雪融け、春の花咲く  能郷白山(1,617.3m)

福井県大野市、岐阜県本巣市、同県揖斐郡揖斐川町

2012年5月27日(日)     チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                          〈山頂直下のお花畑〉

 

 

 

荒島岳に登った翌日、両白山地の南の主峰である能郷白山を訪ねることとした。

「両白」とは、この地域を代表する名山である加賀白山とこの能郷白山の二つの白山という意味である。

福井県と岐阜県の県境にあるこの山は、福井県大野市街地からも40キロメートル余り離れた奥地にあり、

道路事情が芳しくなく、何よりもアプローチが課題の山のようである。

それでも、岐阜県側から入山するよりも、福井県側から入山する方が格段に条件が良いとのことで、

思いを決して、「酷道」と揶揄される国道157号線を走って登山口のひとつである県境の温見(ぬくみ)峠へと赴いた。

 

《山行記録》

温見峠7:19・・・・8:57標高1,492mピーク・・・・9:22雪渓横断・・・・9:30「山頂まで400m」地点・・・・9:46能郷白山(1,617.3m)9:48・・・・9:53熊野白山権現社の祠のあるピーク(コーヒータイム)10:27・・・・10:33能郷白山(1,617.3m)10:40・・・・10:59雪渓横断・・・・11:21標高1,492mピーク・・・・12:37温見峠

〔総所要時間:5時間18分、休憩等:0時間43分、正味所要時間:4時間35分、歩行距離:5.7q、累積標高差:±684m〕

 

 7:19 温見峠

   大野市街のコンビニで食料を調達してから国道157号線を走ること1時間余で温見峠に着いた。真名川の谷間に真名川ダムが築かれており、その付け替え道路で福井県側の国道157号線は条件が良いようであった。それでもダムの上流部になると「酷道」となった。温見峠には駐車場がなく、登山者は峠付近での路側駐車を余儀なくされる。前日の荒島岳でお会いした登山者からは早く行って便利な所に駐車スペースを確保しておいた方が良いと助言を頂いていたが、午前7時少し前の峠には一台の車もなく、悠々と峠近くの退避所に愛車を停めることが出来た。 

 

 

 

〈長いアプローチ:遙かなる温見峠を目指して〉

〈国道157号線温見峠〉

 

 

   温見峠の頂点に能郷白山への登山口があった。昭和63年に開かれた登山口とのことであった。ここの標高は1,020メートルと、既に1,000メートルを超えているという。その登山口から見上げる稜線部は険しく更に高い所であった。登山口から入ると瑞々しい新緑のブナ林で、登山道は直ぐに急傾斜をなす尾根筋に延びていた。この山の特徴の一つは、登山口から標高1,482メートルのピークまでの間が延々と続く急坂であることであった。標高差500メートル弱の間、ひたすら急坂登りを余儀なくされた。しかしその間は艱難辛苦ばかりではなく、登山道沿いには様々な花が次から次に現れて、疲れを忘れさせてくれた。最初にチゴユリやユキザサの群生が現れ、次いでマイズルソウが咲いた一角を登って行くと、晩期を迎えたムラサキヤシオが咲く急坂が続いた。高度を上げてブナの樹林帯を抜けると、灌木の中に雪田が見えるようになり、路傍にはカタクリを中心にしたお花畑が広がるようになり、オオバキスミレやショウジョウバカマなども加わってカラフルで賑やかな登山道となった。稜線近くになると、真っ白な花を付けたサンカヨウも坂道沿いに現れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈温見峠が能郷白山の登山口〉

 

 

〈登山口から遙かなる高みを見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ムラサキヤシオ咲く登山道〉

 

 

 

〈チゴユリの群生〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈マイズルソウ〉

〈登山口から延々と急坂が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岐阜県側の山並みを望む〉

 

 

〈急坂の途中から温見峠を見下ろす〉

 

 

 

 

〈これもムラサキヤシオ!?〉

〈ツルキンバイ〉

 

 

 

 

〈オオバキスミレ〉

〈エンレイソウとカタクリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈登山道を彩る春の花々〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈カタクリとオオバキスミレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈サンカヨウの花も加わって・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈こちらにはショジョウバカマも参加〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈カタクリとオオバキスミレのコラボ(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈カタクリとオオバキスミレのコラボ(2)

 

 

 

 

 

〈コヨウラクツツジ〉

〈1492mピークまでもう少し!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈姥ヶ岳の先に荒島岳を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈見事に咲いたサンカヨウ〉

 

 

 

 8:57 1,492mピーク

   急坂登りに花々の観賞時間が加わってゆっくりとした歩調で1,492mピークに辿り着いた。その急坂登りもここで終わり、その先はたおやかな稜線上の山歩きとなった。1,492mピークを越えたところで積雪の重みで倒れたダケカンバを跨ぐと、ちょっとした湿地となりそこにはカタクリにお花畑が広がっていた。つい先日まで雪田であったところのようであった。それから先の道筋も緩慢なアップダウンを繰り返す稜線歩きで、時に雪田の脇を抜けたり雪渓を横切ったりしながら、同じように春の花々が咲き誇るお花畑を抜けて山頂へと向けて進んで行った。登山口からの長い急坂登りの労苦は直ぐに忘れて、夢見心地でこの花の稜線歩きを楽しんだ。 

 

 

 

〈積雪で登山道に倒れたダケカンバ〉

〈雪融けの湿地にはカタクリのお花畑が広がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈恰好をつけて!〉

 

 

 

〈澄ました表情で!〉

 

 

 

 

〈ツルキンバイの群生〉

〈新芽の灌木帯〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈たおやかな稜線部を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ残る雪渓〉

 

 

〈雪渓脇に咲くカタクり〉

 

 

 

 

〈オオカメノキ〉

〈バイケイソウの新芽〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈残雪に埋もれるダケカンバ〉

 

 

 

 

 

〈エンレイソウとサンカヨウ〉

 

 

9:46〜10:40 能郷白山(1,617.3m)

  温見峠登山口から2時間半の時間をかけて山頂に到着した。2時間が標準時間であるが、お花畑で楽しんだ時間を考えるとよく頑張って登って来たと言えた。一等三角点の建つ山頂広場は灌木に囲まれて眺望は効かなかったが、その西方には灌木越しに祠のあるもう一つのピークが望めた。その西峰へは南斜面に残る広い雪渓を横断して行ってみた。こちらは熊野白山権現社の祠が建つ花々に囲まれた山頂で、周囲360度の眺望の良く効くところで、我々以外に登山者の姿もなくゆっくりと寛いてコーヒータイムを楽しむことが出来た。山頂部で小一時間過ごしてから、登って来た道を下ることとした。ちょうどその頃に単独行の登山者が登って来られた。下山路では、改めてお花畑や眺望を楽しむこととした。

 

 

 

〈能郷白山の山頂〉

〈山頂に建つ一等三角点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈雪渓を越えて西峰へ向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈西峰の直下にもカタクリの群生が!〉

 

 

 

 

 

〈雪融けの後にきれいに咲いたカタクリ〉

〈栄養状態も良いようだ・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈熊野白山権現社の祠が建つ西峰の山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈バイケイソウとカタクリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈雪渓越しに能郷谷コースの通る尾根筋を望む〉

 

 

 

 

 

〈山頂北側の砂利谷を俯瞰する〉

〈稜線部に残る雪田〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線に咲くオオカメノキ〉

 

 

 

〈サンカヨウの新芽〉

 

 

11:21 1,492mピーク

  標高1,492mのピークから温見峠へは当然のことながら急坂を下ることとなった。半端な傾斜地ではないので、一歩一歩に注意を払って下って行った。一時的に曇がちになっていた上空も再び晴れてきたが、白山方面はガスか雲に閉ざされているようで、その雄大は山容を望むことは出来なった。下りの急坂沿いのお花畑で、カタクリやショジョウバカマ、マイズルソウなどの花々を楽しむことが出来た。この沿道で最も多い草花はマイズルソウで、まだ殆ど咲いてはいなかったがマズルソウロードと呼んでも良いくらいに群生が路傍に続いていた。

 

 

 

 

 

 

 

                          〈荒島岳の先に白山が見える筈であったが・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈根尾西谷の先に屏風山など飛騨の山並みが望めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈温見峠に向け急坂を下り行く〉

 

 

 

 

 

〈紅いショウジョウバカマ〉

〈カタクリの群生〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ツクバネソウ〉

 

 

 

〈険しい尾根道を下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈下る程に美しいブナ林が広がる〉

 

 

 

 

 

 

 

12:37 温見峠

   下山時には5組程の登山者と行き違って、5時間余の山行を無事に終えて温見峠へと下った。峠の路側には我が愛車を含めて7台の車が停められていた。これが、この日のこのルートからの登山者の全てであったのであろう。登山装備を車に納めてから、峠の堀切の上に祀られていた峠のお地蔵様にお礼の参拝をした。下山後の入浴は、40数キロメートルを車で走って、大野市街地北郊の六呂師温泉まで下って行った。

 

 

 

〈温見峠へ下山〉

〈路側に停められた登山者の車〉

 

 

 

 

〈温見峠の地蔵尊〉

〈峠から山頂方向を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈下山後入浴した六呂師温泉うらら館〉

 

 

 

〔山行所感〕

   深田クラブの日本二百名山のひとつであるこの山は、厳しい急坂を登り切ると、たおやかな稜線漫歩が楽しめるという分り易い山であった。その山が雪融け末期の雪田と雪渓を残しつつ、春の花々で彩られて美しく輝いている時に訪ねることが出来たようである。予想を超えた若々しくも美しい季節の山を楽しめた。お気に入り、ご推奨の一座となることは間違いない。とは言え、この山へのアプローチは色々な意味で厳しい。国道157号線は「酷道」であるばかりか、この時期にここを走るのは自己責任でのことであるようだ。積雪の多いこの山域故に、道路の安全が完全に確認されるのは、月が替わってからになるようだ。我々は、大目に見てもらってこの道を走らせてもらったようである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2