初夏の花咲く芸北の湿原を散策 八幡湿原

広島県山県郡北広島町

2012年6月4日(月)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                    〈将に開かんばかりのスイレン〉

 

 

 

大佐山で初夏の花々を見た後で、八幡湿原にもレンゲツツジが咲いている筈と車を走らせてみた。

2007年6月10日に尾崎沼の土手で熊に遭遇して以来訪ねたことがなかった。

平日とは言え、初夏の花々が咲く湿原には何組かの人達が訪れていた。

我々も、5年振りに沼を周回してみた。

 

《山行記録》

八幡湿原駐車場14:42・・・・14:48スイレン畑14:49・・・・14:53八幡湿原駐車場(地主さんと情報交換)15:02・・・・15:08尾崎沼土手15:17・・・・15:28池の最奥・・・・15:33リュウキンカ咲く湿原15:36・・・・15:50尾崎沼土手・・・・16:03八幡湿原駐車場

〔総所要時間:1時間21分、休憩等:0時間22分、正味所要時間:0時間59分、歩行距離:2.7q、累積標高差:±131m〕

 

14:42 八幡湿原駐車場

   駐車場には数台の車が停められており、尾崎沼の方角からは人の声も聞こえていた。人の姿に何故か安心する所である。駐車場となっている広場に建つ小屋に周りの花菖蒲やスイレンなどの畑の地主さんがおられたので暫しお話をうかがった。以前は自由に出入り出来たそれらの畑へは「立入禁止」の旨の立て札が立てられていた。花菖蒲などが大量に盗掘に遭うことから、付近の同業の方々が話し合って採った措置とのことであった。心無い人達の所業が、多くの人達の善意を無にし、楽しみを奪ってしまっているのであった。地主さんの許しを得て美しい畑に入れて戴き暫し楽しんだ。

 

 

 

〈花菖蒲〉

〈花菖蒲畑を彩るレンゲツツジ〉

 

 

 

 

〈スイレン畑〉

〈揃い咲いたスイレン〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヒレハリソウ(コンフリー)〉

 

 

 

〈コウホネ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾崎沼の土手から見た八幡湿原〉

 

 

〈水路脇から覗いた八幡湿原〉

 

 

15:08〜15:17 尾崎沼土手

   湿地のお花畑を見せてもらってから、奥にある尾崎沼(新川溜池)へと赴き、5年前に熊に遭遇したその土手で暫し憩うた。先にこの土手に来られていたご婦人から池の中にサンショウウオが沢山いると教えてもらった。暫しの土手での憩いの後、左回りで池を周回することとした。勿論熊鈴を用意しての散策であった。コウホネやスイレンなどの草が浮かぶ池面を樹間から見ながら進んで行くと、池畔には初夏の花々が咲いていた。真っ白なサワフタギの花が妙に新鮮に感じられた。

 

 

 

〈尾崎沼〉

〈尾崎沼に生息するサンショウウオ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈尾崎沼の土手から池を望む〉

 

 

 

 

 

〈尾崎沼の池畔に咲くマムシグサ〉

〈バイケイソウ〉

 

 

 

 

〈尾崎沼を左回りで周回する〉

〈サワフタギ〉

 

 

15:28 池の最奥

   池の最奥にもちょっとした湿地が広がっており、そこにはほぼ満開のレンゲツツジが咲いていた。それから暫く池畔の湿地帯が続いていたが、その各所でも見事なレンゲツツジが池畔を彩っていた。また、花の盛りは過ぎているのではあろうが、まだリュウキンカの群生が残っている一角もあった。のんびりと花や高原の新鮮な空気を楽しみたい気分ではあったが、午後遅い時間帯になると、またしても熊が出没する危険性が高まるので、急ぎ気味に周回路を先に進んで行くべく努めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈周回路に咲くレンゲツツジ〉

 

 

〈新鮮で見事な咲きっぷりである〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈リュウキンカ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈満開のレンゲツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈ヒロシマサナエではなく、ただのシオカラトンボのようです〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾崎沼を彩るレンゲツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈尾崎沼に群生するコオホネ〉

 

 

 

 

 

〈葉陰に咲いていたギンリョウソウ〉

〈沼を周回して土手に戻ってきた〉

 

 

16:03 八幡湿原駐車場

   実質小一時間の散策を楽しんで、駐車場へ戻ってきた。改めて周囲の湿原の中を観察してみると、至る所で紅いレンゲツツジが緑一色の湿原に明るい彩りを与えていた。それは初夏の湿原に軽やかな空気を送り込む存在でもあるように感じられた。

 

 

 

〈レンゲツツジに彩られた八幡湿原〉

〈レンゲツツジとサワフタギのコラボ〉

 

 

 

 

〈ニョイスミレ〉

〈ミツバツチグリ〉

 

 

〔山行所感〕

   大佐山と八幡湿原を歩いて、初夏の高原で一日を満喫した感じであった。やはり想像した通りに、この時期にはレンゲツツジが高原の景観に見事なアクセントを与えていた。特に八幡湿原のレンゲツツジはちょうど見頃を迎えており、泡立つような白さのサワフタギの花共々、ちょっと感動的な景観を池畔に醸していた。とても印象的な景観であった。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2