山深き標高千メートルの稜線縦走 吉田毛無山(1,062m)・鉄屋山(1,051.5m)・鯛ノ巣山(1,026.4m)

島根県雲南市吉田町・同県仁多郡奥出雲町・広島県庄原市高野町

2012年9月1日(土)      「気ままな山登り」ご夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                     〈豊穣な森の中を行く縦走路〉

 

 

 

7年前の春と初夏に鯛ノ巣山、吉田毛無山にそれぞれ登って以降、

いつかその山頂の間を縦走してみたいと思い続けていた。

今回、ブナの森を歩いてみたいという「気ままな山登り」ご夫妻に声を掛けてみたところ前向きな返事。

山深く、熊が跋扈していること間違いない標高1000メートルの山域ではあるが、

ここは2台の車を縦走路の両端に配置してチャレンジすることとなった。

《山行記録》

新生坊峠9:20・・・・9:22新生坊展望台・・・・9:37毛無山展望台9:41・・・・10:11吉田毛無山(1,062m)10:20・・・・10:23スパッツ装着10:27・・・・10:47芦谷別れ・・・・11:03鉄屋山(1,051.5m)11:08・・・・11:23県境尾根を離れる・・・・11:46 1,020mピーク11:50・・・・12:44大岩・・・・12:46弁当岩12:48・・・・12:55鯛ノ巣山(1,026.4m)13:45・・・・14:21こうもり岩(六合目)12:27・・・・14:38清流水・・・・14:40鯛流水・・・・14:54登山道入口(林道出合)14:55・・・・15:10駐車場

〔総所要時間:5時間50分、昼食・休憩等:1時間25分、正味所要時間:4時間25分、歩行距離:89q、累積標高差:+666m・-1,136m

 

 9:20 新生坊峠

  鯛ノ巣山登山口の駐車場に一台車を置いてから、もう一台の車で縦走出発点の新生坊峠へ上がった。峠で身支度を整えていると、二台の車が広島県側から上がって来た。広島市可部からの7人のグループの方々で、吉田毛無山をピストンされると言う。この山域としては珍しくも賑やかなこととなった。一足早く我々が出発した。峠の左手を回り込めば直ぐに東屋のある新生坊展望台、そこから山裾を巻いて登山道が延びていた。吉田毛無山までは島根県民の森の一部で、いつも登山道は綺麗に整備されており心配のない区間である。秋の花々を鑑賞しながら、ノンビリと歩いた。徐々に高度を上げる登山道から振り返れば、大万木山の大きな山体が山頂付近にガスを被って横たわっていた。

 

 

 

〈新生坊峠〉

〈新生坊展望台〉

 

 

 

 

〈フシグロセンノウ(ナデシコ科)〉

〈ヤマジノホトトギス(ユリ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈キクバヤマボクチ(キク科)〉

 

 

〈ツリガネニンジン(キキョウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈振り返ると大万木山の大きな山体が!〉

 

 

 

 

 

〈ホツツジ(ツツジ科)〉

〈ツルリンドウ(リンドウ科)〉

 

 

 

 

〈アキノキリンソウ(キク科)〉

〈ヤマハッカ(シソ科)〉

 

 

 9:37〜9:41 毛無山展望台

  出発して15分程で草地の小ピークに到達した。「毛無山展望台」という名標が立てられていた、毛無山だけでなく周囲360度の眺望が得られた。大万木山や遠く三瓶山の眺望が印象深かった。吉田毛無山まではまだ少し距離が残っていたが、ここからも良く整備された登山道が続いていた。前日までの猛暑から急に秋めいた気象となってはいたが、汗は相変わらず噴き出し始めていた。それでも快調に歩を進めた。歩き易い道であったが、吉田毛無山直前の登りだけは険しかった。

 

 

 

〈毛無山展望台から吉田毛無山を望む〉

〈等検境の先に三瓶山を望む〉

 

 

 

 

〈カワラナデシコ(ナデシコ科)〉

〈ママコナ(ゴマノハグサ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈よく整備された登山道を行く〉

 

 

 

 

 

〈ワレモコウ(バラ科)〉

〈モミジハグマ(キク科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈吉田毛無山のピーク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈クワガタを発見!〉

〈アキチョウジ(シソ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈吉田毛無山々頂直下のブナの美林〉

 

 

 

10:11〜10:20 吉田毛無山(1,062m)

  吉田毛無山の山頂で小休止。これからの難路に備えて小腹を満たしていると、可部からのグループもやって来られた。暫し交歓してから、我々は先に進むこととした。綺麗に刈り払われた吉田毛無山々頂をちょっと外れると、登山道はもう笹で覆われていた。朝露が雨かよく分らないが、笹はかなり濡れていたので、我々はスパッツを着けた。地形図を見ると、次の鉄屋山までの間に2つのピークがあった。いずれも小ピークで楽に越えることが出来たが、2つ目のピークを越えた先に「芦谷別れ」の分岐があった。島根県側の吉田に下る分岐で、この縦走路で唯一エスケープルートとして活用出来るルートと言われているものの、道筋は殆ど薮の中に消えているようであった。そこからやや下ってからからの鉄屋山への登りは高低差もちょっと大きく、傾斜もかなりきついものがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈吉田毛無山々頂〉

 

 

〈山頂の蛸ブナ〉

 

 

 

 

〈笹に覆われた鯛ノ巣山へ向かう道〉

〈長い尾根の先に目指す鯛ノ巣山が見えた!〉

 

 

 

 

〈笹を掻き分けて進む〉

〈芦谷別れ:道中のエスケープルートはここだけ〉

 

 

 

 

〈ピークを越えると「鯛ノ巣山」を指す指導標が現れる〉

〈ピークの手前には「毛無山」の指導標が立つ〉

 

 

11:03〜11:08 鉄屋山(1,051.5m)

  鉄屋山は吉田毛無山から先の縦走路上の最高地点である。三等三角点もあるので、広場もあってのびやかな山頂かと期待していたものの、笹で覆われた狭い所で、三角点も草叢に隠れるように建っていた。早々に先に進むこととした。鉄屋山から2つ目のピークを越えると、登山道は島根、広島県境を外れて進行方向をやや北東に変えて島根県に入り、鯛ノ巣山へのアップダウンの少ない台地形の稜線部を行くようになった。日当たりの良い所は笹が被さっているが、樹林の中に入ると、ふんわりと腐葉土の積もった柔らかい道となった。概して比較的良く踏まれており、そんなに歩き辛い道ではなかった。これから行く尾根筋を前方に眺めながら先に進んで行った。いよいよ縦走路の半ばで、最奥部まで入って来たといった感じであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈鉄屋山の三等三角点:この日の最高点であった〉

 

 

〈三角点は笹の下に埋もれていた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈樹々越しにこれから越えて行く小ピーク群を望む〉

 

 

 

 

 

〈笹とブナに覆われた小ピークを越える〉

〈実を落としたツクバネソウ(ユリ科)

 

 

 

 

 

 

 

 

                     〈これから辿る尾根筋、谷の向こうには猿政山が聳える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈若いブナ林、雪深い所ゆえ全部の樹々が曲がっている!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈傷付いてなお元気なブナの古木〉

 

 

11:46〜11:50 1,020mピーク

  地形図に1,020メートルの標高が記されているピークは、密なブナ林に囲まれてやや薄暗いほどに鬱蒼としていた。稜線上にはこの前後から実に素晴らしいブナの森が展開していた。恐羅漢山の裏の台所原のブナ林が素晴らしいが、ここのそれは規模、樹齢など或いは台所原を凌駕するものであるかも知れない。兎に角歩いていて実に楽しい森であった。季節を変えて、また来てみたいとも思った。この森の中で、11名の元気な登山隊と擦れ違った。大きなザックで大万木山を目指すと仰っておられた。吉田毛無山と鯛ノ巣山の間で逢った唯一の登山者であった。1,020メートルピークを出てから、小一時間で大きな岩の下に出た。岩の左手にロープが張られた巻き道があった。それを登って行くと、曾遊の地である猿政山を正面に眺望する展望岩に出た。今はその岩も「弁当岩」と呼ばれているようである。鯛ノ巣山の山頂はそこから5分程の距離であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹間に鯛ノ巣山を見る〉

 

 

 

〈樹々に包まれ鬱蒼とした1020mピーク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ハグするミズナラとカエデの樹〉

 

 

〈美林の中を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈何を想う・・・?〉

 

 

 

〈堂々と聳えるブナの大木!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈遊泳するブナ〉

 

 

11名の登山隊が行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈森の主の登場か!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈尾根の笹越しに猿政山、大毛無山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈八国見山方面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ここにも巨大な蛸ブナが・・・!〉

 

 

 

 

〈この大岩を回り込んで登ると弁当岩に出た!〉

〈弁当岩から正面に猿政山を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

               〈弁当岩から振り返ると大万木山と越えて来たピーク群が望めた〉

 

 

 

12:55〜13:45 鯛ノ巣山(1,026.4m)

  新生坊峠から3時間35分、吉田毛無山から2時間35分で鯛ノ巣山に到達出来た。ほぼ予定通りであった。山頂には米子から来られたという男女お二人の姿があった。南からの暖気と北からの寒気がぶつかって天気は冴えなかったものの、山上から出雲ドームや宍道湖、更には船通山の先に大山のシルエットも眺めることが出来て満足であった。山頂でゆっくりと遅い昼食を摂ってから、こうもり岩のある正面登山道を採って下山することとした。登山道に関する7年前の記憶は全くなく、こうもり岩の大きさと険しさに改めて驚いた。

 

 

 

〈鯛ノ巣山々頂〉

〈鯛ノ巣山からの奥出雲の眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈霞んではいたものの、奥出雲の大眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             下山路も豊穣なブナ林の中に延びていた

 

 

 

 

 

〈カニコウモリ(キク科)

〈ツルニンジン(キキョウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈コウモリ岩〉

〈指導標〉

 

 

 

 

〈ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

〈鯛ノ巣山登山道入口〉

 

 

15:10 駐車場

  鯛ノ巣山々頂から思っていたより随分と長い時間を要して朝方車を回送していた駐車場へと下った。登山口の案内板によれば、鯛ノ巣山の山頂までの所要時間は100分とのことなので、1時間半足らずの下山の所要時間もまま妥当なところではあったようだ。かくして、無事に長い間夢見ていた縦走を成就することが出来た。あと、車をピックアップに新生坊峠へ戻らないといけなかったが・・・・・!

 

 

 

〈コオニユリ(ユリ科)〉

〈駐車場のある里に下山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈立派な名標〉

 

 

 

〔山行所感〕

  積年の縦走の願望を叶えることが出来て満足な山行であった。登山道は予想していたより遙かに条件が良く、ストレスをさほど感じることがなく歩き通すことが出来た。それに加えて、この山域のブナの森の素晴らしさは特筆すべきものであった。今はとても良い山行であったと大いなる満足感の中にいる。ご一緒頂いた「気ままな山登り」ご夫妻にも感謝を申し上げなければならない。ご一緒出来たが故に成就することが出来た山行でした。また季節を違えて行ってみたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2