早くも紅葉晩期となった 皿ヶ嶺(1,278m)

愛媛県東温市・同県上浮穴郡久万高原町

2012年11月4日()   門久単独

 

 

 

 

 

 

                              〈皿ヶ嶺山頂直下にまだ残っていた紅葉〉

 

 

 

前日に早起きして福岡まで大相撲の朝稽古見物の日帰りの遠征を楽しんだが、

明けてこの日は所用で朝方から四国へと渡り、午後に一週間余り振りに皿ヶ嶺を歩いた。

一週間前には紅葉の走りが見られた山域も、既に多くの樹々は葉を落としてもう晩期の風情となっていた。

朝方は好天であったものの、昼前から残念ながら曇天となってしまった。

曇天下で色合いはやや冴えなかったが、それでも何とか最終盤の紅葉を楽しむことが出来た。

 

《山行記録》

上林森林公園駐車場(11)13:24・・・・13:30風穴13:31・・・・13:58直登道出合・・・・14:09テラス13:11・・・・14:19引地山分れ・・・・14:32テラス14:34・・・・14:42十字峠・・・・14:53皿ヶ嶺三角点(1,270.5m)・・・・14:58皿ヶ嶺(1,278m)15:05・・・・15:36竜神平15:39・・・・15:43上林峠分岐・・・・15:55ベンチのある休憩所15:57・・・・16:21直登道分岐・・・・16:42上林森林公園駐車場

〔総所要時間:3時間18分、休憩等:0時間17分、正味所要時間:3時間01分、歩行距離:5.8q、累積標高差:±645m〕

 

13:24 上林森林公園駐車場

  11月に入って最初の週末の上林森林公園の駐車場は沢山に車で埋まっていた。この秋最後の紅葉見物を目的にした登山者や観光客が数多入山しているようであった。駐車場の最奥には二台のバスまで停まっていた。東温市が主催した「東温アルプス市民一日登山」の参加者を迎えに来たバスのようであった。風穴に立ち寄ってから、その奥から北斜面に入る踏み跡を辿ることとした。風穴の直ぐ上部の森を抜けてから十字峠へと登っていく直登道に合流することが出来る静かな道である。古木や巨木が点在する森の樹々の多くはもう葉を落としていたが、その下生えの灌木はまだ見事な黄葉の出で立ちであった。皿ヶ嶺への直登道に出て急坂を登って稜線直下のテラス状の台地に出て小休憩を取ったところで井内峠から来たという市民一日登山隊の皆さんと擦れ違った。落ち葉の積もった登山道を心地良く歩んで行くと直ぐに稜線上に出た。

 

 

〈いつもの所から皿ヶ嶺を仰ぎ見る〉

〈バスが登山者の下山を待つ上林森林公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した風穴のすぐ上の斜面〉

 

 

 

〈風穴〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                〈紅葉した灌木に囲まれたブナの古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈栃の巨木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈これはハリギリの古木のようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹々が葉を落とした北斜面〉

 

 

〈灌木の紅葉だけが残る森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈皿ヶ嶺への直登道に合流〉

 

 

〈階段道で急坂を登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈稜線直下のテラス〉

 

 

 

 

 

 

〈「東温アルプス市民一日登山」の方々〉

〈落葉の積もった稜線直下の登山道〉

 

 

14:19 引地山分れ

  風穴から引地山分れ、十字峠を経由して山頂に至り、さらに竜神平へと下るコースは一週間前には辿ることが出来なかったので、その間の紅葉を見るのを楽しみにしていたが、残念ながら殆どの樹々は葉を落とした後であった。それでもまだ残った葉や灌木類が、紅葉晩期の渋い色合いを残してくれており、稜線上を歩くのが楽しかった。十字峠を過ぎて山頂への最後のアプローチで数組の登山者と行き違った。自然林の中では落葉松が黄金色に紅葉していた。

 

 

 

〈引地山分れ〉

〈紅葉した稜線部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        〈まだ残る稜線部の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    〈森の中は紅葉晩期の色合い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈いつも挨拶に行くブナの古木も既に葉を落としていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈見通しが良く効く森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈十字峠)〉

〈黄金色に色付いた落葉松〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈皿ヶ嶺二等三角点〉

 

 

〈山頂へと続く登山道〉

 

 

14:58〜15:05 皿ヶ嶺山頂(1,278m)

  沢山の登山者が行き交ったこの日の皿ヶ嶺であったであろうが、午後3時を迎えた山頂にはもう一人も登山者の姿がなかった。静かな山頂に立って、久し振りに眺望の開けた久万高原町方面を眺めた。曇天下ではあったが、天狗高原や明神山まで望めた。暫しの休憩の後、竜神平へと下ることとした。下り始めのブナ林の中に石鎚山のビューポイントがあるが、曇天下で見えないだろうと勝手に思っていたものの、何と石墨山の先に見事に見えていた。何か儲けものをした気になった。更に嬉しいことには、その先の谷筋のブナ林がまだ見事に紅葉したままの状態で残っていてくれた。晴天下ではなかったものの、十分に鑑賞に耐え得る紅葉であった。お陰で竜神平まで気持ち良く下って行けた。その間に子供連れの若い夫妻と擦れ違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂から久万高原町方面の眺望が拡がる〉

 

 

 

〈皿ヶ嶺山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           〈落葉が進むブナ林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈遠く石鎚山塊を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈落場の積もった竜神平への登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈紅葉が色濃く残った谷間〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ十分に鑑賞に耐え得る紅葉だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈紅葉した森を抜ける登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈樹々越しに竜神平を望む〉

 

 

 

15:36〜15:39 竜神平

  下って行った竜神平ももう無人であった。ここの紅葉もピークは過ぎており、湿原も色彩を失う直前といった佇まいであった。時間も押していたので龍神社に参拝してから早々に下山の途に就くこととした。上林峠への道を右に見送ってから風穴へ向かう道を採って北尾根に乗り、暫しブナの蜜林の中を抜けて行った。ブナの葉は殆ど散った状態ではあったが、まだ葉を保ったままの樹もあり、また灌木類の黄葉も美しく仲々の風情であった。ここも皿ヶ嶺の山域の中で美しい所のひとつである。

 

 

 

〈愛媛大学の小屋が建つ竜神平〉

〈秋色も薄らぐ竜神平〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈風穴への道を採る〉

 

 

 

〈左:十字峠への分岐〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈ブナの蜜林の中を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈頭上にはまだ紅葉したブナの葉が残る!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈下生えの灌木はまだ美しく紅葉している〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈将に秋の山!〉

 

 

 

 

15:55〜15:57 ベンチのある休憩所

  紅く色付いたツツジの樹に囲まれたベンチにある休憩所で暫し休んでから、風穴へ向かって正面登山道を下って行った。高度を下げるに従って紅葉した葉も多くなって行った。残念ながら、午後遅くなって上空を覆う雲がより厚くなってきたようで、美しい筈のこれらの紅葉群の色合いは今ひとつと言ったところであった。引地山の東面などは、今が見頃と言っても良いくらいに見事な紅葉のようであったが、陽射しがなくそれが輝くまでには至らなかった。午後4時を回って、人声も聞こえなくなった静かな登山道を黙々と下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ベンチに座って暫し休憩〉

 

 

〈まだ葉を湛えたブナの巨木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈下生えの紅葉が美しい北斜面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下る程に紅葉した樹々がまだ残る!〉

 

 

 

〈上林の集落を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈引地山東面は見事に紅葉しているようだ!〉

 

 

 

 

 

〈まだ健全な紅葉〉

〈登山口に近いジグザグ道の紅葉〉

 

 

16:42  上林森林公園駐車場

  入山した午後1時過ぎには広い駐車場の半分程が車で埋まっていたが、下山した時には、わが愛車を含めて2台の車が残っているだけであった。もう一台は、山頂と竜神平の間で擦れ違った子供連れの若夫婦のものであろうか。山行中に天気はドンドンと下り坂となってしまったが、雨にだけはならない間に無事に下山出来たようであった。何よりであった。

 

 

 

〈風穴近くの登山口に続く階段道〉

〈植え込みも紅葉を始めた風穴直下の車道〉

 

 

 

 

〈色合いを愛でながら・・・〉

〈夕刻の時間も押して・・・、残った車も僅かな駐車場〉

 

 

〔山行所感〕

   一週間余前にはまだ走りの紅葉であった皿ヶ嶺も、いつしか紅葉晩期になってしまっていた。秋の脚が意外にも速いことに驚いてしまった。夏から秋へ、秋から冬へと変遷する季節の足取りに比べて、人間が持つ季節感の変化のスピードが遅れがちであることにも驚いてしまう。まだ夏だと思っていたらとっくに秋になっており、まだ秋だと思っていたら既に冬将軍が来ていたといつも驚くのが人間であるようだ。とは言え、今年の皿ヶ嶺の秋は殊の外短かったように思う。それは私だけであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2