紅葉前線が到達した四国の峰を歩く  皿ヶ嶺(1,278m)

愛媛県東温市

2012年10月26日(金)    門久単独

 

 

 

 

 

 

                                    〈竜神平も秋色に染まり始める〉

 

 

 

10月になって初めて、約一か月振りに皿ヶ嶺を訪ねた。

四国のこの山域にも紅葉前線が降りて来ているようで、麓近くから見上げる稜線付近は既に秋色に染まり始めていた。

午後になっての入山であったので、ここは専ら紅葉の進み具合を見ることに徹することとした。

皿ヶ嶺北面を仰ぎ見ることを主眼にして、水の元から天狗の庭を経て上林峠への道を採った。

 

《山行記録》

水の元13:15・・・・(天狗の庭)・・・・13:54林道出合13:55・・・・14:20上林峠14:24・・・・14:49竜神平分岐・・・・15:12竜神平15:16・・・・15:32ベンチのある休憩所15:37・・・・16:13風穴・・・・16:20上林森林公園駐車場16:21・・・・16:36水の元

〔総所要時間:3時間21分、休憩等:0時間15分、正味所要時間:3時間06分、歩行距離:6.6q、累積標高差:±723m〕

 

13:15 水の元

  今日の登山口は水の元とした。平日の昼過ぎの時間で人の姿はなかったが、駐車場には6台の車が停められていた。身支度を整えて出発した。水の元の上林寄りの外れから植林作業用の管理道が急坂をなして山中に入っているが、ここが登山口である。そこを登って植林地に入って行くと、やがて山道が分岐しているのでそこに入った。植林地を抜け切って自然林の中に延びる踏み跡を辿って行くと、皿ヶ嶺北斜面の断崖下ののびやかな樹林帯の中を行くようになった。初夏には下生えの花々が美しい所で、地元の登山者達は天狗の庭と呼んで愛しんでいる所である。これから紅葉しようかというそこの樹々も美しかった。この天狗の庭を心軽やかに歩き抜けて今は使われていない林道を乗り越えて上林峠への道に入ると、周囲の樹々は一足早くきれいに紅葉を始めていた。紅葉の走りの森の空気を楽しみながら断崖下の登山道を辿って行った。

 

 

 

〈この日の皿ヶ嶺〉

〈登山口への林道から見上げた色付き始めた皿ヶ嶺北面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈水の元〉

 

 

〈天狗の庭へ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ綺麗に咲いていたシコクブシ(キンポウゲ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈まだ緑色のままのカエデ越しに皿ヶ嶺北面を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈天狗の森の色付いた一角〉

 

 

 

 

 

〈林道出合:石段を登って上林峠へ向かう〉

〈林道出合に立つ道標〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈北面の沢沿いは丁度良い感じの色合い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ジンジソウ(ユキノシタ科)〉

 

 

 

〈上林峠への登山道〉

 

 

14:20〜14:24 上林峠

  登山口から約一時間で上林峠に着いた。無人の峠で暫しの休憩を取った。極めて静かで小鳥の囀りが聞こえるだけであった。周囲のブナ林は黄葉を始めており、所々に今が見頃かと思われる一角もあった。峠からは長い階段道を登って竜神平へ向かうこととした。階段道の途中から見た東隣の陣ヶ森も紅葉が進んでいるようであった。階段道を登り切って北尾根に乗るところで男性の登山者にお会いした。紅葉の見頃は一週間後くらいかと仰っておられた。この日会った唯一の登山者であった。北尾根にはミズナラが多いが、紅葉の進み具合はまだ端緒を切った直後と言った感じであった。竜神平への道に入ると赤松の間に灌木類が紅葉を始めおり、曇り始めたがためにやや暗めの林の中を明るくしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上林峠〉

 

 

〈上林峠から長い階段が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上林峠付近のブナの色合い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈陣ヶ森へ向かう尾根筋のブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北尾根に置かれたベンチ〉

 

 

〈北尾根登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈竜神平への登山道〉

 

 

〈赤松林の灌木も色付く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈頭上に広がる紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈様々な秋色のコラボレーション〉

 

 

 

15:12〜15:16 竜神平

  竜神平に出ると皿ヶ嶺のピークから下のブナ林が鮮やかとは言えないまでも紅葉を始めていることが確認出来た。一週間も経てばより鮮明な黄葉をなるのであろう。ススキの穂が白く長けてた原を囲む叢林の樹々も色付き始めていた。まだリンドウの花咲く原の中を抜けて愛媛大学の小屋まで行くと、小屋の背後のブナの樹々も秋の彩りを増して周囲を心地良い雰囲気に醸していた。暫しく高原の秋の風情を楽しんでから、風穴方面への下山の途に就くこととした。竜神平を後にして、右に上林峠方面への北尾根ルートを見送って左に道を採ると、北尾根髄一のブナの蜜林が現れた。ここの紅葉の進み具合は一際早く、見事な黄葉を見ることが出来た。

 

 

 

〈森を抜けて竜神平に出る〉

〈皿ヶ嶺山頂下のブナ林も色付き始めていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈竜神平の叢林とススキの原〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈まだ咲いていたリンドウ(リンドウ科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈愛媛大学の避難小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈随分と色付いた叢林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈竜神平を後に・・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ここは風穴への道を採る〉

 

 

 

〈竜神平から下山の途に・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北尾根のブナの蜜林〉

 

 

〈登山道脇のブナ古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈この辺りのブナの黄葉はもう見頃のようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈今は北面の紅葉が最も進んでいるようだ!〉

 

 

 

15:32〜15:37 ベンチのある休憩所

  紅葉の進んだブナの蜜林の中を抜けてからベンチのある休憩所で持参の甘い食べ物を摂りながら休憩タイムを取った。この休憩所の周辺を含めて風穴までの登山道沿道では、樹々が今将に秋色に染まり始めており、この山域では秋が深まってきていることを皮膚感覚で感じることが出来た。ここ1〜2週間この深まる秋の風情とその変化を存分に楽しむことが出来るように思われた。

 

 

 

〈ベンチのある休憩所〉

〈風穴への正面登山道沿いも秋色を深めていた〉

 

 

 

 

〈上林の集落を俯瞰する〉

〈如何にも秋の野辺を行く感じ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈秋深まる・・・・!!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈頭上を覆うのはトチ大きな枝振りのようだ!〉

 

 

 

 

 

〈風穴近くもあと一週間後には色付くか・・・〉

〈風穴〉

 

 

16:36 水の元

  風穴から上林森林公園の中を抜けて車を停めていた水の元へと下った。もう午後4時半を回った時間になっており、入山時にいた他の車の姿はもうなく、我が愛車が一台だけポツンと残っていた。好天の日であったので、また暫く明るい時間が残されていたので、慌てずに水の元に湧く清水を持参していたペットボトルに頂いてから帰路に就いた。

 

 

 

〈巻き下って来た北面を振り返る〉

〈植樹されたモミジが色付いた水の元へ下山〉

 

 

〔山行所感〕

  約一か月の間に山は秋色に染まる季節になっていた。この数年秋の紅葉の皿ヶ嶺を訪ねる機会がなかったので、どの程度の紅葉が楽しめるのかよく分っていない。この日はやや早過ぎると覚悟をしての探訪であったが、何か所かで期待の持てそうな紅葉群を見ることが出来た。この山が秋にも美しい姿を見せてくれることを期待しつつ、時間の許される都度また訪ねてこの山の紅葉の真価を確かめたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2