秘密のヤマシャクを大公開した 十種ヶ峰(988.8m)

山口県山口市東徳佐下・島根県鹿足郡津和野町

2012年5月7日(月)      チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                          〈盛りは過ぎたもののまだ美しいヤマシャクヤク〉

 

 

 

様々な花々が一斉に咲いた今年の春である。

各地の天気を見ながら見頃の花咲く行き先を決める、こんな贅沢とも思える春とも言える。

この日は、カタクリの花咲く高峰は雲の中で諦めて、

距離は格段に遠くなったが、秘密のヤマシャクヤクの花園が拡がる名峰を訪ねることとした。

だが、そこで見たものは、昨年までは登山口の集落のどこにも「ヤマシャクヤク」の微塵もなかったのに、

今年はヤマシャクヤク登山道の入口に立派な「鑑賞登山案内図」がドンと立てられてあった。

これまでヤマシャクヤクを護ってこられた地域の人々は、その花園を広く公開する道を選ばれたようであった。

 

《山行記録》

神角八幡宮9:25・・・・9:27神角の枝垂れ桜・・・・9:31生木地蔵・・・・9:55林道終点・・・・10:15ヤマシャクヤク自生地始点・・・・11:11南尾根出合・・・・11:33十種ヶ峰(988.8)11:39・・・・11:41熊野神社(権現社)・・・・11:50三差路・・・・11:57権現社鳥居11:58・・・・12:19林道横断・・・・12:47丸太橋(渡渉)・・・・12:52猪柵・・・・12:58十種ヶ峰登山口・・・・13:05神角八幡宮 

〔総所要時間:3時間40分、休憩等:0時間07分、正味所要時間:3時間33分、歩行距離:5.9q、累積標高差:±703m〕

 

 9:25 神角(こうづの)八幡宮

   十種ヶ峰への登山口は幾つかあるが、ヤマシャクヤクの花園へは南麓の神角(こうづの)から谷間へと入って行く。神角には別に西尾根を登って行く十種ヶ峰登山口があるが、それよりもちょっと下手の八幡神社入口から入って行く道がヤマシャクヤク登山道への入口である。この日は、神角八幡神社に車を停めさせてもらい、そこから出発することとなった。神社の右手を巻く車道から山へ向かった。神社の裏手に回り込むと、有名な「神角の枝垂れ桜」が葉桜となって道路を覆うように立っていた。その直ぐ奥に生木地蔵があり、その脇に猪避けの柵をあった。柵を通してもらって暫し林道を辿って山中へと入って行った。鬱蒼とした檜林を抜けて行くと、八幡神社から30分程で林道の終点へと到達した。

 

 

 

 

 

 

 

           〈八幡神社入口に新たに立てられた案内図〉(クリックすれば拡大します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈神角のしだれ桜〉

 

 

 

〈神角八幡神社〉

 

 

 

 

〈生木地蔵〉

〈今年からヤマシャクヤク登山道は一方通行〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈檜林を抜けて〉

 

 

 

〈ラショウモンカズラ〉

 

 

 9:55 林道終点

  林道終点から山道となった。概して谷間の雨が降れば渓流となる険しい沢筋を登って行った。その沢の両岸にはラショウモンカズラやニョイスミレ、その他の白い花々などが咲いて飽きることはなかった。林道終点から20分ほどのところにちょっとした踊り場的な平地があって、そこで初めてヤマシャクヤクの花に迎えられた。その花園の始点で比較的きれいな花に出逢えたので、その先に希望が持てた。しかし、その先へ行くと、どうも大型連休の後半の半ばで満開の時を迎えたようで、花園の核心部は殆ど花を落としているか、形の崩れた花となっていた。徐々に急になって行く谷間をなお登って行くと、まだ元気な花の残った一画もかなりあって結構楽しむことが出来るようになった。ここに抽出した写真は、それら審美的に耐えられる元気な花や花園の一画を撮ったもので、花園全体のトーンはもう花期の終盤になっていたことをご承知頂ければと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈林道が尽きて山道が始まる〉

 

 

〈暫し険しい道を登る〉

 

 

 

 

〈キランソウ(ジゴクノカマノフタ)〉

〈この日初めて出逢ったヤマシャクヤク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈盛りは過ぎたがまだ花の残った一画〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈絢爛に咲いた株〉

 

 

〈晴れたら開きそうな二輪〉

 

 

 

 

〈美形の一輪〉

〈健気に咲く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈姉妹のように並んで咲く〉

 

 

〈夢のような花園を行く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈妖艶に咲く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ずっと咲いていて欲しい!〉

 

 

 

〈見事に咲く群生〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈急傾斜面に広がる群生〉

〈今年整備された登山道〉

 

 

11:11 南尾根出合

  ヤマシャクヤクの花園で小一時間も過ごしてから十種ヶ峰の山頂から南へ延びる尾根上に出た。尾根上に出て左に道を採って山頂へと向かったが、朝からの曇空く加えて、この頃になって山上は濃いガスに巻かれて、霧に中の山行となってしまった。このガスのお陰で山頂へと続く険しい尾根筋を眺めなくて済んだが、周囲の眺望は全く効かなかった。足元にはトキワイカリソウなどの可憐な花々が咲いて、霧の中の無聊を慰めてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈すみれが可憐に咲く〉

 

 

 

〈ヤマシャクの自生地を抜けて尾根に出る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈トキワイカリソウ〉

 

 

〈霧の尾根筋を登り行く〉

 

 

11:33〜11:39 十種ヶ峰(988.8m)

  辿り着いた十種ヶ峰の山頂も濃いガスに巻かれており、本来なら眼前に周囲360度の新緑の世界が展開するところであったが、それは全く叶わなかった。まだ正午前で、気温もやや低めでのあったのでランチタイムは下山してから取ることとして、早々に下山することとした。下山ルートは熊野神社経由の道を採った。山頂直下にその熊野権現社の祠があり参拝した。その先で山頂からダイレクトに下って来た道を合わせ(三差路)、さらに下って行くと新しい権現社の鳥居に出合った。篤い信仰心を抱かれて信者さんの寄進の鳥居のようであった。鳥居の下で神角への道を採った。緩やかな西尾根を暫し下ってから、神角の集落へ向かって巻き気味に斜度が増す山肌を下って行った。途中アベマキの群生地を珍しく感じた。

 

 

 

〈ガスに巻かれ十種ヶ峰山頂〉

〈山頂に立てられた新しい注意書き〉

 

 

 

 

〈熊野神社〉

〈登山道三差路付近にあった案内図〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈神角へ下山する登山道〉

 

 

 

〈熊野神社鳥居〉

 

 

 

 

〈アベマキの群生地〉

〈アベマキの雄花〉

 

 

 

 

〈檜林の中を下る〉

〈チゴユリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈イノシシ柵〉

 

 

 

〈もう間もなく神角の集落〉

 

 

13:05 神角八幡神社

  山頂から1時間20分程の標準タイムで田植えの終わったばかりの田圃の拡がる神角の集落に下山した。ここの従来からある十種ヶ峰登山口の標識にも、手書きでヤマシャク鑑賞登山道の案内がしてあった。ヤマシャクヤク目的の登山者が迷わないようにとの趣旨であろう。本格的にヤマシャクヤクの花園に登山者を誘導しようとする気概も感じられた。八幡神社に戻って、その境内で遅いランチタイムを取った。

 

 

 

〈十種ヶ峰神角登山口〉

〈ここにもヤマシャク鑑賞登山道の案内が設置されていた〉

 

 

 

 

〈ガス巻かれた十種ヶ峰を望めない神角の集落〉

〈八幡神社に無事下山〉

 

 

〔山行所感〕

  花期が遅れ気味と聞いていた十種ヶ峰のヤマシャクヤクも暖かい天候に開花のスピードを速めて大型連休の後半に満開を迎えたようであった。やや遅きには失したが、それでも何とか最後近くの花を見ることが出来たようだ。秘密の花園であったこのヤマシャクヤクを今年から本格的に公開しているのには驚いた。今後、益々来訪者が増えることが予想されるが、訪れる人々が花を見るマナーを護り、ここがより多くの人々に愛される花園として発展して行くことを切に願うものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2