春の花が揃い始めた登山道を歩く 皿ヶ嶺(1,278m)

愛媛県東温市・同県上浮穴郡久万高原町

2013年4月27日(土)    門久単独

 

 

 

 

 

 

〈若葉萌える天狗の庭〉

 

 

 

大型連休がスタートした中、約2か月振りに皿ヶ嶺を歩いてきた。

春の訪れと共に、皿ヶ嶺は花の山となる。

慣れ親しんだ山とは言え、

久し振りのこの山の今年の季節の進行はどんな具合かを探りながらの山行となった。

 

《山行記録》

水の元(気温10)9:55・・・・9:56お花畑10:10・・・・10:32林道出合・・・・10:35上林森林公園駐車場・・・・10:47風穴10:55・・・・11:1十字峠方面直登道分岐・・・・11:2丸太のベンチのあるテラス11:25・・・・11:29引地山分れ・・・・11:38稜線テラス11:40・・・・11:47十字峠・・・・11:57皿ヶ嶺三角点(1,275.5m)・・・・12:01皿ヶ嶺山頂(1,278m)12:04・・・・12:26竜神平(昼食)12;55・・・・13:09尾根道合流・・・・13:30上林峠・・・・13:49林道跡三差路・・・・13:56天狗の庭14:10・・・・14:34水の元

〔総所要時間:4時間39分、昼食・休憩等:1時間15分、正味所要時間:3時間24分、歩行距離:8.3q、累積標高差:±811m〕

 

 9:55 水の元

  この日は水の元からのスタートとした。さすがに大型連休の初日ゆえに駐車場はほぼ満車状態で、辛うじて我が愛車一台を滑り込ませるだけのスペースを見付けた。身支度を整えてすぐ上のお花畑からスタートを切った。お花畑には沢山の春の花々が咲いており、花々が次から次へと出現してきて早速に15分間程の大停滞となった。お花畑を後に風穴へと向かう道でも、また花々を見付けてしまい仲々に前へ進めなかった。水の元を出てから40分間もかかって風穴下の上林森林公園の駐車場前に到達した。

 

 

 

〈麓から仰ぎ見る皿ヶ嶺〉

〈水の元〉

 

 

 

 

〈ヤマルリソウ〉

〈ヤマシャクヤク(蕾))

 

 

 

 

〈キバナアマナ〉

〈シロバナエンレンソウ〉

 

 

 

 

〈咲き始めたばかりのイチリンソウ〉

〈ヒメエンゴサク〉

 

 

 

 

〈コガネネコノメソウ〉

〈ユキザサ(蕾)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈エイザンスミレ〉

 

 

〈ミツバテナンショウ〉

 

 

 

 

〈杉林を抜けて風穴へと向かう〉

〈ミツマタ〉

 

 

 

 

〈ワチガイソウ〉

〈サイゴクサバノオ〉

 

 

 

 

〈ツクバネソウ(蕾)〉

〈若葉萌える上林森林公園を行く〉

 

 

10:35 上林森林公園駐車場(風穴下)

  ここの広い駐車場にも多くの車が停められていた。この日の山上の賑わいが想像出来た。これから出発するグループの姿もあり、風穴で相前後して2つのグループに出逢った。風穴の周りには植樹の本シャクナゲが花開いていたほか、もう遅すぎるかと危惧していたアワコバイモの花も何とか見付けることが出来た。風穴からは正面登山道を採って、春からお花畑となる北斜面をジグザグを描いて登って行った。春の走りに斜面を埋めるハシリドコロはなお健在であった。斜面の途中で竜神平への道を見送り、十字峠へと直登する道に入った。高度が増してきたせいか、その道筋には花々が少なかった。シコクカッコソウの群生が開花していることを期待していたが、残念ながらまだ蕾の状態であった。丸太のベンチのあるテラスには2グループが休憩中で空きがなかったので先に進むこととした。

 

 

 

〈上林森林公園〉

〈駐車場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈風穴入口〉

 

 

 

〈コンロンソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈コガネネコノメソウの群生〉

 

 

 

〈本シャクナゲ〉

 

 

 

 

〈風穴〉

〈アワコバイモ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈コチャルメルソウ〉

〈皿ヶ嶺登山口〉

 

 

 

 

〈お花畑となる北斜面〉

〈ハシリドコロ〉

 

 

 

 

〈ハルトラノオ〉

〈十字峠方面直登道分岐〉

 

 

 

 

〈シコクカッコソウ(蕾)〉

〈エイザンスミレの群生〉

 

 

11:29 引地山分れ

  引地山への分岐を示す道標を過ぎると尾根道となった。右の久万高原町側は杉の植林地であるが、左の東温市側は急斜面ではあるがブナを中心とした自然林が占めていた。この辺りのブナはまだ芽吹きまでも至っていなかった。稜線上にあるテラス状の高みに立つと、裸の樹々の間から眼下に上林の集落や棚田が望めた。足元にあった四国では貴重なイワカガミはまだ蕾を結ぶまでにも行っていなかった。稜線部から一旦十字峠へと下り、そこから杉の植林と自然林との間の登山道を皿ヶ嶺の山頂へと登り返して行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈引地山分れ〉

 

 

〈尾根筋を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈まだ蕾もないイワカガミ〉

 

 

〈ショウジョウバカマ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈十字峠〉

 

 

〈皿ヶ嶺山頂への道〉

 

 

 

 

〈皿ヶ嶺二等三角点〉

〈山頂手前の尾根筋の道〉

 

 

12:01〜12:04 皿ヶ嶺(1,278m)

  皿ヶ嶺の山頂は先客で満杯といったところであった。老若男女が広場を囲むベンチに陣取って賑やかにランチタイムを取っておられた。こんな所に単独行者は入り込み辛いので、竜神平で昼食を摂ることとして先に進むこととした。 山頂直下のブナの樹間から石鎚山塊がよく見えて、竜神平へと下る道には、タチツボスミレやミヤマカタバミの姿が多く見られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈超満員の皿ヶ嶺山頂〉

 

 

〈皿ヶ嶺山頂標〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈久万高原町の町並の先に天狗高原を望む〉

 

 

 

 

 

〈山頂直下のブナ林〉

〈樹間から石鎚山塊を望む〉

 

 

 

 

〈蜘蛛の巣のようだ枝振りのブナ〉

〈ミヤマカタバミ〉

 

 

 

 

〈タチツボスミレ〉

〈畑野川分岐〉

 

 

12:26〜12:55 竜神平

  竜神平の愛大小屋の周辺にも多くの人達が昼食がてら憩うておられた。ここは広いので、よく乾燥した草の刈られた草原に席を定めてランチタイムを決め込んだ。よく晴れた、広々とした竜神平は心地良かった。食後は予定よりも時間は押していたが、上林峠を経由して水の元へと下ることとした。笹原の中に切り開かれた登山道で樹林の中に入り、上林峠から登ってきている尾根筋の道に出た。左側が北面の絶壁であるが、ブナに囲まれた気持ちの良い道であった。上林峠に近づくと、長い長い階段の道が峠の鞍部に向かって一気に下っていた。

 

 

 

〈竜神平で憩う登山者〉

〈広々とした竜神平〉

 

 

 

 

〈笹原を抜けて行く〉

〈赤松が美しい森を抜けて〉

 

 

 

 

〈上林峠へと続く尾根道〉

〈ブナの林が素晴らしい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈陣ヶ森を仰ぎ見る〉

 

 

 

〈上林峠へと下る階段道〉

 

 

 

 

〈スミレ〉

〈上林峠辺りのブナは芽吹きの時を迎えていた〉

 

 

13:30 上林峠

  上林峠経由の道には他の登山者の姿がなかった。多くの人達は竜神平から風穴への正面登山道を採られたようであった。上林峠から水の元への道すがらも花の多い所であった。シコクスミレの群生も姿を現しており、北面の絶壁の真下の「天狗の庭」と呼ばれる箱庭のような平地にはより多くの花が咲き、また新緑も萌え始めており美しかった。シロバナエンレイソウに加えて、ここではシコクカッコソウ、イチリンソウ、ヤマブキソウが他よりも一足早く花開いていた。時間があまりない時には、水の元から天狗の庭だけを見に来ても良いかもしれない。沢山の花々に出逢えて満足しながら、水の元へと下って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上林峠〉

 

 

〈上林峠付近から麓を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈シコクスミレ〉

〈林道跡の三叉路〉

 

 

 

 

〈若葉萌える天狗の庭〉

〈苔に根付いて花開いたミヤマカタバミ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ルイヨウボタン(蕾)〉

 

 

〈シロバナエンレイソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈一足早く開花したシコクカッコソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早咲きのヤマブキソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミツバツチグリ〉

 

 

 

〈イチリンソウ〉

 

 

 

 

〈間伐の終わった杉林を抜ける〉

〈タチツボスミレの群生〉

 

 

14:34 水の元

  約4時間半に亘る周回コースの山行を成就して水の元へと下った。駐車場にはなお残っている車も多く、次から次へと登山者やお花畑見物の観光客が来ているようであった。下山後には広島へ帰る予定の身で、のんびりとする訳にも行かず急ぎ登山道具を車に納めて帰路に就くこととした。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈水の元〉

〈水の元で憩う下山してきた登山客〉

 

 

〔山行所感〕

  2か月振りの皿ヶ嶺であったが、山は気持ち良く迎えてくれたようだ。春の花々の開花状況はやや遅れ気味かと思えたが、イチリンソウやヤマブキソウ、それにシコクカッコソウも開花し始めており、「花の皿ヶ嶺」らしい佇まいを見せ始めているのには満足であった。これからの日々、新緑が鮮やかになっていく中、「花の皿ヶ嶺」はより一層艶やかで多様な花の世界へと変貌して行く。時機を逸さぬように再訪してみたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2