待っていてくれた癒しの森の紅葉 引き明けの森・天上山(972.6m)

広島県山県郡安芸太田町

2012年11月19日(月)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                                 〈巨樹の陰から紅葉の森が覗きます〉

 

 

 

宮島の紅葉谷公園の紅葉がもう終盤を迎えていたので、

このところ例年訪ねている天上山の「引き明けの森」の紅葉には今年はもう逢えないだろうと諦めることとした。

それでも、初冬の風情の中を歩くことになるかも知れないものの、あの森をやっぱり今年も歩いておきたくて出掛けることとした。

しかし、何という森であろうか、一番奥まった山域に見事な紅葉域を残して我々の訪れを待っていてくれた。

以外

《山行記録》

龍頭峡駐車場9:59・・・・10:07龍頭橋詰(登山口)・・・・10:26二の滝道合流・・・・10:40第一堰堤・・・・10:50第二堰堤・・・・10:57ささやき滝11:12・・・・11:17「引き明けの森」標柱・・・・11:28栃の古木11:29・・・・11:31周回路分岐(左折)・・・・12:03周回路合流・・・・12:09「悠久の森入口」(天上山林道)・・・・12:47天上山(972.6m)13:19・・・・13:44「悠久の森入口」(天上山林道)・・・・14:05周回路分岐・・・・14:28周回路合流・・・・14:30栃の古木・・・・14:37「引き明けの森」標柱・・・・14:49第二堰堤・・・・14:57第一堰堤・・・・15:09二段の滝方面分岐・・・・(直ぐに反転)・・・15:10二段の滝方面分岐・・・・15:29龍頭峡橋15:31・・・・15:34なめら滝・・・・15:40二段の滝15:50・・・・15:54奥の滝16:01・・・・16:04二段の滝16:11・・・・16:18龍頭滝・・・・16:25龍頭峡駐車場

〔総所要時間:6時間26分、昼食・休憩等:1時間14分、正味所要時間:5時間12分、歩行距離:10.7q、累積標高差:±1,492m〕

 

 9:59 龍頭峡駐車場

  朝の戸河内の街は濃い霧に包まれていた。龍頭峡に入った午前10時に近い時間になって、やっと霧が晴れ始めた。月曜日の朝の霧に巻かれた龍頭峡駐車場には我が愛車以外の車はなかった。霧が晴れるのを眺めながら山行の支度をして出発した。三谷川の渓流に沿って龍頭橋まで遡り、橋を渡ったところにある登山口から右手の渓流に下った。渓流を対岸に渡ると眼前の急傾斜地に登山道が延びていた。一気に三谷川が穿った深い渓流の断崖の上へと登ると、そこからは峻険な谷の右岸の断崖の中程を巻いて行く登山道が延びていた。危なげな巻き道を辿ること20分余でニ段の滝の上流部の渓流に達すると、そこからは渓流に沿って登って行くこととなった。二つの堰堤の下を渡渉しながら沢筋を遡って行くと、打ち明けの森への最後の急坂を前にして渓流に「ささやき滝」が懸かっていた。いつもはごく僅かの水しか流れず瀬音は囁く程であるが、この日は殊の外流れる水量が多く落下する水音も高かった。暫し佇んで滝を写真に納めてから階段道の急坂を登って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈朝霧が晴れ始めた龍頭峡〉

 

 

 

〈龍頭峡の護り神?〉

 

 

 

 

〈駐車場から三谷川沿いを暫し遡る〉

〈龍頭橋を渡った直ぐ先に登山口がある〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天上山への登山口〉

 

 

〈朽ちかけた丸太橋の架かる登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈対岸の険しい岩山を見上げる〉

〈懸崖の中程の高みにある巻き道を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第一堰堤〉

 

 

〈第二堰堤〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈水量が多かった「ささやき滝」〉

 

 

11:17 「引き明けの森」標柱

  急坂を登り切ると「引き明けの森」の標柱が立っていた。ここから引き明けの森が始まる。先ずは杉や樅の巨木が林立する森が拡がっていた、いつもながらに圧倒されるような眺めであった。10分程でその針葉樹の巨木の森を抜けると、すっかりと葉を落とした落葉樹の森が始まった。この森の主ともいうべき栃の古木もここにあった。落葉した森は覚悟していたが、その通りの森の中に立つとやはり寂しかった。自らを奮起させて先に進むこととした。栃の古木の直ぐ先で登山道は二つに分かれ森の中を巡る周回路をなすが左の道を採った。ブナの樹々はもうすっかり葉を落としていた。それでも周回路を上へ上へと登って行くと、黄色の葉を着けた灌木類が見えるようなり、更には紅いモミジの類も樹々の間に姿を見せるようになってきた。周回路が稜線部直下の高みの巻き道になった頃、事態は一変した。谷間の斜面全体を埋めているモミジやカエデが見事に黄や紅に、或いは黄金色に色付いていた。曇り始めた空から時折射す陽光にそれらが照らされると、輝くことまた美しいことこの上もない程に感じられた。全くこの森は不思議なところである。遅きに失したと思いつつやって来ても、こうして最奥の山域に見事な紅葉を用意して待ってくれているのであるから・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早速に樅の巨樹が現れる〉

 

 

 

〈ここから「引き明けの森」に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈針葉樹の森を抜けると葉を落とした森に出た〉

 

 

〈この森の主とされる栃の古木〉

 

 

 

 

〈引き明けの森の周回路に入ると色付いた樹々が現れた〉

〈樅の樹の先に紅葉したモミジが現れた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈頭上を紅葉と黄葉が覆う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           〈巨樹の先に紅葉の森が拡がっている様子!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈見事な黄葉の森が残っていてくれた!〉

 

 

 

 

 

〈周回路の上の分岐〉

〈登山道に沿って紅葉の森が続く〉

 

 

12:09 「悠久の森入口」(天上山林道)

  見事な紅葉の森に感嘆している間に俄かに空が厚い雲に覆われていつ雨になってもおかしくない天気となってしまった。ここは下山時に天気が回復していることを期待して先に進むこととした。引き明けの森を出ると棚田で有名な井仁から上って来ている林道に出合った。広島県知事の筆になる「悠久の森」の石碑が建てられていた。少しだけ井仁の方向に下ったところに天上山への登山道の入口があった。「山頂まで1q」と案内されていた。この道は杉の造林地の中の急坂を抜け、最後に尾根筋に乗ってここから30分余の時間で天上山の山頂へと導いてくれた。

 

 

 

〈引き明けの森を出ると「悠久の森」の碑が建つ〉

〈天上山林道〉

 

 

 

 

〈天上山へは先ず杉林の中を登る〉

〈急坂が終われば稜線部を山頂まで行く〉

 

 

12:47〜13:19 天上山(972.6m)

  いつも静かな天上山の山頂には、この日も登山者の姿は一人もなかった。やや笹原の面積が拡がったかなと思える山頂広場でランチタイムとした。眺望が僅かに開けた樹間からこの日は恐羅漢山、旧羅漢山、十方山の山頂部がきれい見えた。一時的に厚い雲に覆われていた空も、天気が回復して青空となっていた。「引き明けの森」の紅葉が明るい陽光に輝く景色を楽しみにして、登って来た道を引き返し下山の途に就いた。

 

 

 

〈天上山々頂〉

〈山頂に建つ二等三角点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                       〈山頂から十方山、旧羅漢山、恐羅漢山を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈杉林の中の急坂を下る〉

 

 

 

〈下山路は来た道を引き返す〉

 

 

13:44 「悠久の森入口」(天上山林道)

  天上山林道まで下って、森の中に入ると直ぐにここにも「引き明けの森」の標柱があった。樅やブナの巨樹の間に見事なモミジやカエデの紅葉が拡がっていた。期待した通りに回復した天気の下で陽光に照らされて一段と輝かしい景観であった。それらに見惚れて歩みは遅々としていたが、途中の周回路分岐から森の主の老栃へ直接下る支尾根に入った。その沿道もなお見事な紅葉の中にあって高揚した気分が続いた。栃の古木近くまで下ってくると、景観はまたダイナミックチェンジして今度は冬枯れの森に戻り、なお下り行くと針葉樹の森となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「悠久の森」の石碑まで下ってきた!〉

 

 

〈林道から森に入るとここにも標柱があった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                               〈森の下生えも綺麗に紅葉していた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈午後の陽光に照らされて輝く紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈見事な紅葉の森が拡がっていた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈頭上を紅く彩るカエデの葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    〈蔦の黄葉とカエデの紅葉のコラボレーションが美しい!〉

 

 

 

 

 

〈周回路の上の分岐点〉

〈巨樹の繁る尾根筋を下る!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈引き明けの森らしい巨樹と紅葉のコラボ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今が最も美しい紅葉の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈紅いモミジが陽光に映える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      〈モミジやカエデの大饗宴!〉

 

 

 

 

 

〈森の主の栃の古木に再会〉

〈杉の巨樹の森を下り行く〉

 

 

14:37 「引き明けの森」標柱

  下の「引き明けの森」の標柱を過ぎてささやき滝へのアルミ階段の急坂を下ると、また険しく危弱な登山道を辿ることとなった。特に二段の滝の落ち口の上流部から懸崖の中程を巻き始める登山道は険しい。この巻き道の途中から二段の滝の滝壺まで下って行ける登山道があるのでそこを下ってみようとしたが、従来から荒れていたこの道は修復されていなかったので直ぐに引き返して龍頭橋詰の登山口へと下った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「引き明けの森」ともお別れ〉

 

 

〈巨樹の森を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大泣きしているような堰堤〉

 

 

〈再び懸崖の中程を巻く登山道へ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍頭橋詰の登山口へ下る急坂〉

 

 

 

〈なかなかに険しい道が続く〉

 

 

15:29〜15:31 龍頭橋

  龍頭橋詰の登山口まで戻ってきて、途中で間道から下るのを断念した滝見物に向かうこととした。奥の滝まで400メートル程とそんなに遠くはない。なめら滝、二段の滝、奥の滝と3つの滝を見ることが出来たが、例年この時期には水が乏しく寂しい滝であるが、今年はここも水量が豊かでこの滝にしては見応えのある姿であった。ザックに入れていた小さな三脚を使っての滝のスローシャッター撮影で思わぬ時間を費やしてから駐車場へと下った。

 

 

 

〈龍頭橋から三谷川を遡って滝見物に・・・〉

〈三谷川の渓流〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                 〈なめら滝〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この日は水量が多かった「二段の滝」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「奥の滝」もいつになく水量が多かった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈滝の飛沫をアップで〉

〈落ち口をスローシャッターで〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈駐車場へと下り行く!〉

 

 

〈晩秋の佇まい〉

 

 

16:25 龍頭峡駐車場

  6時間を超える山行を終えて無事に駐車場に帰ってきた。山中では誰にも会うこともない静かな山旅であった。龍頭峡の奥まったところにある駐車場の周囲の樹々はもう大方葉を落として、将に晩秋に佇まいであった。ここの紅葉が終われば、西中国山地の紅葉が完全に終わりになるのも近い。

 

 

 

〈綺麗に色付いた三谷川沿いのモミジ〉

〈我が愛車だけの駐車場に戻った〉

 

 

 

◆◇◆◇◆筒賀の大イチョウ(筒賀大歳神社)◇◆◇◆◇

 

この日の朝、龍頭峡に入る前に筒賀の大イチョウを訪ねた。

山の紅葉と同じく、今年は大イチョウが色付くのが早く、もう落葉の頃を迎えていた。

この朝はほぼ落葉状態で、大歳神社の境内は将に落ち葉の絨毯といった状態であった。

 

 

 

〈すっかり葉を境内に落とした大イチョウ〉

〈筒賀の里もいよいよ冬を迎える準備に入る〉

 

 

〔山行所感〕

  遅きに失して諦めていた今年の「引き明けの森」の紅葉であったが、不思議なるかな、訪ねてみると最奥の山域にひっそりとその美しい姿を隠すようにして残っていてくれた。今までもどんな時に訪ねても期待を裏切らなかった森であったが、殊の外紅葉が早かったことしの異変の中でもこうであった。癒しの森、悠久の森に、不思議の森というキャッチフレーズを付けても良いかと思う。またしても、益々引き明けの森が好きになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2