奥匹見峡から再整備された県境尾根を辿る 高岳(1,054.3m)

島根県益田市匹見町・広島県山県郡北広島町

2011年11月3日(木)  「ランボーとテクテクの山旅」ご夫妻+「気ままな山登り」ご夫妻+「のほほん日和」なおちゃん+仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

              6年振りに再整備された奥匹見〜高岳間の県境尾根を縦走する〉

 

 

 

ネット仲間の「気ままな山登り」さんから奥匹見峡から高岳の県境尾根に行きたいとのお誘いがあった。

荒れていた登山道が6年振りに再整備されたので、ガイドを頼むということのようだった。

幾人かに声を掛けたり、掛けてもらったりしてツキノワグマ対策としても大丈夫な9人の賑やかなメンバーとなった。

2008年9月に笹が被さった登山道に苦戦してから3年振りの県境尾根であったが、

今回は紅葉の季節でもあり、天気も安定しており、楽しい山行が約束されているようであった。

 

《山行記録》

奥匹見峡駐車場9:10・・・・10:11 968mピーク10:17・・・・10:30県境尾根出合(野田の百本松)10:36・・・・10:52 999.1mピーク0:55・・・・11:13(休憩)11:19・・・・11:30広場のあるピーク11:32・・・・11:45深い鞍部に下る前の小ピーク11:49・・・・12:03聖山分岐12:07・・・・12:36高岳(1,054.3m)13:41・・・・14:16ひらきばし・・・・14:22高岳登山口

〔総所要時間:5時間12分、昼食・休憩等:1時間36分、正味所要時間:3時間36分、歩行距離:84q、累積標高差:+862m、−647m〕

 

 

 9:10 奥匹見峡駐車場

  紅葉見物の登山者やカメラマンで賑わう聖湖畔の高岳登山口に下山後の回送用の車を配してから集合場所の奥匹見峡の駐車場へと赴いた。我々9人のほかに、天杉山へピストンするという男性3人組と三の滝見物に向かうと言うご夫妻で駐車場は賑わっていた。駐車場を後にすると、直ぐに県境尾根へと続く支尾根の上に向けて伐採地の中に延びるジグザグの急坂が始まった。暫しの辛抱であったが、この急坂の上部で早速にツキノワグマの糞を見付けた。もうここも、またこれから先もずっと熊の生活圏という訳であった。支尾根に乗ると、直ぐに灌木帯へと入って行った。赤松の樹も多い。概して急坂が続くが樹林が紅葉して見事であった。支尾根最高点は標高968mのピークで、ここへの長い急坂はかなり苦しかった(かつて「煩悶坂」と言う名札が懸かっていた)。それでもピークに達してひと休憩すれば、後は県境尾根出合いまでは稜線上のなだらかな台地を行くだけであった。

 

 

 

〈奥匹見峡駐車場からスタート〉

〈奥匹見峡の奥に懸かる三の滝を遠望する〉

 

 

 

 

〈南方向に春日山を望む〉

〈支尾根に延びる登山道を県境尾根に向け登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈968mピーク付近の多彩な紅葉の中を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈樹間から八幡原、大佐山方面を遠望する〉

 

 

 

 

 

〈赤松の美しい968mピーク〉

〈稜線上の台地を県境尾根へと向かう〉

 

 

10:30〜10:36 県境尾根出合(野田の百本松)

  登山口から1時間20分で県境尾根に出合った。ここで右に道を採れば天杉山から台所原方面、左に採れば高岳である。天杉山方面へ少し行くと赤松の巨木が林立していた。野田の百本松である。我々はここを左に採った。999.1メートルの四等三角点の建つピークまで暫し緩やかスロープが続いた。3年前には徐々に笹が被さってくる道筋であったが、今回はもうここから綺麗に整備された道となっていた。ピーク上からは聖山が間近に眺められた。こんなに近い山であったかと驚く程の距離感であった。これから先には、聖山分岐の一つ手前のピークまで、大したアップダウンもない尾根道が続いていた。標高900メートル台の紅葉が多彩で美しい気持ちの良い散歩道といった風情であった。笹が見事に刈り払われており、かつての荒れた道に比べれば高速道であった。聖山への分岐のあるピークの手前で深い鞍部へと大下りをしたが、そこからの上り返しは下りに比べれば大したこともなく、難なくピーク上に達することが出来た。

 

 

 

〈県境尾根出合〉

〈付近には「野田の百本松」と呼ばれる見事な赤松林が拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈県境尾根上も紅葉の見頃であった〉

 

 

 

〈高低差の少ない県境尾根を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈終始、聖山の大きな山体を望みながら進む〉

 

 

〈再整備されたばかりの登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈若い樹々が健気に色づいていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈紅葉の尾根筋に聖山が安定感を醸す〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈将に今錦秋のとき〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの黄葉も燃えるよう・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈どこまでも歩いて行きたいような道〉

 

 

 

 

 

〈鞍部に下り登り返せば聖山分岐のあるピーク、その先が高岳〉

〈杉林と紅葉のコラボレーション〉

 

 

12:03〜12:07 聖山分岐

  聖山分岐まで来れば、この先は聖山・高岳の周回コースの一部としてメンバーの誰も良く知っているルートであった。この区間も綺麗な紅葉に彩られており、特に中間点の975メートルのピークからは全山紅葉の高岳の西斜面を仰ぐことが出来た。最後のダラダラとした坂道を辛抱して登って行くと、この日の最高点である高岳の山頂であった。

 

 

 

〈聖山分岐〉

〈ピーク上の樹間から聖山を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉に包まれた高岳〉

 

 

 

〈高岳へと続く道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈疲れをふっ飛ばしてくれた艶やかな楓の紅葉〉

 

 

 

12:36〜13:41 高岳(1,054.3m)

  高岳の山頂には幾組もの登山者の姿があった。好眺望の山であり、皆さん眺望の良い東方向を向いてランチタイムを摂っていた。紅葉に彩られた聖湖やその周辺の山々の大眺望が拡がっており、申し分なかった。我々も山頂広場の中央部に陣取ってランチタイムとした。今回もメンバーの皆さん持参の料理や差し入れが加わって、朝からの消費カロリーを遙かに超えるカロリーを取り入れることとなった。「どうも御馳走さまでした。」 久し振りの顔合わせでもあり、1時間余の時間を存分に楽しんだ。

 

 

 

〈登山者で賑わう高岳山頂に到着〉

〈山頂から聖山、恐羅漢山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈高岳から聖湖を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈深入山にフォーカス!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈臥龍山の大きな山体!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     〈紅葉の森越しに北広島町八幡原、大佐山方面を望む〉

 

 

 

 

 

〈高岳から聖湖畔に向け下山開始〉

〈多様な紅葉が登山道を彩る〉

 

 

 

 

〈下り行く程に万華鏡のように紅葉の色合いが変わる〉

〈ミズナラの森を下る〉

 

 

14:22 高岳登山口

  昼食後はもう聖湖畔の高岳登山口まで下山するだけであった。この下山ルート沿いも綺麗な紅葉に彩られており、疲れを感じることもなく一気に下ることが出来た。朝方は我々の車だけであったが、この時間には近くの路傍の膨らみに沢山の車が停められてあった。まだ多くの方々が高岳・聖山ルートを中心にして山上にいる様子であった。我々は二台の車に分乗して、入山した奥匹見峡へと返って行った。

 

 

 

〈農園に出ると登山口はもう直ぐ!〉

〈アケボノソウ(リンドウ科)がまだ残っていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈高岳登山口〉

 

 

 

〔山行所感〕

  今回辿って県境尾根は今年9月に日本山岳会広島支部の皆さんの手で6年振りに再整備された。今度こそ、多くの登山者の方々が通行して安定した登山道になって欲しいと願うものである。春の新緑の頃や秋の紅葉の頃にはどこまでも歩いて行きたいと思うほどの気持の良いルートである。再整備のお陰で、3年前に比べても奥匹見峡と高岳の区間で30分間以上の短縮となった。日の長い季節であれば、恐羅漢山方面から台所原、天杉山を経由して大縦走することも容易であろうと思う。色々な好みや体力に合わせて楽しめるルートとなってくれれば良いのだが・・・!

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2