梅雨入りの日 皿ヶ嶺・風穴

愛媛県東温市

2012年6月8日(金)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                       〈ヒマラヤの青いケシの蕾〉

 

 

 

遂に中・四国地方も梅雨入りとなった。

雨の降る中をしまなみ海道を通り四国・愛媛へと渡った。

その雨が止んだ午後、皿ヶ嶺風穴のヒマラヤの青いケシの様子が気になって訪ねてみた

小一時間、標高900メートルの高原の冷気の中で遊んだ。

《山行記録》

 

風穴下の車道(駐車)15:08・・・・15:14風穴15:23・・・・15:30皿ヶ嶺登山道(Uターン)・・・・15:37風穴下15:41――15:4315:55上林森林公園

 

15:08 風穴直下の車道

   雨の平日の午後、上林森林公園の駐車場には一台の車もなかった。我々もそこに停めずに、そのまま園内の周回道を走って風穴の真下まで上がり、道路の膨らみに愛車を停めた。1台だけ先客の車が停めてあった。風穴に向かう途中で、いつもはあまり通らない木組みのペデストリアンデッキの脇に紅いシャクナゲが咲いているのを見付けたのでそこを通って行くことにした。大きく立派なシャクナゲの並木が続いていたが、これらは園地に植えられた栽培種のもののようであった。

 

 

 

 

 

 

 

                          〈雨雲に閉ざされた皿ヶ嶺の稜線部を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈卯の花(ウツギ)が満開に!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈赤く熟れたクサイチゴ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈赤いシャクナゲの咲く風穴へと続くペデストリアンデッキ〉

 

 

〈満開のシャクナゲ〉

 

 

15:14〜15:23 風穴

   風穴も無人であった。風穴の中のプランターで育てられているヒマラヤの青いケシがそろそろ咲いてはいないだろうかと期待して覗き込んでみたが、残念ながらまだ固い蕾のままであった。花開くまでにはまだ暫く時間がかかりそうであった。ただ一週間前に咲いていた風穴の外縁の一株にもう一輪小さな子供の花が咲いていてくれた。そんな風穴を観察した後、暫し皿ヶ嶺への登山道を登って行ってみたが、お花畑となる斜面に顕著な変化がなかったので直ぐに風穴下へと引き返した。

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈グリーンシャワー注ぐ風穴〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈子供の一輪をアップ〉

 

 

 

〈風穴の外縁に咲くヒマラヤの青い親子ケシ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈風穴〉

〈まだ固い蕾の風穴の中のケシ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈緑に包まれた皿ヶ嶺への登山道〉

 

 

〈上林森林公園の遊歩道〉

 

 

15:43〜15:55 上林森林公園  

   車で上林森林公園の駐車場近くまで下って園地とその林床を観察してみた。イワガラミが威勢よく樹々の幹に巻き付いて真っ白な花を咲かせていた。小さな花々がすっかり姿を消した林床には、唯一ホウチャクソウが所々に白い房を転がすようにして咲いていた。その頭上では、ニシキウツギが花を咲かせ始めていた。またちょっと色合いの違うベニウツギの花も見られた。これらニシキウツギやベニウツギは、植樹された栽培種と思われた。

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈上林森林公園広場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈イワガラミ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈ホウチャクソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈ニシキウツギ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈ベニウツギ〉

 

 

 

〔山行所感〕

  小一時間の風穴周辺の散策を楽しむことが出来た。お目当てのヒマラヤの青いケシが本格的に咲くのは、今月下旬から7月にかけてとなるのであろう。いよいよ梅雨となり、ここ皿ヶ嶺のお花畑も夏景色へと急速に姿を変えてくれることとなりそうだ。雨のシーズンを厭わず、また付き合って行こうと思う。

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2