今年も錦秋の森を抜けて登る 台所原・恐羅漢山(1,346.4m)

広島県山県郡安芸太田町・島根県益田市

2011年10月31日(月)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                〈台所原のブナの森の紅葉も最終盤〉

 

 

 

週末には天気が優れないサイクルが続いており、案の定、週が明けると広島の街では晴れ間が見えた。

折角の休暇の月曜日、これは紅葉の山へ出掛けねばと台所原、恐羅漢山を歩くこととした。

西中国山地の天気の回復は幾テンポか遅く、昼頃までは曇天であったが、

台所原に入った昼過ぎになってやっと青空が見えるようになった。

ただ、ちょうど盛りの頃かと期待していた台所原の紅葉は、今年は早くも最終盤の頃合を迎えていた。

 

《山行記録》

牛小屋高原10:01・・・・10:36夏焼けのキビレ10:41・・・・10:50夏焼けの丘(1,131.8m)・・・・10:59早手のキビレ・・・・11:11管理林道出合・・・・11:59台所原平(昼食)12:31・・・・12:39台所原・・・・13:45主尾根合流・・・・13:48恐羅漢山(1,346.4m)13:59・・・・14:05立山尾根分岐・・・・14:51牛小屋高原

〔総所要時間:4時間50分、昼食・休憩等:0時間48分、正味所要時間:4時間02分、歩行距離:8.0q、累積標高差:±751m〕

 

10:01 牛小屋高原

  中国自動車道を戸河内ICで降り、戸河内の町を抜けてから内黒峠経由の道(峠道の紅葉は素晴らしかった)で二軒小屋、牛小屋高原へと入った。平日ゆえに駐車場にはマイクロバス1台と普通車1台が停まっているだけであった。身支度を整えて夏焼けのキビレへの登山道を採った。見上げる恐羅漢山の稜線付近の樹々はすっかり葉を落としており、紅葉のピークはどうもこの登山道沿いの標高辺りまで下ってきているようであった。

 

 

 

〈牛小屋高原登山口〉

〈カヤバタゲレンデを見上げる〉

 

 

 

 

〈下生えの黄葉が登山道の路傍を飾る〉

〈楓の紅とミズナラの黄のコラボ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミズナラの林の中を行く〉

 

 

〈深まる秋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈曇天の下ながら艶やかな楓の紅葉〉

 

 

 

10:36〜10:41 夏焼けのキビレ

  夏焼けのキビレにある老ブナの樹にはまだ黄葉がかなり残っていたが、夏焼けの丘と呼ばれる1,131.8メートルピークまで上がってみると、名物のノッポのブナの樹はどれも完全に葉を落としていた。恐羅漢山へと続く主稜上の登山道沿いの樹々も同様でほぼ葉を落としていた。早手のキビレで尾根を外れて右折して台所原への道を採った。管理林道へと下る登山道沿いには辛うじて紅い楓の葉が残っていた。

 

 

 

〈夏焼けのキビレ〉

〈夏焼けのキビレ近くのブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈葉も疎らな尾根道を行く〉

 

 

 

〈完全に落葉した夏焼けの丘のノッポブナ〉

 

 

 

 

〈早手のキビレから台所原への道を採る〉

〈楓の紅に彩られた登山道を下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈晩秋の風情〉

 

 

 

11:11 管理林道出合

  入山してからずっと頭上は厚い雲に覆われて期待していた日射しは山中にはなかった。管理林道沿いや中の甲の谷間などに紅葉が見られたが、陽光が射さないがために鮮やかさはもう一つと言ったところで残念であった。この日管理林道を歩くのは我々が最初のようで、また途中で登山者と行き交うこともなく静かな中を台所原平へと下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈管理林道に出合う〉

 

 

〈台所原平へと続く管理林道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈管理林道沿道の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈中の甲の谷の先に聖山、高岳を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈色付いた深い谷間を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈谷の対面に天杉山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈天杉山の中腹は紅葉の盛りのよう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈完全に紅葉した中川山方面を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈中川山中腹のブナ林〉

 

 

 

11:59〜12:31 台所原平

  無人の台所原平に出てランチタイムとした。その間に晴れ間が現れることを期待していたが、やがて期待通り陽光が照るようになって来た。台所原平の周りは紅葉終盤の多様な彩りに包まれており、陽が射すと一際輝いて美しい景観を呈した。そうこうしている間に、台所原方面から20人余りのグループがやって来て、ここでランチタイムとなった。吉和の温泉リゾートが主催するツアーグループとのことで、静かな世界からちょっと賑やかな世界に急変した。我々は一足早く出発することとして、ブナの紅葉が美しい台所原へと向かった。

 

 

 

〈台所原平に出る〉

〈台所原平を囲む斜面の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈日射しを浴びて一際輝く台所原平の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈台所原平の一角のノッポのブナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              20人余りのグループが集うた台所原平から恐羅漢山を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

〈台所原平を後に台所原へと向かう〉

〈台所原に入ると森は一際色付いていた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈黄葉のピークを過ぎて黄金色を帯びたブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈登山道の頭上を飾る楓の紅葉〉

 

 

 

12:29 台所原

  台所原に入ると森の色合いは一気に増したが、今年の紅葉の進展は一際早いようで、もう最終盤の紅葉が辛うじて老ミズナラが陣取る台所原4丁目の最低部に残るだけであった。色合いも黄葉というより枯葉への過渡期の黄金色といった塩梅であった。この色合いも美しいものであるが、恐羅漢山への道を少しだけ登って行くと、すぐにその色合いもくすんで行った。登山道を登る程に樹々に葉が少なくなっていき、やがて落葉の森へと変わって行った。

 

 

 

〈台所の主の老ミズナラ〉

〈台所原の低地に紅葉が残っていた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈台所原のブナの美林の紅葉も最終盤〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈青空の下で晩秋の輝き〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈黄葉から枯葉へ・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈高度を上げる程に落葉が目立つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈落葉寸前のブナを見上げる!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登り行くと完全に落葉の森に・・・!〉

 

 

 

〈ハグしたブナとトチの老木はもう落葉!〉

 

 

13:48〜13:59 恐羅漢山(1,346.4m)

  恐羅漢山の山頂は、直前まで女性グループで賑やかな風であったが、我々が到達した時には誰もいない静かな世界となっていた。上空にはまだ雲が拡がっていたが、周囲の眺望は良くなっていた。西中国山地の峰々などの眺望を暫し楽しんから、この日は立山尾根ルートを採って下山することとした。尾根を巻く登山道沿いも落葉していたが、スキー場に入るとしっかりとした紅葉をまた目にすることが出来た。

 

 

 

〈恐羅漢山々頂〉

〈高岳、聖山、臥龍山、砥石郷山を遠望する〉

 

 

 

 

〈立山尾根分岐〉

〈立山尾根道の沿道落葉が目立つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈牛小屋谷を遠望しながら恐羅漢スキー場を下る〉

 

 

 

 

 

〈紅葉した砥石郷山と深入山を望む〉

〈紅葉した砥石郷山の東斜面〉

 

 

14:51 牛小屋高原

  5時間弱の山歩きを無事に終えて牛小屋高原の駐車場へと下った。ちょうど、台所原平でお会いした20人余のグループのマイクロバスが出発するところであった。我が愛車のほかにもまだ2台の車が残っていた。山上から見た時には5〜6台の車が停められていた。平日とは言え、訪れる登山者はそこそこいるようだ。

 

 

 

〈リフトの準備も整ったスキー場〉

〈雪のシーズンはもう間もなく〉

 

 

〔山行所感〕

   今年のこの山域の紅葉の進捗は昨年に比べて1週間から10日早いようだ。これだけ大きく違うと面喰らってしまう。とは言え、一昨年には早々に散ってしまった上に早い雪が降ったりもした。要は年々気象が大ききブレているということであろう。やはり、中長期的な異常気象のなせる事象の一端ということなのであろう。こんなに早く季節が移ろうと、次に何をしたら良いのか迷ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2