西中国山地も錦秋の彩り 台所原・恐羅漢山(1,346.4m)

広島県山県郡安芸太田町・島根県益田市匹見街

2012年10月29日(月)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                          〈黄金色に紅葉した台所原のブナ林の中を行く〉

 

 

 

前日に仁王門が落慶した宮島の弥山を歩いたので二日続きの山行となるものの、

休暇の月曜日のこの日があまりにも好天であったので、昼前の遅い時間になって出掛ける気持ちになった。

台所原の紅葉の確かな情報はなかったものの、各地の状況から考えてそろそろ良い頃合いと見ていた。

訪ねてみると、その見込みは見事に的中したようであった。

 

《山行記録》

牛小屋高原駐車場(13)12:28・・・・12:31登山口・・・・13:02夏焼けのキビレ13:04・・・・13:14夏焼けの丘・・・・13:22早手のキビレ・・・・13:33管理道出合・・・・14:16台所原平14:38・・・・14:48台所原14:50・・・・15:52主稜線出合・・・・15:54恐羅漢山(1,346.4m)16:00・・・・16:06立山尾根分岐・・・・16:22スキー場最上部・・・・16:44登山口・・・・16:46牛小屋高原駐車

〔総所要時間:4時間18分、昼食・休憩等:0時間32分、正味所要時間:3時間46分、歩行距離:78q、累積標高差:±716m

 

12:31 牛小屋高原

  戸河内ICで中国道を下りて、道の駅の向いの「おふくろ弁当」で昼食用の弁当を買ってから内黒峠を越えて牛小屋高原の駐車場に辿り着いた。平日ながらスキーシーズン用にラインを引き直した駐車場には6台の先客の車が停められていた。もう正午から大きく回った時間であったので、駐車場などに登山者の姿はなかった。気が急く中で手早く準備を整えて、いつもの登山口から夏焼けのキビレに向けて山に入った。カヤバタゲレンデを過ぎると、ミズナラを中心にした森の中の道となったが、夏焼けのキビレに近づくにつれてその森の紅葉が美しくなっていった。青空の下で見る、多色刷りの紅葉は殊更に美しく感じられた。

 

 

 

〈牛小屋高原登山口〉

〈色付き始めたカヤバタゲレンデの周りの樹々〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈七色の紅葉の下を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈青空の下に輝くカエデ〉

 

 

〈イロハモミジのようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈将に秋色の登山道を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈夏焼けのキビレの周りの紅葉〉

 

 

 

13:02〜13:04 夏焼けのキビレ

  夏焼けのキビレから夏焼けの丘に向けて坂道を登って行くと、標高1,130メートル余の山上ではもう樹々がすっかり葉を落としてしまっていた。山頂の特徴的なノッポのブナの樹も裸になっていた。殆ど葉を振ってしまった灌木の中に延びる尾根道を抜けて早手のキビレに達し、そこで右へと下って行く登山道に入った。管理林道まで10分ほど下る間に、再び紅葉が美しい樹林帯となった。七つの色はあろうかという紅葉した樹林は実に美しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夏焼けの丘への道を登る〉

 

 

 

〈夏焼けのキビレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早手のキビレへの尾根道を飾る〉

 

 

 

〈夏焼けの丘〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈恐羅漢山北尾根の紅葉〉

 

 

 

 

 

〈早手のキビレ〉

〈早手のキビレのブナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈管理林道への下り坂沿いも七色に染まる〉

 

 

 

13:33 管理林道出合

  管理林道に出合って、台所原平まで40分間ほどその管理林道を歩いた。沿道の斜面や樹林は何処を見てもきれいに紅葉していた。中の甲の谷を挟んだ県境尾根の峰々も稜線部の樹々はもう葉を振ってはいたが、山裾はここもきれいな紅葉で覆われていた。午前中の光の中のこの辺りの光景には馴染んでいたが、昼を回ってからの光の具合はあまり見たことがなく新鮮な感覚であった。午後の陽光を浴びたいつもとはちっと違うアングルが美しくて、つい沢山の写真を撮ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈管理林道を台所原へと急ぐ〉

 

 

〈北尾根西面の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈管理林道沿いの森は今最も美しい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈日陰ながらもなお映えるクロモジの下生え〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈県境尾根の上に広がる秋の空〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈午後の逆光の中に・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈秋の管理林道〉

 

 

 

 

 

〈中の甲の谷の先に聖山、高岳が覗く〉

〈中の甲の谷を挟んで対峙する天杉山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈逆光の森〉

 

 

14:16〜14:38 台所原平

   牛小屋高原から1時間45分ほどで登山道沿いの紅葉を大いに楽しんで台所原平へ到着した。随分と遅い時間になったが、ここでランチタイムを取った。それまでの間に行動食を摂っていたので、とても短いランチライムではあったが、周囲の森が見事に紅葉したその中で気持ち良く過ごせた至福の時間であった。この先のお目当ての台所原のブナの紅葉にも大いに期待が持てた。秋の太陽が早くも西に傾きかけていたので、食後に急ぎ台所原の森へと急ぐこととした。

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈台所原平から恐羅漢山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原平を囲む紅葉の森〉

 

 

〈ブナとカエデのコラボレーション〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原平のススキの原からブナ林の斜面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈白骨林の混じる台所原平のノッポのブナ〉

 

 

 

14:48〜14:50 台所原

  台所原の森に入ると、重厚な紅葉の森の風情に圧倒されそうであった。入口辺りの森の紅葉の色合いはまだ黄緑色が多かったが、ミズナラの古木の立つ台所原の中心部を過ぎてなお行くと一気に黄金色を呈した見頃のブナ林となった。登山道がブナの巨木の間を縫っている山域辺りが見頃で、ブナと栃の樹がハグして絡み合っている所から上はもう葉を落とし始めていた。この先の一週間で見頃の山域は台所原の中心部辺りまで下って行くであろうと思えた。いつしか午後3時を大きく回った時間になっていたので、のんびりとする余裕はなく、樹々が既に葉を落とした山頂に近い森を少し急いた気持ちで登って行った。

 

 

 

 

 

 

 

                           〈まだ黄緑色の残る台所原入口辺りのブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原〉

 

 

〈台所原に立つ古ミズナラ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈この色合いに逢いたくて毎秋この台所原へ・・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黄金色に聳える!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈兎に角、重厚なブナの森だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巨木の森を行く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの実〉

 

 

 

〈更新されるブナの森〉

 

 

 

 

〈高度が上がるともうブナも落葉している〉

〈裸の樹の先に西陽を浴びた県境尾根を望む〉

 

 

15:54〜16:00 恐羅漢山(1,346.4m)

  恐羅漢山の山頂への急坂を登っている間に西に傾いた太陽は西の空を覆い始めた厚い雲に隠されたようであった。東側の内黒峠方面は西陽を受けていたが、恐羅漢山側の山域に陽光が当たることはもうなくなっていた感じであった。山頂から西陽に明るく照らされた西中国山地の名峰群を眺望してから下山に取り掛かった。もう遅い時間であったので、寄り道をせずに立山尾根ルートを一気に下ることとした。

 

 

 

〈恐羅漢山々頂〉

〈二軒小屋を挟んで対峙する内黒山方面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                   〈北方には高岳、聖山、鷹の巣山、大佐山、臥龍山が並ぶ〉

 

 

 

 

 

〈眼下の砥石郷山の先に臥龍山が横たわる〉

〈東に寄ったところには深入山の横顔が覗いている〉

 

 

 

 

〈修繕された立山尾根分岐の道標〉

〈スキー場の最上部に出る!〉

 

 

 

 

〈草が刈り払われたスキー場の中を一気に下る〉

〈西陽を浴びる紅葉した内黒峠付近〉

 

 

16:44 牛小屋高原

  草がきれいに刈られたゲレンデの中を気持ち良く歩き、ペアリフトの取り付けも完了していよいよ雪が降るのを待つばかりと言った風情のスキー場を一気に下って登山口の牛小屋高原へと戻った。登山口のすぐ上の森の中にある広島大学ワンゲル部の山毛齡T木小屋(ぶなのきごや)が見事に紅葉した下生えに囲まれて印象的であった。流石に平日の夕暮れ、駐車場に残っていたのはわが愛車だけであった。

 

 

 

〈まだ残っていたノアザミ(キク科)〉

〈アキノキリンソウ(キク科)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈広島大学の山毛齡T木小屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈諸設備の整備が進む牛小屋高原ふれあい広場〉

 

 

 

〔山行所感〕

  今年も台所原の紅葉のブナの森を歩けて幸せであった。見頃の見事な紅葉であった。決して広い山域ではないものの、午後からの山行であったので時間が心配であったが、何とか全てを時間内に納めることが出来て成功裡に下山できた。午後の光の中の重厚なブナの森、黄金色に輝く紅葉したブナ、青空のキャンバスを七色に彩る秋の灌木たち・・・、秋の台所原やその周りの森には毎年訪ねないではいられない。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2