紅葉の修験の霊山を歩く 月山(1,984m)・姥ヶ岳(1,669.7m)

山形県西村山郡西川町・同県東田川郡庄内町・同県鶴岡市

2012年10月16日    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                      〈姥ヶ岳付近から望む月山〉

 

 

 

東北遠征の二日目は蔵王から北西に走って修験の山・月山に転じた。

紅葉の季節ゆえに樹林のある南側の姥沢口から登ることとした。

冷え込みが足りず遅れ気味で出来の悪いと言われる今秋の紅葉であるが、

登山口から迎えてくれた月山の紅葉は我々西日本から来た者にはこの上もなく見事なものであった。

 

《山行記録》

姥沢駐車場(気温7)8:18・・・・8:28月山登山口8:29・・・・8:34月山ペアリフト下駅8:37――8:51ペアリフト上駅・・・・9:03姥ヶ岳分岐9:11・・・・9:31凹地分岐・・・・10:04牛首・・・・10:23(大休憩)10:30・・・・10:55鍛冶小屋跡10:56・・・・11:05芭蕉句碑・・・・11:15月山 (1,984)12:21・・・・12:35鍛冶小屋跡・・・・13:09(休憩)13:12・・・・13:14牛首・・・・13:38金姥・・・・13:58姥ヶ岳(1,669.7m)14:07・・・・14:25牛首方面分岐・・・・14:31ペアリフト上駅14:34――14:49ペアリフト下駅14:55・・・・15:00月山登山口・・・・15:07姥沢駐車場

〔総所要時間:6時間49分、昼食・休憩等:1時間47分、正味所要時間:5時間02分、歩行距離(除リフト)9.2q、累積標高差(除リフト):±783m〕

 

 8:18 姥沢駐車場

  朝の姥沢には続々と登山者の車がやって来ていた。500台の収容能力があるという大型駐車場に車を停めた。駐車場から見上げる月山や姥ヶ岳の山頂部はガスに包まれていたが、身支度を整えて出発する頃にはそのガスも晴れて見事に紅葉した山がその全貌を現してくれた。駐車場から10分程行った姥沢小屋下の登山口で「月山環境美化協力金」(200/人)を納めて月山ペアリフト下駅へ向かう舗装された坂道を登って行った。

 

 

 

〈姥沢駐車場から仰ぐ朝の月山々頂部〉

〈ガスに包まれた姥ヶ岳を仰ぐ〉

 

 

 

 

〈ガスが開いた山を見上げながら姥沢を出発〉

〈姥沢小屋の下が登山口〉

 

 

 8:34〜8:37 月山ペアリフト下駅

  姥沢小屋近くからブナ林を抜けて行く登山道もあったが、今回は遠征での連続登山であるのでリフトを使って少しでも楽をすることとした。スキーで使われるペアリフトが標高差300メートル足らずの間を15分ほどの時間をかけて標高1,500メートルの上駅まで運んでくれた。リフト上からみた姥ヶ岳の南稜は紅葉のピークを迎えていた。ペアリフト上駅には月山遥拝所が設置されていた。頭上には秋色に染まった姥ヶ岳の山頂部が迫っており、そこに向かって複線の木道が延びていた。 

 

 

 

〈月山ペアリフト下駅〉

〈先ずはリフト利用で楽ちん山行!〉

 

 

 

 

〈秋の彩り深まる山上へ・・・!〉

〈リフトから望む紅葉に彩られた姥ヶ岳南稜〉

 

 

 

 

〈ブナの樹も黄金色に変身中!〉

〈秋色に染まった姥ヶ岳を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

〈ペアリフト上駅の先に月山山頂が覗く〉

〈木道を辿って月山へと向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈月山遥拝所が併設されたペアリフト上駅を振り返る〉

 

 

 

9:03〜9:11 姥ヶ岳分岐

  ペアリフト上駅から数分で姥ヶ岳と月山への分岐に出合った。姥ヶ岳へは下山時に寄ることとして、ここは月山への道を採った。登山道は姥ヶ岳の東面を巻いて牛首へと延びていた。周囲はカール状の西俣沢の段丘で今が盛りの黄色を主体にした紅葉や草紅葉が見事で息を呑む程であった。秋色の高層草原のこれほどの大眺望を見ることが出来るだけで幸せな気持ちになれた。小一時間、そんな景観の中を歩いた。

 

 

 

〈左:姥ヶ岳、右:月山、ここは右へ〉

〈巻き道を辿って月山へ向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈草紅葉の斜面の先に月山山頂部を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈月山南稜を背に広がる紅葉と草紅葉の西俣沢の谷〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈姥ヶ岳東面を仰ぎながら行く登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西俣沢の段丘の道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈巻き道から姥ヶ岳を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈南西方向には雄大な朝日連峰が望めた〉

 

 

 

10:04 牛首

  牛首で姥ヶ岳方面からの登山道と合流した。合流点の直ぐ先にベンチのある休憩所があったが、そのまま進むと5分程で稜線上に出た。そこからは北方向の庄内平野の大眺望を得ることが出来た。鍛冶月光と呼ばれるその地点から、いよいよ月山頂稜部へ上がる石段状の急坂が始まった。休憩を挟みながらその急登を登り切ると鍛冶小屋跡であった。古にはここで月山丸という日本刀が鋳造されていたという。今は取り壊された建物の遺構の石積みが残っており、そこに稲荷神社が祀られていた。何故かその祠の前に折り倒された鳥居の上部だけが安置されていた。鍛冶屋敷跡からの緩斜面の草叢は氷を纏った草の原っぱとなっていた。風の強いこの一角である、その寒風が草地に霧氷を形成したようであった。観察していると、草氷の間に新雪が少しながら残っていた。ここ数日の間に、月山にも初雪があったようであった。芭蕉の句碑(「雲の峯幾つ崩れて月の山」)を過ぎて頂上台地に出ると、その沿道にも雪が残っていた。

 

 

 

〈牛首の合流点〉

〈鍛冶月光まで上がると庄内平野の眺望が拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈ペアリフト上駅方面を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈鍛冶小屋跡にある折れた「鍛冶稲荷神社」の鳥居)〉

 

 

 

〈鍛冶小屋跡への急坂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈枯れ草に付着した霧氷〉

 

 

〈霧氷&残雪〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈芭蕉の句碑〉

〈雪の残る頂稜台地に到達〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈頂稜部の池塘越しに蔵王の山塊を望む〉

 

 

 

 

 

〈月山山頂小屋の先に山頂にある月山神社を望む〉

〈山頂小屋の日陰にあったエビの尻尾〉

 

 

11:15〜12:21 月山(1,984m)

  月山の山頂は月山神社の神域となっており、そこには本殿のほか幾つかの祠が祀られてあった。石積みに囲まれた神域に上がって、本殿に参拝した。本殿の裏手に回って石積みの上から覗いてみると、遙か北方向に雲の上に頭を出した鳥海山を眺めることが出来た。月山山頂からはその他周囲360度の大眺望を得ることが出来た。長いランチタイムを取りながら、それらの景観を楽しんだ。また、山頂でビデオカメラを構えた方に声を掛けてみると、NHKのBSで放送している「にっぽん百名山」の補充撮影とのことであった。本番の撮影時には悪天で眺望が得られず、その補完のために好天のこの日に仙台から駆け付けられたようであった。番組作りもなかなか大変なようだ。またこの日西吾妻山に登っておられたリンク先のランボーさんから「月山が見えるよ・・・!」とのメールを頂いた。こちらからも「吾妻山が見えますよ!」とお返しした。長いランチタイムを終えて下山の途に就くこととし、暫し登り来た道を引き返した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部を占める月山神社の境内〉

〈月山神社本殿〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                          〈月山神社の裏手から雲上の鳥海山が望めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈遙か南方向には吾妻連山が横たわる〉

 

 

 

 

 

〈山頂でまったりとランチタイム〉

〈姥ヶ岳への尾根筋を俯瞰する、右手奥は湯殿山(1500m)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈いつしか冠雪した鳥海山が大きな姿を現していた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    〈東方には念仏ヶ原へと下る高層草原が拡がる、遙かに構えるのは葉山(1,462m)〉

 

 

 

 

 

〈月山神社を後に下山の途に就く〉

〈鍛冶小屋跡付近から姥ヶ岳への尾根筋を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈朝日連峰の先には飯豊連峰が望めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈西俣沢の段丘を俯瞰〉

 

 

 

13:14 牛首

  牛首に戻って、ここからは姥ヶ岳への稜線漫歩を楽しむこととした。なだらかな山上の遊歩道が柴灯森(さいとうもり)のピークを巻いて姥ヶ岳へと延びている。左手の西俣沢の段丘の高層草地や月山山頂方面の好展望地でもあり、時に絶景に立ち止まりながら、気持ち良く歩いた。姥ヶ岳へ掛かる直前に、「金姥」(かなうば)と呼ばれているちょっとした鞍部があり、そこからは湯殿山神社へと下る道が分岐していた。その金姥からひと登りで、高層湿原の広がる姥ヶ岳に到達した。

 

 

 

〈牛首の分岐、ここは右の道を採る〉

〈暫しなだらかな山上の道を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈西俣沢の段丘の高層草原を俯瞰〉

 

 

 

 

 

〈月山山頂部を振り返る〉

〈金姥への下りの先は姥ヶ岳の山頂部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西俣沢へと下る東斜面〉

 

 

 

〈柴灯森の草紅葉〉

 

 

13:58〜14:07 姥ヶ岳(1,669.7m)

  姥ヶ岳の山頂には回遊式の木道が設置されており、ここからも周囲360度の大眺望を得ることが出来た。雲に大分隠されてはいたが、ここからも鳥海山が望めた。ペアリフト上駅から至近の展望台であるとも言えようか。この季節は、何よりも紅葉の絨毯を敷いたような、西俣谷の段丘が絶景と言えた。ここから俯瞰する黄金色の段丘は筆舌に尽くし難い程に美しかった。つい長居をしてしまいそうであったが、絶景の鑑賞を早めに切り上げて下山の歩みを続けることとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈姥ヶ岳山頂〉

 

 

〈姥ヶ岳から望む秋色の月山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈姥ヶ岳東面の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈木道を辿ってペアリフト上駅に向け下り行く〉

 

 

 

14:31〜14:34 ペアリフト上駅

  姥ヶ岳の山頂からペアリフト上駅までは至近の距離であった。午後の陽射しを浴びて駅の背後のブナの森の紅葉も燃えるように輝いていた。その森の中を歩けば、ブナの樹々との会話も可能かも知れなかったが、往復の切符を購入していたので下りも楽をさせてもらうべくリフトの客となった。15分間空中を運ばれて下駅へ。そこからまだ新鮮な紅葉で眩しい谷間を抜けて駐車場へと下った。

 

 

 

〈紅葉群の中にあるペアリフト上駅を俯瞰〉

〈ぺアリフト上駅〉

 

 

 

 

〈紅葉を眺めながらリフトで下る〉

〈姥沢の大駐車場を望みつつペアリフト下駅の下る〉

 

 

15:07 姥沢駐車場

  7時間近い時間を掛けて姥沢駐車場へ戻って来た。計画より1時間半ほど時間がかかったのだが、それはこの山が素晴らしかったが故である。駐車場から見上げると、登って来たばかりの月山も姥ヶ岳も美しく聳えていた。駐車場の周辺には、紅葉の撮影に来た写真愛好者の姿も多かった。ここは、何処を見ても絵になる光景に満ち満ちていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈姥沢駐車場)〉

 

 

 

〈秋の空、あくまでも高く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈姥沢駐車場から見上げる月山山頂〉

 

 

 

〔山行所感〕

 月山、見事な紅葉であった。月山の紅葉がこれほど素晴らしいものであるとは知らなかった。山上でお会いした地元の方の言によれば、月山の紅葉は東北の山では随一で、それに並ぶのが鳥海山祓川コースの紅葉と冠雪した鳥海山のコラボとのことであった。今年の紅葉は遅れており、この時期でも山上から楽しめたが、本来は10月の上旬が適期のようであった。全山が色付く東北の秋、遠征二日目にしてそれを目に出来て、これは来た甲斐があったと喜んだ次第であった。

  

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2