7時間08分、歩行距離:14.3q、累積標高差:±1,243m

 

 7:01 浅間山荘

  前日は谷川岳から下山した後で水上ICから関越道に乗り、藤岡JCTから上信越道に入り横川SAで車中泊をした。浅間山は長い行程となるので早出として午前6時半過ぎに登山口の浅間山荘前に到着したが、佐久平の上空は今にも嵐が来そうな黒い雲に覆われていて、先行きが些か不安になってしまった。霧が巻く登山口であったが、既に多くの登山者の車が停められており、爾後の好天を約束するかのように空も明るくなってきていて安心した。身支度を整えて午前7時に出発した。登山口で既に標高1,400メートルを超えており、周囲は紅葉をしていた。樹林の中に延びる林道を歩いて行くと浅間神社の一ノ鳥居の手前から山道となった。一ノ鳥居で登山道は二筋に分れていた。左の道を採って巻き道で二ノ鳥居に向かうこととした。右の不動滝を経由する道は下山時に採ることとした。登山道は樹林の中を緩やかに登って行った。

 

 

 

〈朝の浅間山荘前〉

〈登山口の鳥居を潜ってスタート〉

 

 

 

 

〈一ノ鳥居〉

〈蛇堀川左岸斜面の紅葉したダケカンバの樹〉

 

 

 8:04 二ノ鳥居

  二ノ鳥居下で不動滝経由の道が合わさった。鳥居の右手に延びる蛇堀川(じゃほりがわ)右岸沿いの道を相変わらず登って行く。まだ谷の底まで陽光は届かなかったが、見上げる周囲の尾根上はもう陽光に照らされていた。天気も回復したようだった。二ノ鳥居辺りから道は幾分傾斜がきつくなっていった。「長坂」と命名された難所のようだ。落葉松の樹が徐々に多くなっていったが、まだこの辺りでは完全には紅葉していなかった。「長坂」を登り切る頃には陽光が谷の底まで届き始めて、暫し朝の優しい光に照らされた紅葉や岩山の景観を楽しんだ。右にこのルートの象徴的な存在である牙山(ぎっぱやま)の岩峰を、左に赤ゾレの頭の岩壁と仰ぎながら「かもしか平」と呼ばれる落葉松の疎林が拡がる平地を抜けると、硫黄の臭いのする谷筋を通過してトーミの頭を頭上に仰ぎ見る火山館へ到達した。

 

 

 

〈ニノ鳥居〉

〈長坂:落葉松の林の中を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈落葉したダケカンバ林、下生えの紅葉が美しい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈紅葉した斜面の先に牙山(ぎっぱやま)のピークが聳える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈朝日が射す蛇堀川源流部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈かもしか平から赤ゾレの頭の岸壁を見上げる〉

 

 

 

9:07〜9:13 火山館

  丸太小屋風の火山館と並んで浅間神社の祠が建っていた。周りは紅葉した落葉松に囲まれており、眼前には牙山の岩峰が屹立していた。火山館のテラスを借りて暫く憩うた。火山館には常駐の方がいてこの山域の情報基地となっていると共に浅間山噴火の時にはシェルターの役割も担っているようであった。暖房も入って居心地の良さそうな小屋であったが、下山時に中は拝見させてもらうこととして先を急ぐこととした。

 

 

 

〈火山館と浅間神社の鳥居〉

〈火山館に隣合う浅間神社〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ナナカマドの実紅く・・・〉

 

 

 

〈火山館前広場の先に牙山が屹立する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈秋深まる山の館〉

 

 

 

 9:23 湯ノ平分岐

  火山館からひと歩きで湯ノ平分岐に出合った。左から車坂峠、トーミの頭方面からのルートが合流していた。「湯ノ平分岐」というより「湯ノ平入口」と言った方が語意が通じる所で、ここから先に「湯ノ平」と呼ばれる外輪山と浅間山の鞍部の高原が拡がっていた。落葉松と樅の混淆林が美しい高原であった。湯ノ平を抜けると眼前に浅間山の赤銅色の大きな山体が現れた。気候条件が厳しいせいかここでは低木となった落葉松を下生の草のように従えた浅間山は仲々に風格が感じられた。登山道はその山体の左手へ大きく回り込んで高みを目指していた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈落葉松に樅が混じる森〉

 

 

 

〈湯ノ平の落葉松の林を抜けて行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈落葉松の低木越しに浅間山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    〈湯ノ平の向こうに外輪山の黒班山が壁のように聳える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈これぞ秋の浅間山!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈山高く、天もまた高い!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈北方の菅平を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈ひたすら瓦礫の斜面を登り行く!〉

 

 

 

10:48〜10:49 浅間山本峰分岐

  浅間山の山体を西面から北面に回り込むように登って行くと突然に通行止めのポールが立っており、登山道は鋭角に右に曲がって火山噴火時のシェルター前を通って右手の火口壁を登って行っていた。浅間山の火山活動がなお活発で真っ直ぐに噴火口まで登ることは禁じられており、登山者はここから右手の火口壁を登り、その頂きの前掛山まで登ることが許されている。浅間山本峰の噴火口まで至近の所まで登ってきているだけに残念ではあるが、ことが人の命に関わることゆえ仕方がない。火口壁を登って尾根筋に出ると、さすがに2,500メートルの高地である。一気に気温が下がって手が悴むくらいであった。

 

 

 

〈浅間山本峰分岐:ここで本峰への道は通行止め〉

〈鞍部あるシェルター〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈浅間山本峰を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈西方遙かに槍ヶ岳・穂高岳の連峰が望めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈鞍部から前掛山を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈前掛山への尾根筋〉

 

 

 

11:13〜11:26 前掛山(2,534m)

  眼前に浅間山の火口丘を見て、時に暴れ出すこの山の途方もない力の強さを想った。火口丘の斜面に一筋の轍の線があり、望遠レンズでその先を観察してみると黄色い防災用の衣類を身に着けた人達が噴火口端で何か作業中の様であった。火口丘を背にすれば、ここは最高級の展望台で、遠く北アルプスから富士山まで、また脚下には黄金色に輝く秋の景観が拡がっていた。暫しそれらの大景観を楽しんだ後は、下山の途に就いた。途中の風の弱いでシェルター近くで昼食を摂り、後は錦秋の景観を楽しみながら登って来た道をなぞって下って行った。

 

 

 

〈前掛山々頂から浅間山を望む〉

〈噴煙を上げる火口〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈浅間山火口丘〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               〈紅葉した剣ヶ峰、その先には佐久平と八ヶ岳の大眺望が拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈紅葉した落葉松林が拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈天狗の露地〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈佐久平の先に八ヶ岳、蓼科山が連なる〉

 

 

 

 

 

〈富士山が雲から頭だけを出していた〉

〈こちらは乗鞍岳だったかな・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

              〈菅平の先には深田百名山の一つ四阿山(あずまやさん)が構える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈霧立つ湯ノ平〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈黄金の景観の中を行く登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈牙山と落葉松林〉

 

 

 

14:21 湯ノ平分岐

  湯ノ平分岐からは蛇堀川の谷間を行く道で、朝方は殆ど陽が射さない陰の中を歩いたが、午後の日射しはこの谷間もよく照らしてくれていて、朝以上に美しい紅葉に彩られた谷間の景観を楽しむことが出来た。各所で溜息が出るほどに素晴らしい景色であった。二ノ鳥居から一ノ鳥居の間は予定通りに不動滝経由の登山道を採った。

 

 

 

〈湯ノ平分岐〉

〈湯ノ平分岐付近からトーミの頭を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈牙山の空〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈火山館でひと休み〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈トーミの頭を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈牙山と紅葉した尾根〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈蛇堀川左岸の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈長い坂道を下り行く〉

 

 

〈牙山の南斜面は紅葉の盛り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈午後の日射しを浴びて輝く西斜面の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈一ノ鳥居に戻ってきた〉

 

 

 

〈二ノ鳥居ノ直下に懸かる不動滝〉

 

 

15:22 浅間山荘

  楓などの紅葉の美しい登山口の浅間山荘に無事下山した。愛車を停めていた駐車場は浅間山荘の地所で、宿泊者以外は有料(500円/日)であった。浅間山荘には嬉しいことに温泉(天狗温泉)が湧いており、下山して直ぐに入浴させて頂いた。鉄分を多くに含む赤茶色の湯で、入り心地のすこぶる良い温泉であった。

 

 

 

〈落葉を敷き詰めたような林道を下る〉

〈登山口の浅間山荘前に下山〉

 

 

 

 

〈天狗温泉浅間山荘〉

〈浅間山荘前の紅葉〉

 

 

〔山行所感〕

  期待通りに黄金色の落葉松の紅葉を満喫出来た山行となった。しかし何よりも浅間山のその大きな山体を見て、その秘める火山エネルギーの強大さを想うとやはり自然の力に畏敬の念を抱いた。訪れる前には火山の殺伐とした景観も頭をよぎったが、稜線部からの大眺望や錦秋の贅沢とも言える彩りのお陰で、あくまでも美しい山といった印象が残った。初めてのこの山の訪問は、実に楽しいものとなった。この山を今回の遠征の締めとして、帰路に就くこととした。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2