春4月まだ潤沢な雪の中を登る 伯耆大山(1,709.4m)

鳥取県西伯郡大山町

2012年4月8日(日)    門久単独

 

 

 

 

 

 

                              〈大山南壁と滑落者を捜索中の救助ヘリ〉

 

 

 

雪の大山へ2月頃から一度足を運びたいと思い続けていたが、

週末の度に天気儘ならず、4月まで延び延びとなってしまった。

そしてこの日、日本列島が移動性高気圧に覆われて大山方面も好天との予報となって、

やっと出掛ける事が出来た。

出掛けてみると、思い描いた通りの展開にはならず、

諸々の思いもしない出来事に遭遇することとなった。

さて、その顛末は・・・・!

 

《山行記録》

大山寺第4駐車場9:21・・・・9:31僧兵コース登山口・・・・9:37入山届9:41・・・・10:10アイゼン装着10:17・・・・10:54五合目10:57・・・・11:19六合目避難小屋・・・・11:50草鳴社ケルン・・・・12:03八合目・・・・12:28山頂小屋・・・・12:30弥山山頂12:36・・・・12:38弥山三角点(1,709.4m)12:41・・・・12:43弥山山頂12:47・・・・12:49山頂小屋12:59・・・・13:20草鳴社ケルン・・・・13:40六合目避難小屋13:44・・・・14:33大堰堤15:08・・・・15:35大神山神社15:39・・・・15:57大山寺・・・・16:07大山寺第4駐車場

〔総所要時間:6時間46分、昼食・休憩等:1時間20分、正味所時間:5時間26分、歩行距離:8.6q、累積標高差:±1,051m〕

 

 9:21 大山寺第4駐車場

  早朝5時半に広島を発って一般道を走って大山寺の街に午前9時頃に到着した。南光河原駐車場は満車、下山キャンプ場駐車場はまだ雪に埋もれていたので、第4駐車場へ車を停めた。溝口から大山を見上げて驚いたことには、快晴下の筈と思っていた山が傘雲に覆われており、大山寺の街から見上げても山頂辺りは大変な荒れ模様のようであった。途中で登頂を断念することも念頭に置いて、僧兵コースの登山口から入山した。登山口からもう十分な雪の量であった。1合目を過ぎたところで出合った下山してきた男性2人組に山上の様子をお聞きすると、強風で登頂を諦めて下山してきたとのことえあった。その直ぐ先でやはり下山してきた女性2人組にお聞きすると、昨日は地吹雪とホワイトアウトで断念し今日を期したものの登頂成就ならずであたとのこと。これは、厳しいこととなってきたと思いつつ、三合目直下でアイゼンを装着して兎に角行けるところまで行ってみようと急坂となった登山道を登り続けた。

 

 

 

〈朝の大山は傘雲を被っていた〉

〈大山寺から見上げる山頂は荒れ気味の天気〉

 

 

 

 

〈南光河原駐車場は満杯〉

〈僧兵コース登山口から入山〉

 

 

 

 

〈阿弥陀銅〉

〈夏山登山道は最初から潤沢な雪〉

 

 

 

 

〈二合目〉

〈三合目直下でアイゼンを装着して急坂を登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈四合目辺りのブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈樹間に三鈷峰、甲ヶ山が見えてきた〉

 

 

 

 

 

〈五合目:山の神は雪の下であった〉

〈五合目の上辺りから剣ヶ峰を仰ぐ〉

 

 

 

 

〈これから登る尾根筋を仰ぎ見る〉

〈尾根筋に空いていた穴、大人の背丈の倍ほどの深さ〉

 

 

11:10 六合目避難小屋

  天気予報でも「南西の風がやや強い」とのことであったので、山上の強風はある程度計算には入れていたが、傘雲までは想定していなかった。六合目直下で樹林帯を抜け出すと、やはり風が強くなってきた。六合目の避難小屋はまだ完全に雪に埋まっており、とても4月の光景はと思えなかった。兎に角この冬の大山は3メートルを超える積雪を記録しただけに、残雪もまた記録的な量のようであった。六合目から細尾根を登るに従って風はいよいよ強くなって行った。下山して来られ人達は、フードを被って臨戦態勢を採っておられた。風に耐えて立ち止まる時には、ピッケルが強い味方であった。朝の間にあった傘雲は晴れて山の眺望は抜群となって来ていたが、強風と戦いながらの山頂をめざしての我慢の山行となった。

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈六合目付近から大山北壁を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈元谷を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

〈雪に埋まった六合目避難小屋の屋根上で憩う登山者〉

〈六合目から山頂方向を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈別山(手前)とその先に最高峰・剣ヶ峰を望む〉

 

 

 

 

 

〈潤沢な雪に尾根筋も広く感じられる〉

〈草鳴社ケルン〉

 

 

 

 

〈登って来た尾根筋を振り返る〉

〈八合目〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈八合目を過ぎると頂上台地は近い〉

 

 

 

 

 

〈ダイセンキャラボクの埋まった頂上台地を行く〉

〈山頂辺りにヘリコプターが飛んで何事かがあった模様〉

 

 

 

 

〈雪に埋もれた頂上小屋〉

〈弥山々頂直下の登山者と上空を飛ぶヘリ〉

 

 

12:28〜12:59 弥山(1,709.4m)

  弥山の山頂に山頂標識は雪の中に頭を出していたというより、登山者に掘り出されていた。頂上小屋もまだ雪に中で、最上部の窓から何とか出入り出来る状態であった。強風下の山頂であったので三角点ピークだけは踏んで早々に下山しようと思っていたが、山頂に着く前から、山頂稜線部にヘリコプターが飛んでおり、只ならぬ雰囲気となっていた。ヘリコプターは大山南壁側でホバリングしながら何か捜索している様子であった。近くで携帯電話をしていた男性に聞いてみると、滑落者目撃の通報が警察にあって捜索を開始したが、滑落場所が分らず捜している最中とのことであった。ヘリコプターは幾度も山頂付近で旋回しながら、南壁を中心に捜索を続けていた。大変なことになったものであった。強風に滑落騒動とゆっくりと食事をする環境ではなかったので頂上小屋の陰で風を避けておむすび一個だけを口にしてから早々に下山することにした。八合目辺りを下山中に携帯電話が鳴るので出てみると県警からの電話で、安否確認と滑落の目撃情報の有無の照会があった。入山届に携帯電話番号を書いておいたので照会があったのであった。

 

 

 

〈弥山々頂標識〉

〈頂上小屋は最上部窓から出入りが可能であった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈弥山から三角点ピーク、剣ヶ峰を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈三角点ピークから大山主尾根、槍尾根を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈三角点ピークから山頂台地の稜線を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈剣ヶ峰、天狗ヶ峰、槍尾根を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈滑落者を捜索するヘリコプター〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈天狗ヶ峰直下の沢辺りを捜索中〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈ドアを開けて目視で滑落者を捜索中〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈救助ヘリをアップで〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈南壁一帯を捜索しているようであった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈烏ヶ山をバックに捜索中のヘリコプター〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈半日間、この捜索は続いた〉

 

 

 

 

 

〈下山開始!〉

〈六合目までは登って来た夏山登山道を下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈午後の日射しを浴びた大山北壁と三鈷峰〉

 

 

〈下って来た尾根筋を見上げる〉

 

 

13:40〜13:44 六合目避難小屋

  六合目辺りまで下って来ると、強風の圏外となった。風がなければ快適な環境であった。気持ちを取り直して予定通りに行者谷を直接元谷まで下ることとした。見下ろす急な傾斜面には、雪庇が幾度も落下した為であろうか、一面ちょっとしたデブリに覆われていて、快活に下って行ける様子ではなかった。また、この日ここを下るのは極めて少数派であるようで新しいトレースもあまり見られなかった。山上では滑落騒動もあるので、ここは慎重に下ることを専一にして下って行った。下りながら見上げる北壁がこの日は一際見事であった。元谷まで下って行くと、二人組の警察官が待機しており、ここでも滑落者の目撃情報などの職務質問を受けた。

 

 

 

〈六合目避難小屋から行者谷を見下ろす〉

〈デブリの多い行者谷を一気に下り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈行者谷から別山を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈下ってきた行者谷を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈大屏風岩などの雪融けした岩場がどす黒い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈元谷に下って北壁を見上げる〉

 

 

 

14:33〜15:08 大堰堤(元谷)

  元谷の大堰堤で、山頂で満足に摂れなかったランチのやり直しを行った。北壁の大眺望の中でゆっくりするのは贅沢な時間でもあった。ただ上空を時折捜索のヘリコプターが飛ぶことは大いに気になった。大休憩後にはいつもながらの管理道路経由の冬道で大神山神社を経由して大山寺の街へと下って行った。大神山神社の参道はいつもながらに除雪されてはいたが、両側に大人の背丈ほどの雪がまだ残っていた。

 

 

 

〈大堰堤で暫し遅いランチ&ティータイム〉

〈山上ではまだ滑落者の捜索が続いていた!〉

 

 

 

 

〈管理道路上の踏み跡を辿る〉

〈老杉の根元の根開き〉

 

 

 

 

〈大神山神社〉

〈大人の背丈を越える雪の参道〉

 

 

16:07 大山寺第4駐車場

  朝は荒れ気味の大山であったが、下山して駐車場から見上げてみると見事に晴れ上がった空の下に雪の尾根が延びていた。午後4時を回った遅い時間で、朝方には沢山の車が停められていた駐車場であったが、もう一目で数えられるほどの車が残っているだけであった。日曜日の登山者の下山時間はやはり早めであるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大山寺第四駐車場か晴れ上がった北壁を仰ぐ〉

 

 

 

〈三鈷峰を仰ぐ大山寺参道〉

 

 

 

 

〈溝口から仰ぐ夕刻の大山西面〉

〈江府町から大山南壁を遠望する〉

 

 

〔山行所感〕

  この日の滑落騒動というのは、テレビ報道や地元の新聞情報から推察するに、登山者から午前11時頃に天狗ヶ峰近くで単独者が滑落したのを目撃したとの110番通報があって、ヘリコプターを含めて県警が動いたようであった。結局は翌日まで捜索が行われたものの、手掛かりがなく、「遭難の可能性は低い」と判断されて収まったようである。何ともよく分らない結末である。とは言え、山では何が起こるか分らない。やはりこうした事例も他山の石として、今後も慎重を期した山行を心掛けたいと思うものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2