ミヤマキリシマ咲き誇る 平治岳(1,642.8m)・北大船山(1,706m)・大船山(1,786.2m)

大分県玖珠郡九重町・竹田市

2012年6月10日(日)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                     〈北大船山から三俣山を望む〉

 

 

 

昨年は天気との折り合いが悪くて訪ねることが出来なかった九重のミヤマキリシマ。

今年は、平治岳と大船山の両峰で見ることが出来るようになったら出掛けようとそのチャンスを窺っていた。

入梅した直後の週末日曜日のこの日、久々に予報に晴マークが出た。

これは千載一遇の好機とばかり、若干の無理は承知で前日の夜に広島を発って九重に向かうこととした。

 

《山行記録》

長者原駐車場5:24・・・・5:34タデ原・・・・6:42雨ヶ池・・・・7:22大船林道出合・・・・7:31坊ガツル(キャンプ場)7:38・・・・8:31大戸越8:49・・・・9:31南峰9:42・・・・9:55平治岳(1,642.8m)9:59・・・・10:07山頂西面テラス10:22・・・・10:30平治岳(1,642.8m)10:31・・・・10:46南峰10:49・・・・11:13大戸越(昼食)11:44・・・・12:29(待機)12:40・・・・12:44稜線上・・・・13:08北大船山(1,706m)13:12・・・・13:19段原13:20・・・・13:49大船山(1,786.2m)14:05・・・・14:31段原14:34・・・・14:59五合目15:00・・・・15:10立中山分岐・・・・15:52坊ガツル(キャンプ場)16:01・・・・16:13大船林道出合・・・・17:04雨ヶ池・・・・17:12長者原展望所・・・・18:16タデ原・・・・18:23長者原

〔総所要時間:12時間59分、昼食・休憩等:2時間12分、正味所要時間:10時間47分、歩行距離:19.8q、累積標高差:±1,470m

 

5:24 長者原

  広島から山陽道、中国道、九州道、東九州道、国道10号線、別府宇佐道路、大分道を経て湯布院へと長駆し、「道の駅湯布院」で暫し仮眠を取ってから、やまなみハイウェイで早朝の長者原に辿り着いた。長者原の駐車場の混雑を危惧していたが、前日の天気が優れなかったためか登山口に近い所に空きスペースを簡単に見付けることが出来た。身支度を整えて出発するも、全天黒い雲に覆われ、山は濃い霧に閉ざされて泣きたくなるほどの悪天。タデ原を横切って樹林の中に入ると、日の出の時刻を過ぎているのにずっと薄暗いままであった。それでも、登山道を進んで行くうちに、雲やガスは徐々に薄くなっていってくれて、坊ガツルに到着する頃には青空が見えるようになってくれた。

 

 

 

〈長者原九重登山口〉

〈タデ原〉

 

 

 

 

〈ガスの中に瞬間三俣山が浮かぶ〉

〈雨ヶ池の木道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈展望所から坊ガツルを遠望する〉

 

 

 

7:31〜7:38 坊ガツル

  坊ガツルには前夜からリンク先の山本隊長や気ままな山登り夫妻がテントを張っておられた。我々が坊ガツルに着いた時には、両隊共同で立中山に登攀中とのことお会い出来なかった。100張に近いテントが並ぶ坊ガツルで暫し休憩の後、こちらの方向はまだ霧に閉ざされていたが大戸越(うとんごし)に向けて出発した。大戸越への谷間の道はいつもながらの泥濘で、ここを歩く登山者全てが難渋する悪路中の悪路であった。

 

 

 

 

 

 

 

                    100張に近いテントが張られていた坊ガツルキャンプ場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈坊ガツルから霧の晴れた三俣山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈ガスに巻かれた大戸越を目指す〉

〈クロボクの登山道は泥んこ状態〉

 

 

8:31〜8:49 大戸越(うとんごし)

  午前8時半の大戸越にはもう大勢の登山者の姿があり、見上げる平治岳南面には山上へと向かう登山者の列があった。ただ、我々の到着時には周囲は濃霧に包まれており、山の稜線などは望むべくもなかった。しかし、霧の中ながら、この峠に咲くミヤマキリシマは見事であった。霧が晴れないかと暫し大戸越に停滞していると、霧が徐々に薄くなってくれて斜面を埋めるミヤマキリシマや稜線も霧の中に見えるようになってきた。急峻な斜面を上り専用路で登り始めると、いつか霧はすっきりと消えてくれて、我々はピンクの絨毯の広がりの中にいた。

 

 

 

〈登山者で溢れる大戸越〉

〈山頂部が霧に閉ざされた平治岳南面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈霧が徐々に晴れて来た中を登攀開始!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈中腹が霧に巻かれた三俣山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大戸越を俯瞰する〉

 

 

 

〈霧が晴れた南面を登る〉

 

 

 

 

〈登山道から黒岳を望む〉

〈南峰のピークの一角を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大戸越越しに北大船山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈南面のミヤマキリシマの群生の中を登り行く〉

 

 

 

9:31〜9:42 南峰

  写真を撮りながら大戸越から40分間もかけて南峰に登り着いた。このピーク上にある岩に上がれば周囲360度の大眺望が広がっており、ミヤマキリシマが満開のこの時期は特にそこからの絶景にまた動けなくなってしまう。そんな状況故にこのピークに佇む登山者の数は尋常ではなかった。絶景を撮りたいが、その人混みでは自由が利かなかった。ここは先に進むのが肝心と、平治岳本峰方面の絶景を楽しみながら、その山頂を目指した。

  

 

 

 

 

 

 

                                〈南峰下から三俣山、坊ガツルを望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈平治岳山頂稜線〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈平治岳のミヤマキリシマの絨毯〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈平治岳山頂への道から三俣山々頂部を望む〉

 

 

 

9:55〜10:31 平治岳(1,642.8m)

  大戸越から1時間余で平治岳の山頂に到着した。満開でちょうど見頃のミヤマキリシマに霧が棚引くが晴れ渡った周囲の山々。山頂稜線上のピンクの絨毯の中を周回しながら、これらの絶景に至福の時を過ごすことが出来た。いつまでもいたい気持ちも強かったがまだ先に楽しみを抱えている身である、この頂稜部で30分間余の時間を過ごしから、登ってきた道を大戸越へと引き返すこととした。南峰からは、今期新しく拓かれた下山専用路で下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈平治岳から坊ガツルを俯瞰する〉

 

 

 

〈平治岳山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈平治岳山頂から三俣山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈平治岳のミヤマキリシマ越しに大船山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈平治岳山頂のテラスから山頂を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈平治岳西面越しに三俣山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈ミヤマキリシマの洪水の中に溺れてみました・・・!〉

 

 

 

 

 

〈平治岳から大戸越への新下山路で〉

〈下山路に咲く白いミヤマキリシマ〉

 

 

11:13〜11:44 大戸越(うとんごし)

  2時間半後に戻ってきた大戸越も、朝方の霧に巻かれた世界とは全く変わってきれいに晴れ上がっていた。相変わらずの人混みであったが、この後の大船山への登攀に備えてここでランチタイムを取ることとした。食後は、大戸越から北大船山の稜線部へ直登する登山道を採った。ガレ気味の急坂を登りながら、途中で出会った老紳士から訊ねられてオオヤマレンゲに案内などしていると、1時間の時間を要して北大船山の稜線部に出ることとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈長蛇の列が続く平治岳南峰への斜面〉

 

 

 

〈大戸越の人混みの中でランチタイム〉

 

 

 

 

〈北大船山への道を採る〉

〈ハルリンドウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈北大船山登山道から平治岳南斜面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈平治岳山頂部をアップ〉

 

 

 

13:08〜13:12 北大船山(1,706m) 

  稜線部に上ると、遅れ気味と聞いていた北大船山のミヤマキリシマがきれいに咲いた姿で目に飛び込んできた。満開の平治岳山頂部に比べれば、まだ8分咲き程度であったものの、十分に見応えのある咲き振りであった。稜線を辿って北大船山の頂きに近づくに従って、咲き具合はより見事になっていった。その背景となる九重連山も美しかった。何よりも、これらの絶景を静かな環境の中で楽しむことが出来ることが良かった。

 

 

 

 

 

 

 

                      〈ミヤマキリシマに彩られた北大船山の旧火口底周辺〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈旧火口底越しに大船山々頂部を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北大船山稜線から三俣山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈北大船山のミヤマキリシマの波頭越しに九重連山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈北大船山稜線部の登山道沿いのミヤマキリシマ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈北大船山の稜線越しに平治岳を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈北大船山から段原、大船山を望む〉

 

 

 

13:19〜13:20 段原

  北大船山の頂きから段原へ行く間に、それまできれいに見えていた大船山の山頂部が濃い霧に隠されてしまった。晴れたとは言え梅雨の季節であり、決して安定した天気ではないのであろう。それでも段原から北大船山を振り返ってみると、こちらの方向はきれいに晴れていて、北大船山南斜面のミヤマキリシマの絨毯はこの日最高の咲き具合、輝き具合であった。ここ段原から坊ガツルへ下山するという考えもあったが、折角ここまで登って来たのであるから、大船山々頂まで足を延ばすこととした。

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈霧に巻かれた段原〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     〈段原からミヤマキリシマの絨毯越しに北大船山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

〈大船山へのアプローチ〉

〈ツクシドウダン〉

 

 

13:49〜14:05 大船山(1,786.2m) 

  大船山の山頂は俄かに流れ込んできた霧に巻かれて、本来は360度の大眺望であるが、全く眺望が効かない状態であった。祖母山や阿蘇五岳は仕方がないにしても、九重連山でさえも見えないのはちょっと寂しいものがあった。それでも、時折霧が晴れて、山頂直下の御池や、段原方面の眺望が開くことがあった。この山頂で暫し休憩タイムを取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ガスの流れる御池〉

 

 

 

〈大船山々頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈大船山々頂から段原方面の眺望〉

 

 

 

14:31〜14:34 段原

  再び段原に下ってみると、何と言う気紛れか、再び周囲の霧が消えて素晴らしい眺望が得られた。霧の掛からない大船山の山頂部も望むことも出来た。ここで今年のミヤマキリシマの絨毯の見納めをして、坊ガツルへの下山道を採った。長くて単調な道程である。下りの時には、特にその印象を強くする。

 

 

 

 

 

 

 

                           〈段原からミヤマキリシマ越しに三俣山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈再び晴れた大船山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈五合目から立中山越しに九重連山を望む〉

 

 

 

15:52〜16:02 坊ガツル

  8時間振りの坊ガツルであった。朝方はテントの大輪の花が咲いていたキャンプ場には、ぐっとテントの数が減って20張足らずのテントが見られた。長い道程と晴れ渡った天気の中で、飲料水が少なくなっていたので、ここでその補給を済ませた。もう時刻も午後4時となり、下山を急がねばならない時間となりつつあった。ここからは朝方来た道を引き返すこととした。

 

 

 

〈坊ガツルへ下山〉

〈坊ガツル避難小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈晴天下の坊ガツルのキャンプサイト〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈坊ガツルから平治岳を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈サワオグルマ〉

 

 

 

〈帰路!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈さよなら坊ガツル〉

 

 

 

 

 

 

 

17:04 雨ヶ池

  平治岳と大船山の眺望に別れを告げてから雨ヶ池越を越え、雨ヶ池の木道を抜けると、あとはタデ原までの間ほぼ下り一方となった。朝方のこの辺りは霧の中であったが、夕刻になって天気も安定してきたこの時は美しい眺望の中であった。とは言え、くたびれた身には長者原まで思った以上に長く感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈平治岳、大船山の見納め〉

 

 

 

 

 

〈雨ヶ池〉

〈長者原遠望〉

 

 

18:23 長者原

  タデ原を抜けて長者原の登山口に戻ってみると、午後6時を大きく回ってレストハウスや土産物屋は店仕舞いをしており、ミヤマキリシマがオンシーズンであるにも拘わらず妙に静かで、かなりの寂しさであった。広い駐車場も、既に日曜日の午後6時半近くとなって、停めていた車の大半が姿を消していた。我々も温泉を目指して、早々に長者原を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タデ原に帰還〉

 

 

〈木道の先は長者原〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈硫黄山を仰ぐ〉

 

 

 

 

〔山行所感〕

  2年振りの九重のミヤマキリシマであった。梅雨の間の晴天の日を探っての訪問であったが、今回は見事に想定に近い天気となって、予想を越える素晴らしい山行となったと思う。この九重の山域は、いつもながらに心地良い憩いを感じさせてくれる。十分に満足した山行であったが、また近いうちに訪ねることが間違いない山域であると思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2