霧の馬の背を歩く 蔵王山 : 熊野岳(1,840.5m)・刈田岳(1,758.0m)+紅葉

山形県上山市・宮城県柴田郡川崎町

2012年10月15日(月)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                  〈霧の中から現れた御釜、最高峰のの熊野岳はまだ霧の中〉

 

 

 

恒例の秋の東北遠征に出ました。

昨年は東北の天気が悪く、東北まで達することが出来ませんでしたが、今年は大丈夫なようでした。

前夜車を停めた日本海東北道の豊栄サービスエリアを早朝に発ち、小国街道(国道113号線)を走って、

遠征最初の山の蔵王山へと赴きました。

 

《山行記録》

蔵王刈田岳山頂駐車場13:35・・・・13:39御釜展望台13:40・・・・14:06馬の背分岐14:07・・・・14:14熊野十字路(熊野岳避難小屋)14:19・・・・14:27熊野岳(1,840.5m)(熊野神社)14:40・・・・14:53馬の背分岐・・・・15:07御釜上の柵・・・・15:30御釜展望台・・・・15:33刈田岳(1,758.0)15:42・・・・15:44御釜展望台15:46・・・・15:49蔵王刈田岳山頂駐車場

〔総所要時間:2時間14分、休憩等:0時間31分、正味所要時間:1時間43分、歩行距離:6.1q、累積標高差:±276m

 

厚い霧に閉ざされた蔵王の峰々の霧が晴れるのを待つ

 

エコーラインを走って午前8時過ぎに蔵王刈田リフト乗り場まで上がってみた。

山頂部直下の沿道はきれいに紅葉していたが、リフト乗り場の手前から上は厚い霧に包まれており広い駐車場には一台の車の影もなかった。

天気予報は「雨の心配はなく午後には晴れる」と伝えていたので、山が晴れるのを待つことにした。

麓の蔵王温泉に下って温泉に浸かったり、温泉街を散策して時間を費やした。

昼頃になって、山の霧はまだ晴れないものの、霧の下端の線が大分高度を上げて来た様子であったので、

エコーライン沿道の紅葉を鑑賞しながら稜線部へと上がって行くこととした。

 

 

 

 

 

 

 

                              〈蔵王の山頂部は厚い雲に隠されていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈蔵王温泉・大露天風呂の玄関〉

 

 

〈大露天風呂に入ってみた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                 〈昼過ぎになって、やっと陽が射し始めた紅葉したエコーライン〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈エコーライン沿いの紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈蔵王刈田リフト沿いの紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈紅葉した丘陵の先は霧に閉ざされた熊野岳〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈霧立ち昇る蔵王山頂直下〉

 

 

 

 

霧の中を最高峰・熊野岳への山行を決行する

 

エコーラインから蔵王ハイラインで刈田岳山頂直下の蔵王刈田岳駐車場まで上がってみると、

強い風に流されるガスが周囲の景観を開いたり閉ざしたりを繰り返していた。

この悪天にも拘わらず、駐車場には沢山の観光バスと乗用車が停められていた。

急速にこの天気が回復する気配はなかったが、

時間も押して来ていたのでガスに包まれた熊野岳までのピストン山行を敢行することとした。

 

13:35 蔵王刈田岳駐車場

  本来は蔵王温泉をベースにしていろは沼を経由して熊野岳を目指したかったのであったが、この悪天下であるので刈田岳・熊野岳間のピストンと言うお手軽コースを採ることとなった。御釜の眺望が開いたり閉ざされたりするのに一喜一憂する大勢の観光客の群れを後にして霧に閉ざされた馬の背の尾根に踏み込んで行った。馬の背に観光客の姿はなく、直ぐに静寂の世界となった。一時的にガスが開けて青空も見え熊野岳も姿を見せてくれたが、それはほんの束の間のことで直ぐにまた厚いガスに包まれてしまった。ガスに包まれても、登山道沿いには丸太の柱が列をなして立てられており、その影を辿って行けばまず迷うことなかった。

 

 

 

〈刈田岳駐車場脇に建つ県営蔵王レストハウス〉

〈団体客の貸切バスで満杯の駐車場〉

 

 

 

 

〈霧の中から現れた御釜〉

〈霧に閉ざされた馬の背に向けて出発〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈瞬間的に霧が晴れて最高峰の熊野岳が姿を現した〉

 

 

 

 

 

〈登山道に沿ってこの丸太の柱の列が続く〉

〈瞬間的に開いた青空〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈馬の背から御釜を見下ろす〉

 

 

 

 

 

〈霧に巻かれた登山道〉

〈登山道以外は植生保護のため立入禁止〉

 

 

14:06 馬の背分岐

  「馬の背分岐」の指導標の立つ地点から御釜の火口壁の上の稜線を離れて熊野岳への登りに掛かった。ルートは二つあり、ここは右手の道を採って熊野十字路を経由して熊野岳に至り、復路は熊野岳から直接ここに下ってくる道を辿ることとした。濃いガスの中を丸太の柱の影を追って火山質の荒れた急坂を登ること僅か7分程で稜線部の熊野十字路に達した。ここには岩で形作られた避難小屋や古い岩小屋跡があり、山上の要衝であることが推察出来た。十字路を左に採って、広い尾根上の登山道をちょっと低くなった木の柱に導かれて熊野岳へと辿って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線上の熊野十字路に登り行く荒れた登山道)〉

 

 

 

〈馬の背分岐の指導標〉

 

 

 

 

〈熊野十字路に立つ指導標〉

〈熊野十字路に建つ熊野岳避難小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩小屋跡〉

 

 

〈遭難碑が建つ〉

 

 

 

 

〈熊野岳へ続く尾根上の登山道〉

〈山の神々を祀る石塔も多い〉

 

 

14:27〜14:40 熊野岳(1,840.5m)

  刈田岳駐車場から1時間も経たないうちに蔵王最高峰の熊野岳に到達した。濃い霧の中に熊野神社の白い鳥居が出迎えてくれた。鳥居を潜って神域に入ると神社の中にも立派な避難小屋が設えられていた。祠に参拝してから神社の裏手に回り込んでみると、そこがこの山の頂きで二等三角点や山頂標識のある広場になっていた。広場の一角には齊藤茂吉先生の歌碑も建てられていた。晴れていれば、ここからは周囲360度の大眺望が得られるのであろうが、それは望むべくもなく、帰り道を見失わないことが肝要であった。濃霧の中での暫しの滞在の後、山頂から馬の背分岐へ直接下る道を採って下山の途に就いた。

 

 

 

〈熊野岳山頂み祀られた熊野神社〉

〈熊野神社の祠〉

 

 

 

 

〈神社内にも避難小屋があった〉

〈神社に並んで熊野岳の山頂標識が立てらていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈齊藤茂吉歌碑〉

〈「日本観光百選第一位」の碑〉

 

 

 

 

〈山頂から馬の背分岐へと続く登山道〉

〈下って行けば御釜に出合う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈シロタマキ(ツツジ科)の白い実〉

 

 

 

14;53 馬の背分岐

  馬の背分岐に戻ってきたが、往路と同様に濃い霧の中であった。ここからは丸太に導かれて御釜の火口壁の上の「馬の背」と呼ばれる稜線上を戻ることとなる。熊野岳への往きには従順に尾根筋の登山道を辿ったが、復路は火口壁の直ぐ上に設けられたコンクリート製の柵に沿って歩いてみることとした。本来の登山道ではないのであろうが、御釜をずっと覗き込める楽しい道筋であった。刈田岳に近づくにつれて観光客の姿が多くなって行ったが、まだ霧がすっきりと晴れはせず、御釜見物の観光客を一喜一憂させる天気の儘であった。刈田岳のピークも踏んでおこうと、観光客の多い御釜展望台脇を擦りぬけて山頂へのよく整備された遊歩道を辿った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈濃い霧の中、丸太の柱を辿って下って行く)〉

 

 

 

〈馬の背分岐の道標に再会〉

 

 

 

 

〈御釜の上部に巡らせた柵〉

〈柵に沿って刈田岳へ向かった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈柵越しに御釜を覗き見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈火口原を彩る紅葉)〉

 

 

 

〈御釜と火口原〉

 

 

 

 

〈荒々しい御釜から続く濁川の渓谷〉

〈刈田岳を見上げる〉

 

 

15:33〜15:42 刈田岳(1,780.0m)

  遊歩道を登り始めた時には霧が開いていたが、刈田岳の山頂に立つとまたしても濃いガスに包まれてしまった。広い山頂広場には多くの碑が建てられていたが、濃霧の中でそれらの碑文を読むことは出来なかった。広場の一角を占める刈田嶺神社には神官が上がって来ておられるようで、午後4時を前にした時間となって社務所の戸締りに取り掛かっておられた。我々も、山頂を後にして駐車場へ戻ることとした。

 

 

 

〈御釜展望台から刈田岳へ続く遊歩道〉

〈刈田岳山頂〉

 

 

 

 

〈山頂の一角に建つ刈田嶺神社〉

〈刈田岳の広い山頂には多くの碑が建つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈ケルンが多いのも刈田岳山頂の特色だ〉

 

 

 

15:49 蔵王刈田岳駐車場

  駐車場へ帰る道から見た御釜はまだ霧に閉ざされたり晴れたりしていた。県営レストハウスを挟んで西側にある駐車場側は午後の遅い時間となって西に傾いた陽が霧の海の下から射し始めたようで、逆光の眩しい光の中に周囲の斜面上の紅葉群に彩りを添え始めていた。

 

 

 

〈御釜展望台〉

〈下山した頃、眩しい西陽が射すようになった〉

 

 

 

夕暮れ近い斜光の中の紅葉に陶酔しながら蔵王エコーラインを下る

 

霧の中の山行を終えて刈田岳駐車場から蔵王ハイライン、エコーラインを下る頃になって、

やっと蔵王のお山に安定した陽射しが届くようになった。

盛りを迎えた山頂直下の紅葉と夕方の斜光との饗宴に陶酔しながらドライブウェイを下った。

名残惜しい夕暮れの蔵王であった。

 

 

 

 

 

 

 

                              〈夕刻になってやっと晴れてきたようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈エコーラインを行く観光バス〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈西陽を受けて輝く紅葉樹〉

 

 

 

〔山行所感〕

  東北遠征の第一日目は辛抱の一日であった。秋の東北遠征の第一の目的は一足早く山の紅葉を楽しむことであるが、待ちに待った蔵王の山を覆う霧が晴れることは一日中なかったものの、山頂直下の盛りの紅葉のだけは何とか見せてくれたようであった。辛抱の末に御釜と紅葉だけは楽しめた蔵王であった。これを是とせねば山の神に叱られそうである。蔵王からの大眺望はまたの機会に取っておくことにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2