新春は雪の広島県最高峰へ 恐羅漢山(1,346.4m)

広島県山県郡安芸太田町・島根県益田市匹見町

2013年1月7日(月)    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

                        〈純白のブナ林を抜けて恐羅漢山々頂へと向かう〉

 

 

 

まだ本格的な雪の山に一度も行っていなかった今冬、

この日は正月休みの最終日であったものの、山の天気が良さそうなので思い切って出掛けることとした。

行き先は霧氷の林とモンスターに出逢うことを楽しみにして、

広島県の最高峰の恐羅漢山とした。

 

《山行記録》

牛小屋高原登山口9:28・・・・9:31かやばたゲレンデ・・・・9:41百本杉9:43・・・・10:37トレースに出合う・・・・10:48主尾根出合10:56・・・・11:58台所原分れ・・・・12:00恐羅漢山(1,346.4m)(昼食)12:44・・・・13:14百本杉への支尾根分岐・・・・13:37百本杉・・・・13:48かやばたゲレンデ・・・・13:50牛小屋高原登山口

〔総所要時間:4時間22分、昼食・休憩等:0時間54分、正味所要時間:3時間28分、歩行距離:5.1q、累積標高差:±425m

 

 9:28 牛小屋高原登山口

  休日にはスキー客の車で混み合う冬の牛小屋高原であるが、正月明けの平日のこの日の駐車場は我が愛車を含めて僅か3台の車が停まっているだけであった。登山口からスノシューを履いて出発した。かやばたゲレンデから先の登山道に前日の明白なトレースがあったので、これは楽が出来るかと思ったが、そのトレースは百本杉の林の下を巻いてその先へと延びており、百本杉から恐羅漢主尾根まで続く支尾根はヴァージンスノーのままであった。ここは新雪をラッセルして支尾根を登ることとした。小一時間の膝近くまで沈むラッセルで主尾根直前まで達した所で、右側の谷筋から延びてきていたトレースに出合った。どうも前日に百本杉の先から谷筋を強引に(力強く)上がった人達がおられたようであった。

 

 

 

〈閑散とした平日の牛小屋高原登山口〉

〈曇天下のかやばたゲレンデ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヴァージンスノーの百本杉からの支尾根〉

 

 

 

〈百本杉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   〈新雪をラッセルしながら登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 〈樹間から砥石郷山、深入山を望む〉

 

 

 

 

 

〈主尾根に出合う直前に前日のトレースに出合った〉

〈支尾根の最上部から立山尾根を望む〉

 

 

10:48 主尾根出合

  主尾根上に出て、いつものように中の甲の谷を挟んで対面する天杉山を眺める地点まで行ってみた。真っ白な山体が見事であった。主尾根のブナの森は見事な霧氷の世界であった。足元には前日のトレースが明白に残っており楽をさせてもらった。好転した天気の下で、白く輝く氷のトンネルの下を行くのは、夢心地といったところであった。真っ青な空に、真っ白な樹氷群がよく映えた。山頂に近くなると、それに雪の衣を身に着けた杉のモンスターが加わって賑やかになった。この日の主目的のこれらに出逢えて嬉しい限りであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈主尾根出合〉

 

 

〈主尾根出合の見事な霧氷〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       〈冠雪して真っ白な天杉山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈霧氷の林を抜けて山頂を目指す〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                〈氷の造形〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈あくまでも白く! あくまでも青く!〉

 

 

〈氷の迷路を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              〈冬のブナの森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     〈モンスターの棲む霧氷の森〉

 

 

 

12:00〜12:44 恐羅漢山(1,346.4m)

  恐羅漢山の山頂には登山者の姿もスキーヤーの姿もなかった。またこの日、誰かが上がって来た形跡も認められなかった。山頂で、小一時間ランチタイムを楽しんだが、この日このピークを踏んだのは我々だけであったようだ。スキー場の放送音を除いてとても静かな山頂であった。遙か遠くの峰々は雪雲の中のようであったが、周囲の西中国山地の名山群は眺めることが出来た。旧羅漢山や台所原へのトレースがないかと探ってみたが、それらを認めることは出来なった。下山は、冒険する気にもならず、さりとてスキー場の中を通るのも憚られたので、来た道を引き返すこととした。

 

 

 

〈恐羅漢山々頂〉

〈聖山、砥石郷山、臥龍山を眺望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂直下のモンスター群〉

 

 

 

 

 

 

 

 

                         〈モンスター越しに旧羅漢山、焼杉山方向を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                  〈谷を隔てて十方山の山塊を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            〈山頂のブナの樹〉

 

 

 

 

 

〈登り来た道を引き返すことに・・・〉

〈雪の造形〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈氷の迷宮か・・・!?〉

 

 

13:14 百本杉への支尾根分岐

  下山ルートも前日のトレース沿いに歩いて楽をさせてもらった。百本杉への支尾根を下るについても前日のトレースのルート取りを探ってみようとも思ったが、意外の厳しい斜面で谷間に下りて行っていたので、やはり尾根筋を確実の辿るのが安全であろうと考えて、午前中の我々のトレースを採ることとした。支尾根筋の樹氷は、好天のせいもあってか午前中に比べて格段に少なくなっていた。何事もなく百本杉まで下り、樹林の中のトレースを辿って牛小屋高原へと向けて下って行った。

 

 

 

〈霧氷も大分落ちた支尾根の分岐辺り〉

〈百本杉への支尾根を下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈百本杉まで下って来た〉

 

 

〈百本杉を振り返る〉

 

 

 

 

〈晴れ渡った牛小屋高原〉

〈かやばたゲレンデ〉

 

 

13:50 牛小屋高原登山口

  ボーダーが一人だけ見えたかやばたゲレンデの下を通って牛小屋高原の登山口に戻った。登山口には人の姿はなく、駐車場に戻ると、入れ替わりはあったものの朝方と同じく3台の車が停まっているだけであった。ただ朝方と違って、駐車場から見上げるスキー場の上空には青空が見えていた。

 

 

 

〈牛小屋高原登山口へ下山〉

〈駐車場からスキー場上部を仰ぎ見る〉

 

 

〔山行所感〕

  昨年末から雪の西中国山地へ早く行ってみたいと思ていたが、この日の好天に誘われてその念願を叶えることが出来た。なかなかに好天に恵まれることが少ない冬のこの山域であるが、この日は刻々と天気は変わったものの稜線上にあっては素晴らしい雪と氷の世界に出逢うことが出来た。ちょっと無理はしたが、行ってみて良かった。今年も、西中国山地は我々の山行の主たる山域となるのは間違いない。今回は第一弾であった訳だが、四季折々に大いに楽しませてもらおうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2