今年は早かった宮島の紅葉 紅葉狩り・焼山・駒ヶ林(09m)

広島県廿日市市宮島町

2012年11月18日(日)     門久単独

 

 

 

 

 

 

                            〈千畳閣から紅葉に包まれた大聖院を望む〉

 

 

 

今年の宮島の紅葉はすこぶる早かった。

まだ11月の20日にもならないのにもう終盤を迎えているというので、

タイトなスケジュールの中ながら出掛けてみることとした。

やはり例年より1週間から2週間は早かった紅葉であったが、何とか間に合ったようであった。

 

《山行記録》

宮島桟橋10:56・・・・11:15塔の岡(五重の塔、千畳閣)11:38・・・・11:44御笠浜11:45・・・・11:57紅葉谷公園入口(もみじ橋)12:01・・・・12:09もみじ茶屋12:17・・・・12:20紅葉谷橋東詰12:21・・・・12:24もみじ茶屋12:27・・・・12:38山村茶屋・・・・12:44平松茶屋下12:50・・・・12:59大聖院13:45・・・・14:01大元公園14:20・・・・14:33大岩・・・・15:01大師堂・・・・15:10岩屋大師15:12・・・・15:16大元乗越・・・・15:19展望岩15:21・・・・15:22焼山15:32・・・・15:36大元乗越・・・・15:45駒ヶ林(509)15:53・・・・16:06石室・・・・16:10朝日観音16:11・・・・16:46多宝塔・・・・16:55御笠浜16:56・・・・17:08宮島桟橋

〔総所要時間:6時間12分、昼食・休憩等:2時間15分、正味所要時間:3時間57

 

10:56 宮島桟橋

  今やミシェラン効果に加えて、世界遺産、平清盛などのブームもあって宮島への観光客の入り込みは頗る多い。その上に紅葉の季節の好日であるので混雑は必至と電車で出掛けた。宮島口からの連絡船はオンシーズンの特別ダイヤで運航中ながら、桟橋には長蛇の列が出来ていた。宮島の島内も厳島神社に向かう参道は混雑の極みであった。人波を避けるように町家通りから塔の岡に上がって五重の塔、千畳閣で暫し憩うた。塔の岡から下りて厳島神社の入口に行ってみると、大鳥居を眼前に望む御笠浜まで入場待ちの列が出来ていた。正月の初詣以外で参拝者の列がこんなに延びるのは珍しい。数多の人波と黄葉・紅葉に彩られた塔の岡、厳島神社界隈であった。

 

 

 

〈好天の下、宮島へ渡る〉

〈宮島桟橋に接岸した「みせん丸」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宮島桟橋前には数多の観光客が!〉

 

 

〈町家通りから五重の塔を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈塔の岡の建つ五重の塔と千畳閣〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈千畳閣の憩!い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                               〈紅葉の彩り〉

 

 

 

 

 

〈列をなす厳島神社への参拝者〉

〈厳島神社入口付近から塔の岡を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈満潮の海に浮かぶ!〉

 

 

 

11:57〜12:01 紅葉谷公園入口(もみじ橋)

  紅葉谷公園へ向かう道は人波で埋まっていたので、紅葉谷川の流れに沿う間道に入ってもみじ橋の下に出た。もみじ橋や紅葉谷公園に入った四宮神社前辺りの紅葉はピークをかなり過ぎていたが、まだ紅や黄の葉を残してくれていた。公園を奥へと進んで行くと、昼食時を迎えたもみじ茶屋は収容し切れ程の数多の客で混雑を極めていた。茶屋周辺の紅葉もピークを過ぎて色を失おうとしているところであった。それでも、茶屋を過ぎてから紅葉谷橋までの間の紅葉群は今が盛りかと思える程に見事であった。例年ここの紅葉は見応えがある。紅葉谷橋を渡った所の園地の紅葉もピークを過ぎていた。団体客が広場で輪になってランチタイム中であった。紅葉谷公園はここまでにして、まだ紅や黄の色合いの残る落ち葉を踏みながら引き返してもみじ歩道へと向かった。

 

 

 

〈もみじ橋(紅葉谷公園入口)

〈園内の紅葉は盛りをやや過ぎた頃であった!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈大勢のお客で賑わうもみじ茶屋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈もみじ茶屋近くの真っ紅なモミジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈こちらは色の手品師のようである・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        〈落ち葉の反射で空気が赤みを帯びる紅葉谷公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             〈黄金色に変化した四宮神社近くのモミジ〉

 

 

 

12:38 藤の棚公園

  四宮神社前から日陰になることが多い山沿いの歩道を辿ると山村茶屋のある藤の棚公園に出た。公園から大聖院に向かう道が延びるが、これが「もみじ歩道」である。歩道に沿って錦色に変化するモミジが多く、また塔の岡や厳島神社を望む眺望も開けるので人気の散策コースでもある。コースの中程には平松茶屋もある。例年もみじ歩道の見頃の紅葉には圧倒されるが、今年も良い頃合いに来たようであった。平松茶屋下の錦の紅葉は将に盛り、大聖院への参道を見下ろす地に立つ名物のモミジも色の変化を始めようとしているところであった。沿道の七色の紅葉を楽しみながら大聖院へと歩を進めて行った。

 

 

 

〈山村茶屋付近の紅葉〉

〈もみじ歩道を覆う紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈もみじ歩道・平松茶屋下のモミジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈頭上を錦に彩る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈塔の岡を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈もみじ歩道をで変化する一本〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈日陰でまだ緑色のままのモミジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅い絨毯を踏みしめて〉

 

 

12:59〜13:45 大聖院

  宮島の紅葉と言えば、紅葉谷公園のそれを思い浮かべるのが一般的であろうが、私は大聖院の紅葉も是非共見て欲しいと思っている。紅葉谷公園よりも寧ろ大聖院の紅葉の方を推奨したい程である。もみじ歩道を抜けて大聖院の仁王門前に出た。早速に仁王門の先の階段道を飾る紅葉群が迎えてくれた。紅葉谷公園に比べれば、まだまだ静かな大聖院であるが、それでもこの日はなかりの人出であった。階段道を外れて、羅漢像の続く鐘楼下の園地を抜けて本堂前まで上がって行った。境内の奥の方の波切り不動堂(勅願堂)の背後の一角が紅葉の美しい区域である。紅葉群の中に大師堂や八角堂などの堂宇も点在しており飽きさせない。ここではこの日は見頃の紅葉であった。若い方々や和服の女性も現れて一際華やかになり、良い時間を持つことが出来た。長い時間を過ごした後は、あせび歩道を辿って大元公園へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大聖院の参道〉

 

 

〈羅漢像にも落ち葉が積もる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈紅葉に包まれた大聖院境内〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈七色の紅葉に彩られた大師堂への参道を俯瞰〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈摩尼澱から大師堂への参道から大師堂方向を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大僧正裕信大和尚像

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈大師堂前から摩尼澱を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈参道脇では落ち葉の饗宴〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈善男善女〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈和服で紅葉の大聖院を散歩〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  〈摩尼澱〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈参拝を終え、宮島の街を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈あせび歩道を彩るモミジ〉

 

 

〈あせび歩道を散歩中〉

 

 

14:01〜14:20 大元公園

  あせび歩道を抜けて大元公園に出た。紅葉谷公園や大聖院に比べれば嘘のような静けさであった。時折通る散策の方や登山者以外には鹿がいる程度である。大元公園の紅葉は地味ではあるが、見頃の時期も他と比べてちょっと遅く独特の雰囲気があるのでファンも多い。私は、樅の樹の間に覗く錦の色合いが堪らなく好きだ。ここ紅葉もこの日は見頃を迎えているようであった。前峠への道の分岐点の直ぐ先にある大元橋を渡ったところの園地に落ち着いて、遅い昼食を摂ることとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈静かな大元公園〉

 

 

〈紅葉した大元公園に下りてきた登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈秋の大元公園は樅と紅葉のコラボレーション〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈紅葉の彩りに歩みを止める登山者〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈大元橋奥の園地の紅葉も美しい〉

 

 

 

ここから登山編です

 

  遅い昼食を終えて時計を見ると、もう午後2時半を迎えようとしていた。山に入るには遅い時間ではあったが、駒ヶ林までであれば日没までに下山出来ると考えて大元コースを辿って登ることとした。大元コースは長い石段道である。それは覚悟のことであったので、急かず慌てずで自分のペースで登って行った。登る程に、幾組かの下山の方々と行き違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈苔を褥に!〉

 

 

〈大元コースで山上を目指すことに!〉

 

 

 

 

〈大元コースは長い石段道だ!〉

〈登り始めて15分弱で富士山型の大岩に出合う〉

 

 

 

 

〈弘法大師を祀る大師堂〉

〈駒ヶ林の大岩壁を下から見上げる〉

 

 

 

 

〈岩屋大師の岩窟〉

〈急坂を登り切って大元乗越に出る!〉

 

 

15:22〜15:32 焼山

  大元公園から1時間弱の時間で大元乗越に到達した。この時間なら焼山に寄る時間があると考えて上がってみた。山頂から見る岩船岳や宮島の街、山頂直下の岩棚から見る駒ヶ林の大岩壁などの眺望は相変わらず見事であった。暫しそんな絶景に酔ってから大元乗越に戻り、そこから反対側の山に入って駒ヶ林への直登ルートを採って尾根道を駆け上がった。

 

 

 

 

 

 

 

                    〈焼山々頂直下の岩のテラスから駒ヶ林の大岩壁を望む〉

 

 

 

 

 

〈焼山々頂から502mピーク、岩船岳を望む〉

〈駒ヶ林、弥山の眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈宮島の街を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈行き交わす連絡船〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大元乗越〉

 

 

〈駒ヶ林山頂への直登ルートを採る〉

 

 

15:45〜15:53 駒ヶ林

  昼間には賑わっていた筈の駒ヶ林の山頂はもう午後4時前となって無人であった。それでも、対面する弥山の山頂にはまだ沢山の人達の姿が見えた。静かな駒ヶ林山頂も捨て難かったがのんびりする時間の余裕がなかったので、多宝塔コースで下山を急ぐこととした。眺望も良く快適な下山道であったが、いつしか西陽が前峠山の先に姿を消してこの尾根筋は日陰の中となってしまった。遠く、これから下り行く桟橋辺りはまだ日当たりの中にあった。

 

 

 

〈弥山を望む駒ヶ林の山頂に出る〉

〈駒ヶ林から阿多田島、大黒神島方面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈朝日観音に参拝!〉

 

 

 

〈多宝塔コースの岩場を抜けて下山の途に〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                      〈牡蠣筏の浮かぶ杉ノ浦の先に広島市市街地を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宮島の山道といえば羊歯の道〉

 

 

〈連絡船の航行を見下ろしながら下る〉

 

 

16:46 多宝塔

  駒ヶ林から1時間弱で多宝塔へくだった。この日の広島の日没時間は午後5時過ぎの筈であった。桟橋の辺りでは、経小屋山の先に沈む夕陽が拝めそうであったが、多宝塔の周辺では前峠山が邪魔をしてそれを見ることは出来なかった。厳島神社の参拝者出口からはまだ参拝者が続々と出て来ていた。厳島神社の背後を回り込んでから御笠浜に出てみた。夕焼けの空をバックにして大鳥居がシルエットになっていた。浜や商店街にはまだまだ数多の観光客の姿があった。夜の帳が下り始めるとこれらの人達の桟橋への大移動が始まることは容易に推察出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈夕暮れ間近な多宝塔〉

 

 

〈大願寺の銀杏の色付きは例年遅い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          〈日没直後の大鳥居〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             〈夕焼けの瀬戸〉

 

 

 

17:08 宮島桟橋

  日没直後の時間に宮島桟橋に無事に帰着した。6時間余の紅葉狩りと山歩きの一日であった。日没した西の空に経小屋山が綺麗にシルエットとなって見えていた。夕刻になっても10分間隔で運行するJR連絡船に乗って、波静かな夕焼けの大野ノ瀬戸を宮島口へと戻った。

 

 

 

〈宮島桟橋に接岸する連絡船〉

〈連絡船上から夕暮れの宮島の街を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         〈波静かな大野ノ瀬戸〉

 

 

 

〔山行所感〕

  あまりにも早かった今年の宮島の紅葉に、今年は諦めるしかないかなとも考えたこともあったが、この日思い切って出掛けてみて良かった。紅葉谷公園の紅葉はもう完全にピークアウトしていたが、大聖院や大元公園の紅葉はまだ見頃と言っても良い時期であった。それと共に、やはり紅葉の時期の宮島を外すことは、地元に住む者にとって心落ち着かぬものである。やはり外せない。出掛けることが出来れば、紅葉と世界遺産の原生林の両方を楽しめる贅沢を得ることが出来る。こんな所が他にあるだろうか!幸せな一日であった。

(この日、GPSを持参しなかったため、GPSの軌跡はありません。悪しからずご容赦ください。)

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2