青いケシの咲く 皿ヶ嶺・風穴

愛媛県東温市

2012年6月25日(月)  チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                              〈風穴の中に咲いたヒマラヤの青いケシ〉

 

 

 

四国の南に梅雨前線が停滞して、皿ヶ嶺の麓は朝からの雨がなかなか上がらなかった。

風穴の中のヒマラヤの青いケシが花開いたというので、何とか見ておきたいと思い続けていた。

午後になってやっと雨が上がったので、帰広の途中に暫し立ち寄ってみることとした。

雨が降り続いた平日午後の高嶺には人影もなく静寂の世界であった

 

《山行記録》

風穴下駐車場所14:41・・・・14:44風穴14:54・・・・15:00皿ヶ嶺正面登山道(第2曲折点)15:01・・・・15:04風穴15:13・・・・15:16風穴下駐車場所

〔総所要時間;0時間35分、休憩等:0時間20分、正味所要時間:0時間15分、歩行時間:0.7q、累積標高差:±90m〕

 

14:41 風穴下駐車場所

   麓の定点から見上げた雨上がりの皿ヶ嶺は、ちょうどガスが昇って稜線が現れようとしている頃であった。その山上へ一気に車を走らせて上林森林公園の風穴(かぜあな)直下まで上がって行った。

 

 

 

〈梅雨空の下の皿ヶ嶺〉

〈やっと雨が上がった上林森林公園〉

 

 

14:44〜14:54 風穴

   直ぐに風穴に行ってみた。やっとと言うか、「もう直ぐ開くだろう」、「もう直ぐ開く筈」と幾週間も思い続けていた風穴の中のヒマラヤの青いケシが3輪花を咲かせていた。ただ長い間雨に降られていたせいもあってかどの花も俯いており、穴の上から望遠でカメラを向けても花芯部を見ることは出来なかった。青いケシのほかにも、風穴の周囲には初夏の花々や実が見られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈風穴〉

 

 

〈風穴の中に二輪並んで咲く青いケシ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈正面側から見るも俯いたままの青いケシ〉

 

 

 

 

〈トチバニンジン〉

〈ナガバノモミジイチゴ(キイチゴ)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈モミジウリノキ〉

 

 

 

14:54 皿ヶ嶺登山口

   あまりゆっくりと出来る状況ではなかったものの、折角ここまで上がって来たのだからと登山口から暫し竜神平への登山道を歩いてみた。急傾斜面にジグザグを描く登山道を周囲の花々を見ながら第2曲折点の手前まで上がった。そこで登るのを断念し、そこから風穴へ直接下る一筋の踏み跡を採って下山することとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ギンバイソウ(蕾)の色付いてきた〉

 

 

 

〈皿ヶ嶺登山口〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈サワルリソウ

 

 

〈ウバユリ(蕾)〉

 

 

15:04〜15:13 風穴

   風穴でもう一度ゆっくりとヒマラヤの青いケシの花を観察することとした。沢山のプランターに沢山のケシが育てられているが、ここ数年咲く花は随分少ないように思う。もう間もなく本来の花の盛りの7月を迎えるが、今年はどんなになるであろうか。期待して待つことにしようと思った。

 

 

 

〈風穴へ下る間道〉

〈風穴と東屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヒマラヤの青いケシの揃い踏み〉

 

 

〈紫色のケシ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈俯いた横顔〉

 

 

15:16 風穴下駐車場所 

   30分余の滞在で車に戻ってきた。再び霧雨になっていたが、直ぐに林道を下って広島への帰路に就くこととした。上林森林公園の園地への入口付近には、沢山のアカショウマが白い花を咲かせていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈雨に濡れた園地内の車道〉

 

 

〈アカショウマ〉

 

 

〔山行所感〕

   僅か1週間振りの風穴の訪問であったが、その一週間の間に風穴の縁の青いケシは蕾から花を散らした姿に変わり、風穴の中の蕾が開いていた。それまでの進捗に比べて随分とスピードアップしたように思える。初夏を迎えて、気温が確実に上昇してきたためであろう。青いケシもいよいよ本来の花期を迎える。ギンバイソウの蕾も色付いてきて、皿ヶ嶺が夏の花々で彩られるのも間もなくとなった。また楽しみながら山中を広く歩けるようになるのが待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2