高名な紅葉に逢いたくて 栗駒山(1,627.4m)・東栗駒山(1,434.1m)

宮城県栗原市・岩手県一関市

2012年10月17日(水)    チャコ&門久 

 

 

 

 

 

 

                          〈栗駒山々頂から紅葉が盛りの裾野を俯瞰する〉

 

 

 

東北遠征の3日目は天気が下り気味ながらも日中は持ちそうとのことで、もう一座登ることとした。

行きたいところは幾つかあったが、ここは紅葉の美しさで高名な栗駒山まで脚を延ばすこととした。

カーナビに登山口のいわかがみ平の近くをセットし、東北道・長者原サービスエリアで一泊してから赴いた。

 

《山行記録》

いわかがみ平 (8)7:25・・・・7:30東栗駒コース入口・・・・8:21新湯沢出合・・・・8:27渡渉点8:29・・・・9:05東栗駒山1,434.1m)9:10・・・・9:46裏掛コース分岐・・・・10:12中央コース合流・・・・10:22栗駒山(1,627.4m)1:12・・・・11:20東栗駒山分岐・・・・11:52 1408mの小ピーク11:55・・・・12:43レストハウス12:49・・・・12:55いわかがみ平

〔総所要時間:5時間30分、昼食・休憩等:1時間06分、正味所要時間4時間24分、歩行距離:7.6q、累積標高差:±567m

 

 7:25 いわかがみ平

  朝のいわかがみ平はよく晴れ上がり、標高1100メートル余の駐車場の背景をなす東栗駒山の南斜面は真っ赤に紅葉していた。早朝ゆえに広い駐車場に車の数は多くなかった。トイレ棟のある下段の狭い駐車場に愛車を停めてから身支度を整えて出発した。駐車場の直ぐ先、レストハウスの手前に東栗駒コースの入口があった。殆どの登山者はこのコースを採らず、舗装道を真っ直ぐに行く中央コースを採っていた。東栗駒コースの登山道は深くえぐられ、両側に灌木が繁って眺望はなく、足元は概して火成岩が累々として歩き辛く、決して楽しい道ではなかった。それでも時折灌木が低くなると、その灌木越しに山の稜線部や麓の紅葉した斜面の眺望が得られはした。出発して50分程で新湯沢の滑の渓流に出合った。100メートル程のその渓流の遡上で鬱とした気持ちを取り直すことが出来た。沢を渡ってから程なく灌木帯を抜け出して広々とした眺望を得ることが出来た。眼前に東栗駒山の尖ったピークがあり、目を左に転じると栗駒山が東斜面を前面にしてドンと構えていた。山上の平原の紅葉はもうピークを過ぎたようであったが、栗駒山の山体の多くを占める草紅葉はまだ美しくあった。

 

 

 

〈まだ閑散とした早朝のいわかがみ平の駐車場〉

〈いわかがみ平から紅葉が盛りの東栗駒山の南面を仰ぐ〉

 

 

 

 

〈東栗駒コース入口〉

〈えぐられて眺望のない登山道を延々と登り行く〉

 

 

 

 

〈灌木の上から東栗駒山のピークが望めた〉

〈色づいた灌木の先に東栗駒山の稜線が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈滑の新湯沢に出合う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈紅葉した新湯沢の斜面越しに山頂部を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈ドウダンツツジの紅一色の世界!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈東栗駒山のピーク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈東栗駒山への稜線から栗駒山を仰ぎ見る〉

 

 

 

 9:05〜9:10 東栗駒山(1,434.1m)

  東栗駒山の山頂は火成岩の散らばる帯状の台地であった。その中のやや大きな露岩の上がそのピークであった。頂上台地の南端から来し方、いわかがみ平方向をうち眺めると、全面に紅き絨毯を敷き詰めたが如き紅葉の海原であった。この中を泳ぎ登って来たのだった。東栗駒山の先は火成岩の岩塔が点在する中を小刻みにアップダウンしながら進み、栗駒山との鞍部の草原に出た。この辺りから見る新湯沢源頭部の高層草原も広々として心地良かった。今は通行止めとなっている裏掛コースを右に分けると、栗駒山東面の登りとなった。木組みの急な階段道が山頂に向かって延びていた。沿道の草紅葉が見事であった。約20分間登って中央コースのよく整備された道に出合うと、山頂まではもう一息と言ったところであった。

 

 

 

〈東栗駒山の山頂部〉

〈東栗駒山のピーク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈東栗駒山からいわかがみ平方向を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈東栗駒山頂から仰ぎ見る栗駒山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈栗駒山の秋!〉

 

 

 

 

 

〈火成岩の岩塔群の中を行く〉

〈大日神を祀ったピークから栗駒山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈新湯沢の源頭部の高層平原〉

 

 

 

 

 

〈栗駒山東面の火口跡〉

〈裏掛コース分岐:今は通行禁止〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈栗駒山の草紅葉〉

 

 

〈山頂直下は急坂が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                     〈霧駒山東面の草紅葉越しに東栗駒山方面を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈新湯沢の源頭部を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈中央コースと合流する〉

 

 

〈山頂直下の最後の急坂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈中央コースの通る稜線を俯瞰〉

 

 

 

10:22〜11:12 栗駒山(1,627.4m)

  栗駒山の山頂は多くの登山者で賑わっていた。やはり中央コースから登って来る人が多く、また北側の須川温泉からのコースを登って来る登山者もすこぶる多かった。早朝に比べてやや霞んできてはいたが、山頂からは360度の大眺望であった。老齢の男性登山者に蔵王山塊の姿を教えて貰うと、あとは船形山、月山、鳥海山、焼石岳などの特色のある山が同定出来た。山の麓に目をやれば、周囲の山裾にそれは見事な紅葉の海が拡がっていた。早い時間ではあったがやや強い風を笹原の陰に避けて昼食を摂ってから、その紅葉の海に向かって今度は中央コースを辿って下山することとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂に建つ駒形根神社嶽宮〉

 

 

 

〈栗駒山の山頂標〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈山頂には台地状の平地が拡がる〉

 

 

 

 

 

〈焼石岳(1,548m)を望む〉

〈船形山(1,500m)

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈遙か蔵王の山塊が横たわる〉

 

 

 

 

 

〈冠雪した鳥海山も見えた〉

〈薄らと前日に登った月山も見えていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈南面の1,500mピークの周辺を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈山頂直下の懸崖下の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北側の笊森避難小屋周辺の紅葉〉

 

 

 

 

 

〈中央コースを辿って下山の途に〉

〈栗駒山々頂部を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈東栗駒山方面の紅葉した高層平原〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈栗駒山南面の紅葉〉

 

 

 

11:52〜11:55 1,408mの小ピーク

  栗駒山々頂から急坂を約40分間下ると俄かに傾斜が緩み高原状の台地となった。この台地の中に小高い丘のようなピークがあり、そこに立って振り返ると紅葉とハイマツの緑に彩られた栗駒山の南面の絶景を目にすることが出来た。緩やかに下る進行方向の尾根筋に目をやると今度は今が盛りの紅く燃え上がるような紅葉の海が目に飛び込ん来た。中央コースも背の高い灌木の間を行く道で、残念ながら歩きながらこれらの大眺望を得ることは出来なかったが、沿道の樹々も紅葉しており今紅葉の大海原の底を進んでいるのだと実感は持つことが出来た。小ピークから登山口のいわかがみ平まで約1時間、足元の丸石を固めた舗装路は歩き辛かったものの、今が盛りの紅葉群の中を行っているのだという気持ちはかなり高揚していた。

 

 

 

〈中央コース登山道〉

〈1,408mピークに建つ案内板〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈1,408mピークから栗駒山を仰ぎ見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈栗駒山南面下の谷間の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈中央コース沿いの紅葉は今が盛り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉最盛期の南尾根を下り行く〉

 

 

 

 

〈いわかがみ平周辺も見事に紅葉!〉

〈盛りの紅葉の尾根筋を下る!〉

 

 

12:55 いわかがみ平

  5時間半のゆっくりとした山行を終えて登山口のいわかがみ平に下山した。平日とは言え紅葉の盛りの時期故に駐車場もレストハウスも大変に賑わっていた。山頂まで登る人ばかりでなく、近くを周回して紅葉を楽しむ人達も多いようであった。午後になって、空には雲も多くなっていたが、東栗駒山の南面の紅葉はまだ陽光に照らされて紅く燃えているようであった。

 

 

 

〈姥沢駐車場上に建つレストハウス〉

〈車が満杯のいわかがみ平駐車場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈午後の陽射しを浴びる東栗駒山の南面を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈燃え上がりそうな紅葉の峰〉

 

 

 

〔山行所感〕

  栗駒山の名高い紅葉を一度は見てみたいと思っていたが、今回の遠征でそれを実現出来た。ここでも地元の方々は今年の紅葉は良くないとの仰せであったが、我々には得難き絶景に映った。登山者と共に観光客の多い山なのであろう。メインの中央コースは、丸石を固めた舗装道で長い時間登山靴で歩くには辛い道であった。そんなことから山好きな人達は東栗駒コースを採るようであった。かつては玄人好みの表掛コースが賑わっていたというが、今は崩落が酷く通行禁止とのことであった。下山後に駐車場でお会いした地元の登山者に岩手県側の登山口にある須川温泉の栗駒山荘の風呂に是非入れと勧められた。1時間20分程の時間を費やして行ってみると、須川温泉のある峠は数多の車で大混乱状態であった。今では須川コースが栗駒山へのメインの登山道であるようであった。肝心の栗駒山荘の温泉は、眼前に広がる高層湿原やもう雨になって山はガスに隠されてはいたが栗駒山の北斜面の大眺望がガラス越しに拡がり気宇壮大な心地で入浴出来た。推薦頂いたことを感謝した。温泉のある峠周辺も、ここは黄色を主体にした見事な紅葉の真っ只中であった。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2