春の花咲く越前の名峰 荒島岳(1,523.5m)

福井県大野市

2012年5月26日(土)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                              〈打波川谷の奥に白山、別山を遠望する〉

 

 

 

中四国の花巡りを続けてきたが、近辺の山野では主だった花木は一休みといった頃合だ。

そんな折、この週末は天気が許せば北陸方面へ遠征に出たいと思っていた。

日本百名山のひとつの荒島岳を西日本では唯一未踏のまま残していた。

ここを含めて週末に2座を踏破して、夏に向けて遠征に勢い付けをしておこうとの心算であった。

週末直前になって、それまで必ずしも良くなかった週末の天気予報が俄かに好転したので、

意を決して愛車を東へと走らせた。

 

《山行記録》

勝原スキー場登山口6:55・・・・7:45リフト終点・・・・7:46荒島岳登山口・・・・8:19トトロの木(標高820m)・・・・8:35大瘤のあるブナ・・・・8:38白山ベンチ(標高935m)8:41・・・・8:53深谷の頭(標高1,015m)・・・・8:58小鞍部(湿地)・・・・9:12サンカヨウ咲く湿地(鞍部)9:17・・・・9:38シャクナゲ平9:41・・・・9:45佐開分れ・・・・9:55もちがかべ(始点)・・・・10:15(休憩)11:24・・・・10:33前荒島(標高1,415m)・・・・11:05荒島岳山頂(1,523.5m)(昼食)11:53・・・・12:16前荒島(標高1,415m)・・・・12:56シャクナゲ平13:01・・・・13:17サンカヨウ咲く湿地(鞍部)13:18・・・・13:29小鞍部(湿地)・・・・13:36深谷の頭(標高1,015m)・・・・13:42白山ベンチ13:43・・・・13:57トトロの木(標高820m)・・・・14:17荒島岳登山口・・・・14:53勝原スキー場登山口

〔総所要時間:7時間58分、昼食・休憩等:1時間15分、正味所要時間:6時間43分、歩行距離:10.4q、累積標高差:±1,440m

 

 6:55 勝原スキー場登山口

  前日の昼前に愛車で広島を発ち、北陸道の中条サービスエリアで仮眠を取ってから早朝に福井インターで降りて登山口の勝原スキー場まで車を走らせた。早朝の6時半であったが、駐車場には既に10台近い車が駐車していた。流石に日本百名山である。駐車場には水洗のトイレもあり、案内図や注意事項を記した大きな立看板や公衆電話ボックスを活用した入山届の記帳所などもあった。

  登山支度を整えて出発した。登山道は今はもう営業していないスキー場のゲレンデの中を真っ直ぐに延びていた。硬いコンクリート舗装の急坂で歩き辛い道であった。ゲレンデの草原の中には大きく育ったタニウツギが花盛りを迎えており、さながらタニウツギロードという趣きであった。標高差100メートル程上ると、道は右に折れて地道となり、更に上へと続いていた。険しいゲレンデの傾斜面で2度、3度とジグを切って高度を上げて行き、やがて尾根上に乗って蕾が多くなったタニウツギの間の急坂を登って行くと、今は大きな滑車が地面に転がっているスキーリフトの終点跡に出た。

 

 

 

〈勝原スキー場登山口〉

〈登山口の案内板〉

 

 

 

 

〈タニウツギ咲く登山道〉

〈スキー場内はまるでタニウツギロードが如き〉

 

 

7:45 リフト終点

  リフト終点跡の直ぐ上から登山道は樹林の中へと入って行った。その入口に「荒島岳登山口」と刻された石柱が建てられていた。登山道は灌木の林の中を幾度かジグザグを切りながら上へ上へと続いていた。その林床にはイワウチワと思われる表面に照りにある葉が群れて広がっていた。荒島岳はイワウチワの多い山と聞いているが、この群生が一斉に花開けば、完全にピンクの絨毯の態を成すこと間違いと思われた。一度なりとも見てみたい気持ちのするところであった。その尾根筋の道を登って行くと、見事で美しいブナ林となった。瑞々しい新緑が眩しい程であった。「トトロの木」と名付けられた老木や、大きな瘤をつけた樹などが目立った。標高935メートルの地点には「白山ベンチ」と名付けられた白山展望台を兼ねた休憩所があった。ちょっとだけ樹々が眺望の邪魔をしていたが、残雪でゼブラ模様の白山と別山がやや霞んではいたがよく見えていた。白山ベンチの先でやや傾斜が緩やかになって、その緩斜面の二か所ほどに踊り場のような平坦な所があった。標高1070メートル余の2番目のそれは、ちょっとした湿地で、そこには見事なサンカヨウの群生が見られた。その湿地を過ぎると、再び斜度が増して、標高1204メートルのシャクナゲ平まで階段を切った急坂が続いた。

 

 

 

〈リフト終点跡〉

〈ここから樹林の中を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈瑞々しいブナ林の中を行く〉

 

 

 

 

 

〈ユキザサ〉

〈チゴユリ〉

 

 

 

 

〈ギンリョウソウ〉

〈イワウチワの群生が広がっていた〉

 

 

 

 

〈美しいブナ林の尾根〉

〈「トトロの木)」と名付けられた樹〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈新緑の中にツツジのピンクが映える〉

 

 

〈瘤ブナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈「白山ベンチ」から望む白山連峰〉

 

 

 

 

 

〈ウラジロヨウラク?〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈密なブナ林〉

 

 

 

 

 

〈湿地帯に暫し下る〉

〈エンレイソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈サンカヨウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タムシバ〉

 

 

 

〈急坂の階段道を登る〉

 

 

 9:38〜9:41 シャクナゲ平

   名前からシャクナゲの樹々に囲まれた平地を想像していたが、勝原コースが登ってきた右手の一角にやや荒れて縮こまったシャクナゲの一群があるだけのところであった。それもまだ硬い蕾の状態であった。ここで中出コースの登山道が合流していた。ここからも白山、別山の絶景が得られた。小休止の後、進路を大きく左90度曲げて先に進むことにした。下り口で右から佐開コースの道が合流してきたが、なお高度を下げてから「もちがかべ」と呼ばれる細尾根の上りの急坂に取り掛かった。このルート上随一の難所といわれる所で、時に岩に手を掛け、時にロープに掴まりながら足元に注意して上って行った。その難路の入口にもサンカヨウが白い花を見せ、難路中の岩場にはシャクナゲがピンクの花を開いていた。その急坂を登り切って山頂部が望める「前荒島」に達すると、やや緩やかな尾根道となり、路傍にはカタクリ、コイワカガミ、ツルキンバイなどの春の花々が咲くようになり、やがて遅咲きのイワウチワの姿まで見ることが出来た。山頂台地直下の雪渓脇を抜けて台地上に出ると山頂は直ぐであった。   

 

 

 

〈シャクナゲ平〉

〈これだけのシャクナゲがあった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈シャクナゲ平から望む白山、別山〉

 

 

 

 

 

〈ツクバネソウ〉

〈オオカメノキ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈オオバキスミレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈サンカヨウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シャクナゲ〉

 

 

 

〈「もちがかべ」の難路〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈小荒島岳を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

〈コイワカガミ〉

〈ミヤマシキミ〉

 

 

 

 

〈スミレサイシン〉

〈ツルキンバイ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈山頂直下から山頂方面を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈ショウジョウバカマ〉

〈雪渓とオオカメノキ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈カタクリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈イワウチワ〉

 

 

 

 

 

〈キランソウ〉

 

 

11:05〜11:53 荒島岳(1,523.5m)

   荒島岳の山頂部の一段高いところに一等三角点と山頂標識が建てられ、その傍には新しい方位盤が設置されていた。透明度が高い日には、北アルプスの峰々まで望めるというものの、この日はなかり霞んでいたことからそれは叶わず、白山、別山、それに反対方向に翌日登る予定の能郷白山の山塊を望むのが精々であった。この山頂には既に多くの登山者の姿があった。皆さんは一段低い広場の好みの場所に陣取ってランチタイムを楽しく過ごしておられた。我々も、白山、別山を望む一角に陣取って昼食を摂ることにした。

   昼食を終えてもまだ正午前であったが、長い道中であるので下山の途に就くこととした。前荒島までは遅咲きの春の花々や大きな眺望を楽しみながらゆっくりと歩いた。「もちがかべ」の難所に掛かると足元に特に気を付けて下った。一度岩の下りで足を滑らせそうになり、手を突いた時に左薬指を傷めたようであったが、大事にはならなかったようで安心した。やはり難所は油断が出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈一等三角点のある荒島岳山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈山頂から白山、別山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂の祠〉

 

 

 

〈山頂の石塔〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈新しい方位盤〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈翌日登る予定の能郷白山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈イワウチワ〉

 

 

〈「もちがかべ」の難路を下る〉

 

 

12:56〜13:01 シャクナゲ平

  難所を下ってひと安堵のシャクナゲ平であった。ここで小休止を取った。ここから小荒島岳までピストンする方々も多いようであった。高い場所から見た小荒島岳は美しく、その気になるのも理解出来るところであったが、我々は自重してそのまま下ることとした。シャクナゲ平を後にしても、その先のサンカヨウの咲く湿地帯まではまだ階段を切った急坂が続いていた。湿地帯を過ぎると瑞々しいブナの新緑を楽しめる道になってくれた。白山ベンチ、瘤のあるブナ、トトロの木など特筆されるポイントもイメージ通りに現れては通過して行った。樹林帯を出てリフト終点跡に出ると、「ヤレヤレあと少し」といった気持ちになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シャクナゲ平〉

 

 

〈階段の急坂を下り行く〉

 

 

 

 

〈湿地に咲くサンカヨウ〉

〈美しいブナ林〉

 

 

14:53 勝原スキー場登山口

    リフト終点跡から先は石ころが転がるジグザク道、更にはその先のコンクリート舗装の急坂と、疲れた脚には極めて不親切な道筋であった。とはいえ、その先はこの日のゴ―ルである。 最後の辛抱をして下り、何とか無事に勝原スキー場登山口に下山出来た。

 

 

 

〈勝原の集落を望む〉

〈タニウツギ咲く登山口近くの登山道〉

 

 

 

 

〈下山後、九頭竜温泉「平成の湯」に入浴〉

〈道の駅・九頭竜〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈六呂師高原から仰ぎ見る荒島岳〉

 

 

 

〔山行所感〕

  春の花々のコレクションのように多くの花々を楽しめた山であった。雪の多い北陸の地で、雪がつい先日まで残っていたが為に、こうした現象が見られるのであろう。花は良かったが、地形的には上り一方、下り一方の長丁場の山で、それも概して急坂、難路が多かった。やはり日本百名山のひとつ、決して楽はさせてくれない山であった。花々と難路、下山してみれば、それらが山行に充実感を加味してくれていた。

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2