秋の風情の増す草の峰を散策  深入山(1,152.7m)

広島県山県郡安芸太田町

2012年9月7日()    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                    〈深入山のキキョウ(キキョウ科)

 

 

 

例年8月下旬に秋の風情を先取りする目的で訪ねる深入山であったが、今年は9月に入ってしまった。

週末は雨模様との予報に急遽訪ねた深入山であったが、

さすがに9月に入って1週間も経とうという頃とあって、草原を飾る花々はすっかりと秋の趣きであった。

ただ陽射しだけはまだ夏の名残りの面持ちで、汗を掻きながらの散策登山となったが、

時折吹き渡る風には確かに秋の涼味が感じられた。

 

《山行記録》

深入山グリーンシャワー駐車場10:10・・・・10:12・・・・深入山南登山口10:16・・・・11:20百畳岩11:22・・・・11:24東・南登山道合流点・・・・11:34深入山(1,152.7m)11:40・・・・11:50九合目東屋(昼食)12:29・・・・12:33八畳岩・・・・12:43見晴らし岩12:44・・・・12:59水場・・・・13:05西登山道分岐・・・・13:28西登山口方面巻き道分岐・・・・13:34大谷分岐・・・・13:40深入山グリーンシャワー駐車場

〔総所要時間:3時間30分、昼食・休憩等:0時間52分、正味所要時間:2時間38分、歩行距離:4.5q、累積標高差:±387m〕

 

10:12 深入山南登山口

  今回もグリーンシャワーの駐車場に車を停めて南登山口から入山した。平日とて駐車場に先客の車はなかったが、身支度を整えている間に単独行の女性が来られてほぼ同じ頃に林間コースを登って行かれた。曇り勝ちの天気ではあったが、雲間が空くと陽光が容赦なく降り注いだ。すっかりススキの穂で両サイドが彩られた南登山道の急坂を登って行くと、汗が止め処もなく流れた。楢の葉陰に入って陽を遮り風に吹かれると生き返るかの如くであった。そんな登山道ではあったが、沿道の草原に咲く花々や眺望する景観は、もうすっかり秋の風情であった。夏の終わりに群落を作るように数多咲くキキョウの姿は少なくなっており、今はヤマハギが全盛といったところであった。

 

 

 

 

 

 

〈深入山南登山口〉

 

 

 

 

 

 

〈シラヤマギク(キク科)〉

〈サワヒヨドリ(キク科)〉

 

 

 

 

〈コウゾリナ(キク科)〉

〈シュロソウ(ユリ科)〉

 

 

 

 

〈ワレモコウ(バラ科〉

〈ノギラン(ユリ科)〉

 

 

 

 

〈ママコナ(ゴマノハグサ科)〉

〈ツリガネニンジン(キキョウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヤマハギ(マメ科)〉

 

 

〈今花盛りのヤマハギ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈キキョウ(キキョウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈秋景色〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈ススキ越しに深入山々頂を望む〉

 

 

 

 

 

〈オヤマボクチ(キク科)〉

〈クルマバナ(シソ科)〉

 

 

 

 

〈オケラ(キク科)〉

〈マツムシソウ(マチムシソウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ゲンノショウコ(フウロソウ科)〉

 

 

〈ハルノタムラソウ(シソ科)〉

 

 

11:20〜11:22 百畳岩

  百畳岩まで一時間以上の時間をかけてゆっくりと上がった。岩の上を渡る風は秋の涼気に満ちていた。いこいの村から上がってくる東登山道を併せて山頂への最後の急坂を登って行った。草地に咲くのはママコナやヤマハギの秋の花、ススキの草原の向こうに恐羅漢山や十方山の山並みが望めた。不安定な天気に雲が不気味に立ち昇る空はすっかりと高くなって秋の訪れが感じられた。

 

 

 

〈百畳岩〉

〈カワラナデシコ(ナデシコ科)〉

 

 

 

 

〈東・南登山道が合流〉

〈南尾根を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈秋の足音が聞こえるよう・・・・〉

 

 

 

11:34〜11:40 深入山(1,152.7m)

  雲の多い空であったが、深入山山頂からは意外に遠くまでクリア―な眺望が開けていた。これも秋の爽やかな天候のなせるところであろうか。山頂には林間コースを登った単独行の女性が先に到着して休んでおられた。その女性が林間コースから先に下山の途に就かれたのを追うように、我々も陽光の強い山頂は無用と早々に九合目の東屋で昼食を摂るべく同じ道を下り始めた。北面の草地にも沢山の花々が咲いていた。中でもマツムシソウ、アキノキリンソウ、ワレモコウといった花々が多かった。風の通りが良く涼しい東屋でゆっくりと昼食を摂ってから、北側に聳える臥龍山などを眺めながら林間コースを辿って下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈深入山々頂〉

 

 

 

 

 

〈阿佐山方向の眺望〉

〈聖湖、高岳方面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈トンガリ山、臥龍山を眺めながら下山の途に〉

 

 

 

 

 

〈ヤマジノホトトギス(ユリ科)〉

〈アキノキりンソウ(キク科)〉

 

 

 

 

〈マツムシソウに囲まれた九合目東屋〉

〈深入山山頂部を仰ぐ〉

 

 

 

 

〈ホクチアザミ(キク科)〉

〈オミナエシ(オミナエシ科)〉

 

 

 

 

〈オトギリソウ(オトギリソウ科)〉

〈マルバハギ(マメ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈八畳岩から深入山山頂部を望む〉

 

 

 

12:43〜12:44 見晴らし岩

  見晴らし岩から眼前に今年の冬に登った向真入山を、ずっと先に西中国山地の盟主である恐羅漢山や十方山を望んだ。山深さが感じられる景観でもある。あとは林間を行く登山道を辿るだけであるが、途中に水場があり、西尾根の東屋の下ではちょっとだけ草原の中の巻き道を抜ける。水場はこのところの雨の少なさに、随分と細い水流となっていた。山頂が望める草地の中の巻き道を抜けてミズナラ林に入ると、林床をびっしりと覆う下生えの笹がとてつもなく勢いがあるように感じられた。樹々が紅葉を始める前の一時が、この笹が森の中で最も美しい時のかも知れない。

 

 

 

〈見晴らし岩から向真入山、恐羅漢山方面を眺める〉

〈林間コースを下る〉

 

 

 

 

〈キバナアキギリ(シソ科)〉

〈ツルニンジン(キキョウ科)〉

 

 

 

 

〈西尾根の東屋の下から山頂部を振り返る〉

〈ミズナラ林の中の三差路〉

 

 

 

 

〈カタバミ(カタバミ科)〉

〈ハバヤマボクチ(キク科)〉

 

 

13:40 深入山グリーンシャワー駐車場

  ミズナラの森を抜けるとグリーンシャワーのグランドゴルフコースの上を通る水平道となって南登山口へと戻る。森を出たところに、ママコナの大群落があって驚いたが、水平道の左側の深入山の裾の草地の中にはツリガネニンジンを除いて花が少なかったのは意外であった。この辺りは晩夏の方がキキョウやオミナエシと言った花々が多いようだ。帰り着いた駐車場には、車が10台足らず停められていた。管理棟に立ち寄って冷たい飲み物などを頂いていると、管理人さんから10月7日(日)に開催される第6回安芸大田ウォーキング大会IN深入山 もみじウォーク」へのお誘いを頂いた。

 

 

 

〈ママコナの群生〉

〈グリーンシャワー駐車場〉

 

 

〔山行所感〕

   9月の深入山には8月のそれとはまた違う沢山の花々が咲いていた。季節は確実に秋に向かっていることを実感するこの時期であるが、自然界はやはり確実に季節の歩みを進めており、我々に「もうここまで進んでいるよ!」と教えてくれているようだ。手軽に登れる深入山であるが、やはりこの山はこの山域の植物の鑑でもあるようだ。ここをひと歩きすると、西中国山地の季節の変化や、その時期に咲く花々の概要が分ると言えよう。貴重な山である。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2