琴比羅神社の紅葉狩りと里山散策 松笠山(374.3m)

広島市東区

2012年11月25日(日)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                               〈今が盛りの戸坂・琴比羅神社の紅葉〉

 

 

 

例年なら12月にならないと色付かない戸坂の琴比羅神社の紅葉も

今年の殊の外に早い冷え込みにもう紅葉しているだろうと、休日午後の散歩を兼ねて出掛けてみた。

紅葉を見た後は、松笠山への山上散歩を楽しんでから菰口側に下りて、

中国自然歩道を矢口まで辿ってみることとした。

 

《山行記録》

下小田バス停13:47・・・・14:01龍泉寺14:02・・・・14:04琴比羅神社(紅葉)14:21・・・・14:24一休出会い坂・・・・14:44山門・・・・14:49松笠観音寺14:56・・・・15:05尾根道出合・・・・15:09 331.0m三角点・・・・15:32松笠山(374.3m)15:53・・・・15:55鞍部・・・・16:15菰口憩の森

〔総所要時間:2時間28分、休憩等:0時間46分、正味所要時間:1時間42分、歩行距離:42q、累積標高差:484m、‐286m

 

13:47 下小田バス停

  よく晴れて暖かった午後、広島北郊の住宅団地をバスで出て、琴比羅神社への最寄りの下小田バス停で下車してJR芸備線に沿った戸坂の山裾の道を歩いて神社への入口にある龍泉寺へと向かった。高台を行く道からは太田川に架かる紅いアーチの安芸大橋がよく見えた。のんびりと歩いて15分程で真っ紅な紅葉に彩られた石段上に建つ龍泉寺に着いた。小さな堂宇に参拝してから、境内の右手奥へ延びている遊歩道に入って琴比羅神社を目指した。その入口には「約百米上 琴平比羅神社と滝あり」と刻まれた石柱が立っていた。

 

 

 

〈昼下がりの空いたバスで下小田バス停へ〉

〈安芸大橋のアーチを眺めながら龍泉寺へ向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍泉寺〉

 

 

 

〈紅葉に彩られた石段を登ると龍泉寺〉

 

 

14:04〜14:21 琴比羅神社

  龍泉寺から僅か2分で琴比羅神社に着いた。小さな谷間の奥の岩壁に三方が囲まれた所である。嘗てはこの地に「滝の宮」とも呼ばれた琴比羅神社の神殿や拝殿が建っていたと言われているが、今ではそのすべてが水害等で流されて奥まった岩の上に小さな祠が祀られているだけである。琴比羅神社跡と言った方が適切かも知れない。この季節となるとこの神域が七色の見事な紅葉で彩られる。例年は他の紅葉の名所が散った後に見頃を迎えるので、なかなかに稀少価値のあるところと言える。この日、奥の岩の上で紅葉狩りの酒宴を始めてようとしていた地元の方にお聞きすると、今年は一週間も早く見頃を迎えたとのことであった。良い出来栄えの今年の紅葉に、いつまでもいたい気持ちもではあったが、先の道程を想うとそうもいかず琴比羅神社から上へ延びる松笠観音寺への険しい急坂の参道を登って行くこととした。

 

 

 

 

 

 

 

                            〈七色の紅葉に彩られた琴比羅神社の神域〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈小さな谷滝の下から頭上の紅葉を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈岩壁を黄金色の紅葉が包む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈真っ紅の紅葉が石造りの常夜灯を包む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈谷に最奥から琴比羅神社の境内を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈参道に落ちたモミジの葉〉

 

 

 

〈琴比羅神社から松笠観音寺の参道を登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈松笠観音寺の山門〉

 

 

〈掃き清められた参道〉

 

 

14:49〜14:56 松笠観音寺

  好天の日曜日とは言え静かな参道であった。松笠観音寺の境内への入口の手前で、やっと二人連れの女性の参拝者に出会った。境内は無人であったが、小振りな本堂に参拝してから境内の奥にある霊水の井戸の水を戴いている時に二人の児童を連れた若いお父さんが現れた。この寺は杉やアベマキなどの巨樹群に囲まれているが、子供達と共にドングリを拾っていたという。その家族連れも去ってから我々も松笠山へと急ぐこととした。寺の背後の尾根の上へと急坂を登って行くと、松笠山の山頂まで行ける尾根道に出合った。秋の彩りに包まれた山域を気持ち良く歩いて松笠山へと急いだ。山頂までの間に二組のグループと行き違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈松笠観音寺の本堂〉

 

 

〈境内にある井戸で「空海の霊水」を戴く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根上の登山道に出合う〉

 

 

 

〈落葉で彩られた登山道に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高331.0mピークに建つ四等三角点〉

 

 

〈静かな登山道が松笠山へと続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                              〈菰口の谷を挟んで二ヶ城山が対峙する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道をクロモジの黄葉が飾る〉

 

 

 

〈行く手に松笠山の山頂部を望む〉

 

 

15:32〜15:53 松笠山(374.3m)

  冬の午後としては遅い時間となって、松笠山の山頂には登山者の姿はなかった。冬の短日ゆえに太陽はもう大分西に傾いて、山頂から見る宮島は黒いシルエットとなり、大野ノ瀬戸は夕陽を反射して黄金色に光っていた。静かな山頂でコーヒータイムを取って暫し憩いの時間とした。西の空は徐々に赤みを増して行っているようであった。小休止の後には、菰口憩の森へと下山することとした。順路は観音寺方面に少し戻ったところから分岐に入るが、今では東浄団地側に進んだ最初の鞍部に尾根下の巻き道への間道が抜けており、その方が便利なのでその道を採ることとした。菰口憩の森まで20分余で下ることが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈松笠山々頂の四等三角点〉

 

 

 

〈松笠山々頂にJRの無線反射板が建つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                            〈広島市街地越しに宮島、大野ノ瀬戸を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

〈広島市郊外の市街地の先に武田山、火山、東郷山等を望む〉

〈大茶臼山の遙か先に大峯山を望む〉

 

 

 

 

〈温品の谷を挟んで呉娑々宇山が陣取る〉

〈憩の森への下山道を飾るクロモジの黄葉〉

 

 

16:15 菰口憩の森

  蝦蟇ヶ峠に近い菰口憩の森まで下ると、園地のモミジはもうすっかりと葉を散らしていた。ここからは、1時間余の時間をかけて高陽町の矢口まで車道を兼ねた中国自然歩道を歩かねばならなかった。歩道の通る谷間は秋の盛りで全面的に枯葉色に変容していた。矢口に着く頃には薄暮となっていた。

 

 

 

〈菰口憩の森の芝生広場越しに二ヶ城山を仰ぎ見る〉

〈白い山茶花(さざんか)の花が園地に咲く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈民家の庭に咲いていた寒桜〉

 

 

 

〈中国自然歩道脇にある菰口延命地蔵〉

 

 

〔山行所感〕

  例年は12月に入ってからになる戸坂・琴比羅神社の紅葉の見頃も、今年はこの時期にと早まった。何処とも同様に今年の秋の冷え込みが急であったためであろう。それだけに、今年の当地の紅葉は美しかったと総括出来ようかと思う。琴比羅神社の紅葉も然りであった。紅葉狩りの後の松笠山の散策も、気持ちの良い天気の下で静かで快適な山旅とすることが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2