紅葉の安芸宮島を訪ねる 弥山(535m)・駒ヶ林(509m)・焼山

広島県廿日市市宮島町

2011年11月28日(月)     チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈紅葉谷公園の紅葉〉

 

 

 

やはり宮島の紅葉にお目に掛からないと紅葉の見納めという気分にならないと、

薄暗いほどに曇よりとした天気の朝であったが宮島に渡った。
暖かい秋ゆえに里の紅葉の進み具合は不順で、各種の紅葉便りも正鵠を得ず、

宮島のそれは何時になったら見頃となるのか全く暗中模索と言った感じであった。

それでも許された時間の中ではもう潮時であろうと考えて、悪天は覚悟の上で出掛けた次第。

例年通りに麓での紅葉狩りと山登りの両方をこなすのは、些か忙しいことではあった。

 

《山行記録》

宮島桟橋9:42・・・・9:45要害山9:50・・・・10:00塔の岡(五重塔)10:03・・・・10:05厳島神社入口10:08・・・・10:16大聖院10:39・・・(もみじ歩道)・・・10:51藤の棚公園(山村茶屋)・・・・10:53紅葉谷公園11:12・・・・11:13四宮コース登山口・・・・12:05夕日観音12:06・・・・12:34弥山(535m)(昼食)13:15・・・・13:22弥山本堂13:27・・・・13:31御山神社13:33・・・・13:41仁王門跡13:43・・・・13:49駒ヶ林分岐・・・・13:54駒ヶ林(509m)13:57・・・・14:05大元乗越14:07・・・・14:12焼山14:18・・・・14:23大元乗越・・・・14:27岩屋大師14:30・・・・14:59巨大石・・・・15:17大元橋・・・・15:19大元公園15:35・・・・15:38宮島水族館・・・・15:46大願寺・・・・15:52御笠浜・・・・16:04宮島桟橋

〔総所要時間:6時間22分、昼食・休憩等:2時間13分、正味所要時間:4時間09分、歩行距離:104q、累積標高差:±947m

 

 9:42 宮島桟橋

紅葉シーズンとは言え平日ゆえに宮島連絡船の混雑はなく、ほどほどの乗客数でゆったりとした船内であった。先ずは全般的な紅葉具合を観察しようと桟橋の背後の要害山に上がってみた。五重塔から大聖院にかけて期待が持てそうであった。今伊勢神社の急な石段を下りて町家通りへ。平日の朝方ゆえか狭い通りに停車している仕事中の車が多かった。町家通りから塔之岡に上り紅葉に彩られた五重塔を眺めた。幸せな時間である。千畳敷の縁側の下を抜けて海に浮かんだ厳島神社入口前に下りた。大勢の観光客に交じって神社の裏手を回り込んでから、紅葉谷川に架かる橋を渡って大聖院参道へと入った。素朴なもみじ饅頭を焼く岩村もみじ屋が朝から賑わっていた。参道を進むと、大聖院に近付くほどに紅葉の彩りが増してくるようであった。

 

 

 

〈曇天下、霞んだ宮島へ渡る〉

〈海に浮かぶ厳島神社〉

 

 

 

 

〈宮島桟橋からスタート〉

〈要害山から五重塔、大聖院を遠望する〉

 

 

 

 

〈塔之岡に建つ五重塔〉

〈紅葉に彩られた五重塔〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社入口〉

 

 

〈大聖院参道〉

 

 

10:16〜10:39 大聖院

  大聖院の仁王門からは本坊へと続く石段を飾る紅葉が洩れ見えていた。前日まで「大聖院もみじ祭」が催されていたという。大聖院も宮島の紅葉の名所のひとつである。波切不動明王が安置された勅願堂の裏手斜面の摩尼堂と大師堂の間にもみじの樹の集積があり、今紅葉のビークを過ぎようかというところで、あたりは紅に橙に黄に輝いていた。その色付いた樹々の下を多くの参拝客や観光客が行き来していた。大聖院でたっぶりと紅葉を楽しんだ後、宮島の街や厳島神社を見下ろす「もみじ歩道」を通って紅葉谷公園へと向かった。文字通りに黄色を主体とした紅葉に彩られたプロムナードとなっていたが、名木が集中する平松茶屋の周りはもうかなり葉を落としていた。

 

 

 

〈大聖院仁王門〉

〈仁王門から本坊への石段〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈摩尼殿〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈観音像〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈天狗像〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大僧正裕信大和尚像〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈遍照窟前〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈紅葉した斜面に摩尼殿が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈大師堂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(阿弥陀堂前)

 

 

 

 

 

〈大聖院を後に・・・・〉

〈もみじ歩道入口辺り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈もみじ歩道を行く〉

〈平松茶屋の下辺り〉

 

 

10:53〜11:12 紅葉谷公園

山村茶屋のある藤の棚公園から一段下って紅葉谷公園の四宮神社入口の広場に出た。広場を囲む紅葉がちょうど見頃を迎えていた。そこからもみじ茶屋へと続く遊歩道周辺の樹々は昨年までの数年間は枯れ果てたような姿であったが、今年は見事に葉をつけそれが紅葉していた。もみじ茶屋の周りの紅葉群もまた見頃であった。この辺りは色合いが多彩で言わば紅葉谷公園のセンターボジションをなす所である。今年の紅葉谷公園の紅葉はかなり良いレベルかも知れない。更に公園の奥に入ってロープウェイ駅下から引き返して来た。

 

 

 

〈四宮神社〉

〈四宮神社前の広場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈モミジ茶屋へ続く遊歩道〉

 

 

〈もみじ茶屋の池畔〉

 

 

 

 

〈もみじ茶屋〉

〈もみじ茶屋の桟敷〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈もみじ茶屋の切妻〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(もみじ茶屋前)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈紅葉谷橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈紅葉谷橋の上手〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(四宮コース登山口はもみじ茶屋の直ぐ上)

 

 

 

11:13 四宮コース登山口

紅葉茶屋のすぐ上の樅の大木が林立する所が四宮コースの取り付き(登山口)である。正規の登山道ではないので踏み跡を辿ることとなる。登山口から暫しは尾根上に乗るまで急坂が続いた。数分で尾根に乗ると後は概して緩やかに羊歯を分けて登る道となった。気が付くと踏み跡は随分と掘られた状態になっており、最近ではかなり利用されているようであった。小一時間でこのコース中での唯一のメルクマールである夕日観音に出合った。そこからは斜度が一段と増して行く中を山頂へと急いだ。

 

 

 

〈四宮コース登山口〉

〈弥山への尾根筋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈羊歯の中に登山道が続く〉

 

 

 

〈尾根筋から大鳥居を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夕日観音〉

 

 

 

〈今やよく踏まれた道筋〉

 

 

 

 

〈博奕尾を望む〉

〈獅子岩を望む〉

 

 

12:34〜13:15 弥山(535m)

久し振りの弥山山頂であった。展望台の補修に国の予算がついたとの情報があったが、まだそんなに大きく変わったという感じはなかった。山頂部の大岩の陰にある岩棚で昼食を摂った。食事を終えてから下山にかかり、弥山本堂へと下って行った。弥山本堂の周りのもみじもちょうど色付いているところであった。本堂裏の紅いもみじが特に美しかった。弥山本堂からは厳島神社奥の院の御山神社に参拝したあと駒ヶ林へと向かった。

 

 

 

〈弥山山頂の展望台と三角点〉

〈山頂広場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

(展望台からの能美島、江田島方面の眺望)

 

 

 

 

 

〈焼山()と駒ヶ林()

〈502mピークから岩船岳が覗く〉

 

 

 

 

〈不消霊火堂越しに弥山本堂を俯瞰する〉

〈黄葉の紅葉に彩られた弥山本堂〉

 

 

 

 

〈御山神社への分岐〉

〈3人の女神を祀る御山神社〉

 

 

 

 

〈御山神社の鳥居〉

〈仁王門跡〉

 

 

13:54〜13:57 駒ヶ林(509m)

遠目には駒ヶ林の岩盤の上は無人のように見えたが、辿り着いてみると3人組の先客の姿があり、また我々を追うように若者のグループが登って来たので、忽ち賑やかな山頂となった。相変わらず曇天下で海は霞んでおり山頂からの眺望は優れなかった。我々は先を急ぐこととして、焼山方面へのショートカットとなる踏み跡を辿って行った。

 

 

 

〈駒ヶ林から弥山を望む〉

〈502mピークと岩船岳〉

 

 

 

 

〈駒ヶ林から前峠山越しに大野瀬戸そ俯瞰する〉

〈駒ヶ林から大元乗越への踏み跡〉

 

 

14:12〜14:18 焼山

ショートカットルートで駒ヶ林から大元公園コースに出て、そこからすぐに反対側の焼山のピークへと上がった。頂上直下の岩棚から駒ヶ林直下の大岩壁を眺めた。いつもながらに迫力のある眺望であった。焼山からは岩船岳の眺望も優れている。また、山頂の北側に回り込むと大鳥居や宮島の街を絶妙のアングルで俯瞰することが出来る。この北に回り込む道が山頂の岩の間を抜けて拓かれていた。山頂を後にして大元公園コース登山道に戻った。道はそこから急な下りに入ることから、その地点を個人的には「大元乗越」と呼んでいる。乗越のすぐ下にある岩屋大師の岩窟に参拝してから、長い石段道である大元公園への道を下って行った。

 

 

 

〈焼山から望む駒ヶ林の大岩壁〉

〈焼山から宮島の街を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈焼山山頂から望む岩船岳〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩屋大師の岩窟〉

 

 

 

〈焼山への取り付き口〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈駒ヶ林の大岩壁を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈原生林に岩海が広がる〉

 

 

 

〈石段が続く大元公園コース登山道〉

 

 

 

 

〈大元橋〉

〈大元橋付近の紅葉〉

 

 

15:19〜15:35 大元公園

今回大元公園コースを採ったのは、大元公園の紅葉を見たかったがためであった。ここの紅葉の魅力は、樅の樹とのコラボレーションが見られることである。紅葉する時期も大聖院や紅葉谷公園よりやや遅く、ベストの紅葉を他と一緒に見るのは案外に難しいものである。この日はそれに近い紅葉群をみることが出来たように思う。樅の林を燃やすように色付いている紅葉は殊のほか美しい。大元神社に参拝してから桟橋への道を採った。すぐに今夏リニューアルオーブンした宮島水族館の前を通った。厳島神社前の海面は潮が押し寄せて来ていたが、登山靴ではまだ通ることが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈樅の疎林を彩る紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈頭上を覆う大元公園の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈鮮やかな黄葉の下を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈樅ともみじの紅葉のコラボレーション〉

 

 

 

 

 

〈大元神社〉

〈リニューアルされた宮島水族館〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈民家を覆う紅葉〉

 

 

〈大願寺の銀杏はまだ緑色!何故??〉

 

 

16:04 宮島桟橋

例年は夜の帳が降りる頃に宮島桟橋を離れるのであるが、今回は朝の出発が早かったこともあって明るいうちに帰路に就くことが出来た。一日中晴れることのない天気であったが、雨の心配もなく、時折薄日も射してくれ何とか満足出来る山行としてくれた。船上から歩いてきた山の稜線部を眺めながら大野瀬戸を渡った。

 

 

 

〈厳島神社の回廊〉

〈大鳥居〉

 

 

 

 

〈宮島桟橋前〉

〈宮島桟橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈船上から駒ヶ林、焼山を仰ぎ見る〉

 

 

〔山行所感〕

10月上旬の四国・石鎚山から始まった今年の紅葉行脚も思惑通りに安芸宮島で終止符を打つことが出来た。天候異変で紅葉を巡る環境にも難しいものを感じたが、美しい紅葉に出合えるとやはり高揚感を感じることが出来た。やはり秋の山は紅葉抜きでは考えられない。 さて、これからはまた冬の山旅へと進路を変えることとなる。また良き旅路を描けることを念じるものである。

 

 

 

 

 

 

 

(この日の軌跡)

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2