山深き重厚な森を抜けて 引き明けの森・天上山(972.6m)

広島県山県郡安芸太田町・広島市佐伯区湯来町

2011年11月13日(日)

ランボーさん夫妻+気ままな山登り夫妻+大黒さん+仰天さん夫妻+SNシスターズ+仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                    〈静謐で重厚な「引き明けの森〉も紅葉の盛りまで今少し〉

 

 

 

昨年に続き秋の「引き明けの森」を訪ねることとなった。

昨年行けなかったメンバーの案内を頼まれ、幾人かに声を掛けてみると総勢13名の賑やかな山行となった。

ただ今年の紅葉の進み具合は不可解で、もとより情報の少ない山域であるのでまるで賭けのような具合であった。

筒賀の龍頭峡からのアプローチの登山道の樹々は早々に葉が落ちてしまっていたが、

「引き明けの森」に入ってみると、何とそこの樹々だけは紅葉の盛りまではまだ一歩も二歩も必要といったところ!

それでも、この奥深い重厚な森の新鮮で清新な紅葉を存分に楽しむことが出来た。

やはり、この森は凄いところだ!

 

昨年秋の「引き明けの森・天上山」

2007年秋の「引き明けの森・天上山」

《山行記録》

龍頭峡駐車場8:55・・・・9:03龍頭橋9:07・・・・9:34第一堰堤9:39・・・・9:44第二堰堤・・・・9:55「引き明けの森」標柱10:00・・・・10:08栃の古木10:13・・・・10:14分岐(左折)・・・・10:36登山道合流点・・・・10:43「悠久の森入口」(天上山林道)10:48・・・・11:15天上山(972.6m)12:05・・・・12:26「悠久の森入口」(天上山林道)12:29・・・・12:34分岐・・・・12:47合流点・・・・12:48栃の古木・・・・12:54「引き明けの森」標柱・・・・13:03第二3堰堤・・・・13:10第一堰堤13:13・・・・13:40龍頭橋13:47・・・・13:49なめら滝・・・・13:53二段の滝・・・・13:57奥の滝14:06・・・・14:15龍頭橋・・・・14:25龍頭峡駐車場

〔総所要時間:5時間30分、昼食・休憩等:1時間36分、正味所要時間:3時間54分、歩行距離:9.0q、累積標高差:±1,133m

 

 8:55 龍頭峡駐車場

  戸河内ICで中国道を降りて国道186号線を吉和方面へ。3キロメートル弱行った「龍頭峡入口」交差点を左折して龍頭峡へと入って行った。水汲場の前を素通りして、奥の休憩舎下の駐車場に車を停めた。メンバーが揃って午前9時前に出発。昨年は滝見をしてから二段の滝下からの登山道を採ったが、これが難路で不評であったので、今年は龍頭橋を渡ったところにある正面登山口から登ることとした。この道も三谷川を渡渉すると直ぐに急坂が始まる。三谷川の深い谷を形成する断崖の中程までの胸突きの急坂を登り切ると、断崖の途中に付けられた危うい巻き道を辿って行く道となった。朽ちた丸太の橋などもあって度肝を抜かれることもある道である。巻き道が終わると、三谷川に懸かる二段の滝の上のレベルとなった渓流を遡っていくこととなった。二つの堰堤の下を渡りながら遡って行き、渓流の最奥部の急傾斜面に懸かる階段道を登り切ると「引き明けの森」が待っていた。

 

 

 

〈三谷川に沿った龍頭峡内の車道を登山口へ向かう〉

〈渓谷の奥まったところに架かる龍頭橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍頭橋を渡った登山口に「引き明けの森」の説明板があった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道は最初から厳しい急坂だ・・・!〉

 

 

〈急坂の後長い断崖上の巻き道が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈途中に二つの堰堤が設けられている〉

 

 

 

〈断崖を巻き終わると渓流に沿った道となる〉

 

 

 

 9:55〜10:00 「引き明けの森」標柱

  「大谷引明天上山自然林・引き明けの森」と刻された標柱が立つ辺りから杉やモミの大木の繁る森が始まった。先ずは針葉樹の森であるが、巨木や老木が密集するその在り様は人の心を圧倒すると共にその心を癒すものがあった。10分足らずで針葉樹の森を抜け、この森の主とも言うべき栃の古木に出逢った。殆ど葉を落としていたが風格のある樹であった。その老樹の先で、登山道は二つに分かれていた。ここは左に採って、広い森を周回しながら登って行くこととした。ここからはブナや栃、ミズナラ、楓といった広葉樹が中心となり、紅葉が美しい山域となるのであるが、今年は様子がちょっと違っており、まだ色付き始めたばかりという風情であった。それでも、高みへ上がって行くと事情は変わるかも知れないと期待して登って行くと、登る程に樹々の色合いは濃くなって行くようであった。昨年の見事な紅葉を見たメンバーは満足出来ないようであったが、やがて稜線部近くになってブナや楓の黄葉や紅葉も現れるようになって来ると、メンバーからも歓声が聞こえて来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈杉や樅の美林の中を行く〉

 

 

 

〈登り始めて1時間で「引き明けの森」だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈深い森の佇まいに心も締まる想いだ!〉

 

 

〈森の主の栃の古木!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

           〈「引き明けの森」の下部の樹々はまだ色付き始めたばかりのよう・・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             〈森の中の周回路を登って行くとブナや楓の黄葉は多くなっていった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈頭上を覆う楓の錦の天井!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈今は清新な紅葉がい美しい!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈今、紅葉は現在進行形!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 〈この深い森もあと1週間ほどで紅葉の盛りとなろうか・・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈黄葉はこの森のメインの色である〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈頭上の遙か高みが眩しいくらいであった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈モミの巨木の森を明るく彩る錦色の楓〉

 

 

 

10:43〜10:48 「悠久の森」入口(天上山林道)

  棚田のある井仁から延びてきている林道に出合うと「引き明けの森」は終りである。林道を渡ったところに入口のある天上山への登山道に入ると、杉の造林の中の急坂を登ること30分程で天上山の山頂に辿りつくことが出来る。この日もその道を辿った。単調な道であったが、「引き明けの森」で清新な紅葉に出逢って高揚した気持ちを落ち着けかのような歩みでもあった。

 

 

 

〈林道に面して「悠久の森」の碑が建つ〉

〈林道から天上山まで1q、30分程の時間で登れる〉

 

 

 

 

〈杉林の樹林の中もウリハダカエデの落葉が彩る〉

〈尾根筋に上がると紅葉はもう最終盤!〉

 

 

11:15〜12:05 天上山(972.6m)

  この日も綺麗に晴れ上がった日とはいかなかったようであった。眺望の殆どない天上山々頂で唯一望める市間山から内黒山にかけての山並みは、靄のような霧の中に殆ど隠れていた。狭い山頂広場には我々だけであったので、そこを占有するように広がってランチタイムとした。途中でランを捜して湯来方面から単独行の男性が上がって来られたが、直ぐに去られてまた我々だけの世界となった。例年の如く、「引き明けの森」の紅葉が美しくなっても、龍頭峡方面からこの山域に入山して来る登山者は殆どいないようであった。50分程の昼食の後、登って来た道を辿って下山することとした。

 

 

 

〈二等三角点のある天上の山頂〉

〈狭い山頂広場を占有してランチタイム〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ残っていたマムシグサの紅い実〉

 

 

 

〈杉林を抜けて下山の途に・・・〉

 

 

12:26〜12:29  「悠久の森」入口(天上山林道)

  天上山林道まで下り、直ぐに「引き明けの森」へと入った。下山時には稜線部から森の護り神の栃の古木の近くまで直接下る支尾根を辿ることとしていた。近道であるが、この道があって「引き明けの森」を周回することが出来るわけである。急傾斜地を下るが、その沿道の紅葉もまた見事である。この日も、やや早いものの、その分新鮮な紅葉群を数多楽しむことが出来た。

 

 

 

〈天上山林道を横断して再び「引き明けの森」へ〉

〈上の入口にも「引き明けの森」の標柱が建つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈森の色合いは徐々に濃くなって行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈麗しの森を抜けて行く・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈分厚く深い森が広がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈森の中の急斜面の巻き道を下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈深く美しい森に時折歓声を上げながら行く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈見るからに健康な森である!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈秋の日射しに目が覚める程に明るい森であった〉

 

 

 

12:54 「引き明けの森」標柱

  「引き明けの森」を出ると、登山道は俄かに険しい様相を呈してきた。険しい断丘をアルミの階段道で下り、滑り易い沢を2つの堰堤を越えて下り、断崖の上の危弱な巻き道に長々と歩いてから、最後に龍頭橋の上の垂直に近い尾根筋を一気に下った。この難路があるが故に「打ち明けの森」が遠い存在になっているのかと思う。龍頭橋詰の登山口に立派な「打ち明けの森」の説明板の設けられたこともあり、出来るだけ多くの人に訪ねてもらいたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈滑り易い渓流沿いの道を行く〉

 

 

 

〈「引き明けの森」もここまで〉

 

 

 

 

〈秋深し、ムラサキシキブも実だけが残る!〉

〈険しい道を下り行く〉

 

 

13:40〜13:47 龍頭橋

  龍頭橋詰まで下山して、駐車場に帰る前に滝見物に行くこととした。二段の滝、奥の滝ともの龍頭橋からそんなに遠くない。昨年は渇水で殆ど水の落ちていなかったこれらの滝であったが、今年は週末毎の雨もあって水量はそれなりあった。やはり滝は水がないと様にならないものだ。山には我々のほかに登山者の姿はなかったが、この滝への道には次から次に滝見の人達の姿があった。

 

 

 

〈三谷川を渡れば龍頭橋詰の登山口だ〉

〈三谷川を遡って滝見物・・・、先ずは「なめら滝」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈奥の滝〉

 

 

 

〈二段の滝〉

 

 

 

 

〈奥の滝の滝口を見上げる〉

〈奥の滝の滝壺〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三谷川沿いの遊歩道を下り行く〉

 

 

14:25 龍頭峡駐車場

  13名全員が無事に下山出来た。下山後に、近くにある大歳神社の大イチョウに案内した。大々的な落葉までもう少しといったところであったが、それはそれで見事な色付きであった。樹齢1,100年、樹高48メートル、胴囲7・8メートルの大樹に驚くと共にご満足頂けたようであった。

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈龍頭峡の黄葉の紅葉〉

 

 

 

◆◇◆◇◆筒賀の大イチョウ(筒賀大歳神社)◇◆◇◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹齢1,100年、樹高48メートルの老樹である〉

 

 

 

〈下山後に「筒賀之大イチョウ」を訪ねた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今盛りを迎えようとしていた〉

 

 

〈筒賀大歳神社の境内に立つ〉

 

 

〔山行所感〕

  今年も「引き明けの森」を訪ねることが出来た。今年は紅葉の盛りには一足早過ぎたようであったが、それはそれで新鮮な色変わりの様子を存分に楽しむことが出来て楽しいものがあった。一緒に訪ねた初陣のメンバーも、きっとこの森のファンや応援団になってくれると思う。あまり人に知られることもなく、こんなに素晴らしい森がこの地にあるのは、やはり不思議な気がするものだ。やはり、ずっと大事にしていきたい森である。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2