奥出雲に晩夏の花々を訪ねる 女亀山(830.3m)・赤名湿原

島根県飯石郡飯南町・広島県三次市

2012年8月26日(日)        チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                        〈稔りの秋も近い奥出雲〉

 

 

8月ももう月末が近いというのに今年の夏は殊の外厳しい残暑が続く。

そんな折、まだサギソウが高原の湿地に咲いていると聞いて奥出雲を訪ねることとした。

今回は、島根・広島県境の女亀山(めんがめやま)と赤名湿原をセットとした。

県境のブナの叢林を渡る風に吹かれ、晩夏とはいえ数多咲く夏から秋の花々を楽しむ山行となった。

 

《山行記録》

女亀山口登山12:50・・・・13:01神戸川源流碑13:03・・・・13:16尾根筋出合・・・・13:25自然林に出る・・・・13:36女亀山神社13:37・・・・13:38女亀山(830.3m)(昼食)14:18・・・・14:29植林地に入る・・・・14:46神戸川源流碑・・・・14:56女亀山口登山

〔総所要時間::2時間06分、昼食・休憩等:0時間43分、正味所要時間:1時間23分、歩行距離:2.5q、累積標高差:±284m〕

12:50 女亀山登山口

  昼前に下赤名にある赤名湿原とそれに隣接する福田山野草の森で夏から秋の花々を楽しんでから、女亀山の登山口に車を走らせた(湿原花々は本レポートの末尾に別掲しました)。広島方面からなら、国道54号線の赤名トンネルを抜けて島根県に入って直ぐの陣谷バス停の直ぐ先で左に鋭角に曲がる車道に入り3キロメートルほど山間に入ったところに登山口はあった。車が離合するのがやや苦しい道幅しかない集落の生活道であったが、谷間の最後の民家を過ぎた最終の600メートルほどは狭くやや荒れたダートの道で、出来得れば走りたくない道であった。

  登山口には車が数台停められる広場があったが(トイレなし)、車の転回場所の確保が課題であった。この日ここに先客の車はなかった。身支度を整えて広場奥から入山した。渓流を左に見ながら杉の木立の中を緩やかに上がって行った。よく手入れされた登山道であった。直ぐに小さな橋を渡ると渓流が右手となった。オオバコなどの背の低い草で覆われた登山道は、徐々に斜度を増しながら杉林の中の谷間を縫って登っていた。登山口から10分ほどの谷間左手の一角に「神戸川源流」と刻まれた石碑が建てられていた。その碑の背後には確かに湧き水が確認出来た。神戸川(かんべがわ)はここに発して出雲の大地を流れて立久恵峡を形成してから出雲市で日本海に流入する。源流碑を過ぎると、下草の多い(ツリフネソウが主役であった)杉林の中を斜度を上げながら登って行き、最後にはジグザグを描きながら稜線部へと出た。

 

 

 

〈女亀山登山口〉

〈ここから入山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈渓流に沿って杉林の谷間を行く〉

 

 

 

 

 

〈クサアジサイ(ユキノシタ科)〉

〈ミヤコグサ(マメ科)かな!〉

 

 

 

 

〈ミズヒキ(タデ科)〉

〈ツリフネソウ(ツリフネソウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈フシグロセンノウ(ナデシコ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈神戸川源流碑〉

 

 

 

〈杉の植林地を登り行く〉

 

 

 

 

〈豊かな杉林の下生え〉

〈下生えの主役はツリフネソウ〉

 

 

13:16 尾根筋出合

  急傾斜地の巻き道はやがてヘアピンカーブを描いて二重山稜の片方の尾根筋に乗った。そこからは見事な横木の階段道が杉林の中に延びていた。よく整備されて有難い道ではあるが、登山者としては素直に喜ぶことが出来ない道でもあった。忍の一字で汗を掻きながら登って行くと、露岩を踏む辺りで県境尾根となって杉林を脱してブナを主体とした自然林の中を行く道となった。大きく立派なブナの樹が多かった。樹間の気持ちの良い道を登って行くと、最後にはちょっと急坂となってそこを登って行くと山頂広場の一角に建つ女亀山神社前に飛び出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根筋に乗る!〉

 

 

〈横木の階段道が続く〉

 

 

 

 

〈露岩の道〉

〈ブナ林の尾根筋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈見事なブナの大木)

 

 

 

13:38〜14:18 女亀山(830.3m)

  女亀山神社に参拝してから、その祠の背後の山頂広場へと上がって行った。先行者がいらっしゃったようで、単独行の男性が丁度下山の途に就くところであった。山頂広場は見事なブナの大木に囲まれたおり、眺望はないものの気持ちの良い木陰を作ってくれていた。そこで樹間を抜ける風に吹かれると猛暑の下界に比べれば全くの別天地と言えた。ゆっくりとランチタイムを取って、食後のコーヒーまで楽しんだ。山頂広場から布野方面への登山道の取り付きなどへ逍遙してみれば、樹間に琴引山から大万木山への稜線が眺望出来た。食後に登り来た道を引き返していると、北西方向には三瓶山の大きな山容も望めた。

 

 

 

〈女亀山神社〉

〈女亀山一等三角点)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部を覆うブナの大木〉

 

 

 

〈ブナ林に囲まれた女亀山々頂広場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈山頂の樹間から琴引山〜大万木山の稜線を望む〉

 

 

 

 

 

〈ブナの繁る尾根道を下山の途に!〉

〈こちらには三瓶山が望めた!〉

 

 

 

 

〈ブナの巨樹に心癒される〉

〈自然林から杉の植林地へ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ツリフネソウが斜面を覆う!〉

 

 

 

〈急傾斜面の登山道を下り行く〉

 

 

14:46 神戸川源流碑

  ブナの樹間の道を抜けてから杉の植林地の中を縫う横木で整備された登山道を下って行った。西に傾きかけた午後の陽光にスポット的に照らされたツリフネソウの下生えの陰影が一際明瞭なコントラストをつけていた。神戸川源流碑まで下って来ると斜度も緩くなってきて、生まれたばかりの渓流の水音を聞きながら快調に登山道を下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈熟したマルバフユイチゴ(バラ科)〉

 

 

 

〈フシグロセンノウの先に源流碑が〉

 

 

 

 

〈アキチョウジ(シソ科)〉

〈ヒメキンミズヒキ(バラ科)〉

 

 

14:56 女亀山登山口

  古いガイドブックでは、片道僅か30分の道程ということであったが、長年に亘って使い古して弱った脚のせいか、この暑さのせいか・・・、それより遙かに長い時間を要して登山口へ下った。登山口には我が愛車が停められているだけであった。山頂でお会いして登山者は、里の方に車を置いておられたのであろうか、或いは作木からの道を採られたのであろうか。我々は汗で汚れた衣類を着替えてから、暫し狭く荒れた道に愛車が傷つかないないかと心配しながら帰路に就いた。

 

 

 

〈登山口に下山)〉

〈登山口に立つ「島根県自然環境保全地域」の案内板〉

 

 

山行所感〕

  女亀山も赤名湿原もずっと訪ねたいと思うだけで、なかなか実現出来なった所であった。今回両方をセットで訪ねることが出来て、改めて早く訪ねるべきであったと反省した。特に、湿原を彩る湿地性植物の多さには現時点で咲くものばかりでなく年間を通じてのその豊かさには驚くべきものがあった。リピーターとなっても悪くない所と思えた。女亀山は元々女神山と称され、丹塗箭神話(にぬりやしんわ)の女神である玉依姫(たまよりひめ)が住んでいた山といわれているが、山頂の女亀山神社を除いて山中で神話的な要素を感じることはなかった。この県境(国)をはさんだこの地方の農民の信仰が篤いというその女亀山神社は、雨乞い神事が盛んであったと案内板に記されていた。雪深く、神話や伝説の多い出雲の地は何かと面白い。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

 

湿

 

女亀山に登る前に下赤名にある赤名湿原(「赤名湿地性植物群落」が正式な呼称のようである)を訪ねた。

それに隣接する福田山野草の森も併せて歩いてみた。

多くの花々に出逢えたが、その一端をご紹介します。

 

 

 

〈アキノタムラソウ(シソ科)〉

〈コバギボウシ(ユリ科)〉

 

 

 

 

〈ミゾソバ(タデ科)〉

〈キセルアザミ(キク科)〉

 

 

 

 

〈ミソハギ(キズハギ科)〉

〈サワヒヨドリ(キク科)

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈オモダカ(オモダカ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈サギソウ(ラン科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈イヌノハナヒゲ(カヤツリグサ科)〉

 

 

〈サワギキョウ(キキョウ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヒツジグサ(スイレン科)〉

 

 

〈オカトラノオ(サクラソウ科)

 

 

 

 

〈ヒメシロネ(シソ科)

〈ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

 

 

 

 

〈ヒメキンミズヒキ(バラ科)

〈シラヤマギク(キク科)

 

 

 

 

〈ゲンノショウコ(フウロソウ科)

〈ヌスビトハギ(マメ科)

 

 

 

 

〈ミズヒキ(タデ科)

〈ツユクサ(ツユクサ科)

 

 

 

 

〈オトギリソウ(オトギリソウ科)

〈ヤブラン(ユリ科)

 

 

 

 

〈キクバヤマボクチ(キク科)

〈ホツツジ(ツツジ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈ツリバナ(ニシキギ科)〉

 

 

 

 

 

〈キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)〉

〈ヤマジノホトトギス(ユリ科)〉

 

 

 

 

〈ナツズイセン(ヒガンバナ科)〉

〈オミナエシ(オミナエシ科〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ハッチョウトンボ)〉

 

 

 

〈木道が延びる赤名湿原〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈穫り入れ間近かな奥出雲の田園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈ナツズイセン咲く野辺の道〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2