あの花この花も咲く 花の山の散策

2012年7月22日(日)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                      〈青空をバックに咲くヒメユリ〉

 

 

 

何年か前からこの花を見に行きたいと思い続けていた。ターゲットは「7月20日」としていた。

絶滅危惧TB類に分類されている花であるので、なかなか表立っては出てこないが、

自生地は、大体の見当がついていた。

登山口に赴くと既に7台の車が既に停められていた。随分と人気の山になっているようだ。

汗をかきながら険しい登山道を登って行った。山上できっとその苦労が報われることを確信して・・・・!

 

◇◆◇ 登山口 ◇◆◇

 

登山口でシモツケソウの群生が出迎えてくれた。付近を見ると、オオバギボウシ、タキノタムラソウなども見えた。

杉の植林地の中の急坂を登って行った。やがてミズナラを中心にした灌木帯を尾根伝いに登って行った。

灌木帯に入るとママコナ、そして上るに従ってまだ元気なヤマアジサイが現れてきた。

まるでヤマアジサイ・ロードのような趣きであった。

山頂直下ではアカショウマの白い花が印象的であった。

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈シモツケソウがお出迎え〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アキノタムラソウ〉

 

 

 

〈オオバギボウシ〉

 

 

 

 

〈クサレダマ(蕾)〉

〈ママコナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈登山道の頭上が一足早く紅葉する〉

 

 

 

 

 

〈ヤマアジサイ(ピンク)〉

〈ヤマアジサイ(青)〉

 

 

◇◆◇ 頂稜部 ◇◆◇

 

頂稜部には草原と灌木帯が広がっていた。その草原のあちこちに沢山の花々が咲いていた。

お目当てであった「ヒメユリ」はあちこちに散らばって20を超える株があった。

草原の中を歩いてみると、そこには驚くほどに予想を越える沢山の種類の花々があった。

ここは素晴らしいお花畑であった。

山並みが眺望出来る稜線上は風通しが良かった。

好眺望のお花畑は別天地とも思えた。

 

 

 

〈キバナカワラマツバ〉

〈カワラマツバ〉

 

 

 

 

〈ヤマツツジ〉

〈ユウスゲ(キスゲ)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈涼風吹く山上〉

 

 

 

 

 

〈イブキトラノオ〉

〈シモツケ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈ツインのヒメユリ〉

 

 

 

 

 

〈ヒメユリ:小粒で可憐なユリである〉

〈ヒメユリの花芯部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈イブキジャコウソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                 〈カキラン〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈ウスユキソウ〉

 

 

 

 

 

〈シュロソウ〉

〈ウツボグサ〉

 

 

 

 

〈カワラナデシコ〉

〈オカトラノオ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈山域で獲物を探して舞う鳶〉

 

 

 

 

 

〈アカショウマ〉

〈ヒヨドリバナ(蕾)〉

 

 

 

〔山行所感〕

  お目当ての花も素晴らしかった。頂稜上の草原に護られて可憐に咲く小さな紅い花。いつまでもここで咲き続けて欲しいものである。またここはそのほかにも数多の花々が咲く「花の山」であった。また一つ素晴らしい「花の山」を見付けたようで嬉しいで限りである。

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2