花は春から夏への移行期 皿ヶ嶺・風穴周辺散策

愛媛県東温市

2012年6月1日(金)   門久単独

 

 

 

 

 

 

 

                          〈この花の咲き具合を確認に風穴に赴いてみた〉

 

 

 

2週間振りに四国・愛媛に渡った。

用件を終えて少し時間が空いたので、咲き具合が気になっていた花の確認に皿ヶ嶺の風穴へ車を走らせた。

竜神平や山頂をピストンする時間はなかったので、風穴を覗いてからその周辺の登山道を散策してみた。

2週間前の北斜面の花畑はまだカラフルで賑やかであったが、

今はそれらの花々の殆どが姿を消してしまい寂寥感を感じる程であった。

ひとつのシーズンが終わった感じであったが、それでも登山道脇の下生えの中には、

小さくて地味ではあったが、季節を繋ぐ多くの花々が姿を現していた。

 

《山行記録》

上林森林公園駐車場15:33・・・・15:40風穴15:51・・・・15:52皿ヶ嶺登山口・・・・16:28登山道Uターン地点16:38・・・・17:05風穴17:06・・・・17:18上林森林公園駐車場

〔総所要時間:1時間45分、休憩等:0時間22分、正味所要時間:1時間23分、歩行距離:28q、累積標高差:±276m〕

 

15:33 上林森林公園駐車場

   平日の午後3時半、上林森林公園の駐車場に停めている車は我が愛車を含めて3台、風穴直下の路側にも一台停められている様子であった。静かな皿ヶ嶺であった。駐車場から風穴に向かう道筋の樹林やその下生えには、2週間前には見えなかった花々を見ることが出来た。2週間の間に、季節は大きく変わってきたようであった。

 

 

 

〈いつもの所から皿ヶ嶺を見上げる〉

〈上林森林公園に立つ看板〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タンポポの実〉

 

 

 

〈イワガラミ〉

 

 

 

 

〈クルマムグラ〉

〈ホウチャクソウ〉

 

 

15:40〜15:51 風穴

   風穴に近付くと半月程前には皿ヶ嶺の登山道を真白く染めていたものの、今はすっかりと姿を消してしまったコンロンソウがその周辺だけにまだ咲いていた。風穴から吹き出る冷気のなす業のようだ。風穴では、ここで育てられている青い花の開花状況を確認してみたかった。2週間前にはこの頃には開花するように思えたからだ。結果は、風穴の底の株の蕾はまだ固くなお1週間程の時間が必要な様子であった。ただ風穴の外縁に移植されている株の中に一輪だけ花開いているものがあった。それは実に新鮮で美しい花であった。時間を割いて上って来た甲斐があった。ちょうど風穴に居合わせた若いカップルはこの花を知らなかったようであった。風穴の直ぐ近くには、もう他所では姿を消したイチリンソウやラショウモンカズラなどの花も見ることが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈涼しい風穴の周りにだけコンロンソウが残っている〉

 

 

 

〈風穴への入口〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈一輪だけ咲いていたお目当ての花〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈その後姿〉

 

 

 

〈その横顔〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ラショウモンカズラ〉

〈イチリンソウ〉

 

 

15:52 皿ヶ嶺登山口

   風穴を後にしても直ぐに下山する気にはならなかったので、北斜面のお花畑の様子見がてら竜神平への正面登山道を暫し歩いてみることとした。白や黄、紫にピンクと多彩な花畑であったが、もうそうした花々は姿を消して、斜面全体もハシリドコロの群生からギンバイソウの世界に替わろうとしていた。とは言え、植生をよく観察していると、地味で小さな花々を意外にも沢山見付けることが出来た。やはり皿ヶ嶺は花の山である。

 

 

 

〈ウワバミソウ〉

〈アマドコロ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヤマブキソウ〉

 

 

 

〈コチャルメルソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈お花畑の斜面を覆い始めたギンバイソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈オオキヌタソウ〉

 

 

 

〈バイケソウ〉

 

 

 

 

〈コクワガタ〉

〈フタリシズカ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈揃い踏み〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今、爛熟の時〉

 

 

 

〈正面より〉

 

 

 

 

〈樹々の色合いが濃くなってきた登山道の通る北斜面〉

〈ケヤキの老木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タニギキョウ〉

 

 

〈マムシグサ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ハナイカダ〉

 

 

 

〈コケイラン〉

 

 

17:18 上林森林公園駐車場

   一時間余り登山道をのんびりと散策して登山口へ、そして風穴に戻った。再度青い花を見てから、車道を迂回して紫陽花の様子などを観察しながら、上林森林公園の駐車場に戻った(ここで紫陽花の花が咲くのはまだまだ先なので、樹に顕著な変化はなかった)。もう残っているのは我が愛車1台だけであろうかと思っていたが、駐車場の奥まったところにもう1台セダンが停められていた。今日は散策目的で来たので、登山装備は何もなかったので、直ぐに愛車に飛び乗って下山の途に就くこととした。

 

 

 

〈皿ヶ嶺登山口〉

〈上林森林公園の駐車場辺り〉

 

 

〔山行所感〕

   皿ヶ嶺のお花畑は今季節替わりの端境期を迎えているようであった。賑やかで多彩なオンシーズンの比べれば、地味で質素なお花畑となっているが、その中にも小さいながらも沢山の花々を発見出来た。この時期には大物の花も咲いて、大小揃って花の山たる皿ヶ嶺の面目躍如といったところである。この山は、目を離しても良い時期というものはなかなかないようだ。

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                            

Ads by TOK2