至宝のヤマシャクヤクを訪ねる 十種ヶ峰(988.8m)

山口県山口市

2013年4月29日()  昭和の日   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈谷間に清楚に咲いたヤマシャクヤク〉

 

 

 

昨年世間に広く公開された十種ヶ峰のヤマシャクヤクがもう開花して

2〜3日のうちには満開を迎えそうとの情報に出掛けてみることとした。

大型連休前半の最終日とあって、山jは混雑を極めているだろうと危惧しながらも、

ゆっくりと訪ねてみると山中は意外にも静かで、大豊作のヤマシャクヤクをのんびりと鑑賞出来た。

 

《山行記録》

 神角八幡神社駐車場10:35・・・・10:40生木地蔵・・・・11:17林道終点・・・・11:40最初のヤマシャクヤク・・・・12:31南尾根出合・・・・12:49十種ヶ峰(988.8m)(昼食)13:22・・・・13:24権現社(熊野神社)・・・・13:38権現社鳥居・・・・13:53林道横断・・・・14:26十種ヶ峰登山口・・・・14:31神角八幡神社 

〔総所要時間:3時間56分、昼食:0時間33分、正味所要時間:3時間23分、歩行距離:62q、累積標高差:±675m

 

 10:35 神角(こうづの)八幡神社

  国道315号線を外れて十種ヶ峰の西山麓の神角の集落に入ると、八幡神社への入口に案内人の姿があり車を神社の方に誘導してくれた。例年駐車場捜しに苦労していたが、今年は八幡神社の境内と隣の畑に広い駐車場が新設されていた。昨年のヤマシャクヤクの花園の公開に続いての環境の整備なのであろう。有難い限りであった。地元産品の販売所が設置されて賑やかな八幡神社に参拝してから出発した。もう10時半も回った時間帯で、登山者の姿は疎らであった。神社裏手にある神角のシダレ桜の下を抜けて、直ぐ先の生木地蔵の所でイノシシ柵を越えて林道を登って行った。今年は、その林道沿いに沢山の種類の花々が咲いているように思った。それらの写真を撮りながら登っていると、例年は30分間程で着く林道の終点まで10分以上も遅れてしまった。

 

 

 

〈登山口となる神角八幡神社〉

〈八幡神社の傍に新設された駐車場〉

 

 

 

 

〈十種ヶ峰を仰ぎながら出発〉

〈青葉の神角のシダレ桜〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タツナミソウ〉

 

 

 

〈生木地蔵〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈マムシグサ〉

〈トキワイカリソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミツマタ〉

 

 

〈ヤマエンゴサク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ノイチゴ〉

 

 

 

〈ニョイスミレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山口から林道を登り行く〉

〈タチツボスミレ〉

 

 

11:17 林道終点

  林道の終点から先は山道となった。暫く雨が降れば渓流となる険しい谷間の急坂登りを強いられた。美しい花園を見るための通過儀礼のような難所である。とはいえ、その難所にも春の小さな花々が沢山咲いており、結構楽しませてくれた。そろそろヤマシャクヤクが現れようかという頃に、一人の山慣れした男性が上がって来られた。驚いたことにN川さんであった。その後に少し遅れて3人の淑女達の姿もあった。「山の自由人」のグループの山行に遭遇したという次第だ。お互い奇遇に驚きながらも、一緒に先に進むこととなった。その後直ぐヤマシャクヤクが現れた。最初はまだ花弁を閉じている花が多かったが、登り行く程にそれを開いた株が多くなって行った。今年のヤマシャクヤクは非常に密生しており、また谷間から山の傾斜地までの広きに亘って拡がっており、近年にない豊作のようであった。今はそれらが七分咲きといったところであったが、地元のガイドの方の弁では「最も美しい頃」とのこと。本当に実に美しく、いつまでも見ていたい気分であった。決して長い探勝路ではないものの、そこに小一時間も留まってしまった。

 

 

 

〈林道終点〉

〈この白い花は?〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈暫し険しい谷間を登る〉

〈ラショウモンカズラ〉

 

 

 

 

〈キランソウ〉

〈ヤマルリソウ〉

 

 

 

 

〈ミヤマキケマン〉

〈ヒトリシズカ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この日最初に逢ったヤマシャクヤク〉

 

 

〈満面の笑みで迎えてくれたヤマシャクヤク〉

 

 

 

 

〈整備された探勝道〉

〈今にも開きそうなヤマシャクヤク〉

 

 

 

 

 

 

 

 

絢爛に咲いた一輪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈妖艶に咲く!〉

 

 

 

〈見事なレビュー!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三輪揃い咲き!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈春の風に吹かれて・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈健気なものだ・・・・!!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今年のヤマシャクヤクは豊作〉

 

 

 

〈新鮮な花が並ぶ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈花の大絨毯が広がる〉

 

 

 

〈ブナの森にも花園が広がる〉

 

 

 

 

〈ルールとマナーを守って探勝したいもの・・・〉

〈黄金色に映える一輪〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈いつまでも見ていたい景色である〉

 

 

〈この二輪も黄金色!!〉

 

 

12:31 南尾根出合

  ヤマシャクヤク咲く谷間の最後の急坂を登り切ると十種ヶ峰の南尾根に乗った。暫し山頂まで急坂が続く。不思議なもので、この先にはヤマシャクヤクは一本もない。その代わりという訳ではないだろうが、馬の背のように狭い尾根筋ながらもトキワイカリソウやスミレ、ミツバツツジなど多様な花々を楽しめるところでもある、それと共に周囲の眺望も一気に開ける。ヤマシャクヤクの写真を撮っていて、後れてしまったN川さんと二人で先行する女性陣を追って急坂登りを続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈南尾根に乗ってヤマシャクヤク咲く谷間を覗く〉

 

 

〈見事なスミレが路傍に咲く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈トキワイカリソウとスミレの群落〉

 

 

 

 

 

〈山頂まで暫し急坂が続く〉

〈南尾根から神角の集落を俯瞰する〉

 

 

12:49〜13:22 十種ヶ峰(988.8m)

  ヤマシャクヤクの咲く谷間でもそうであったが、山頂にも数組のグループがいるだけでヤマシャクヤクのシーズンとしては極めて閑散とした山上であった。時間が遅いからという訳でもないだろうし、天気のせいでもないことも確かである。まだヤマシャクヤクの花期には早過ぎるとの世間の認識なのであろうか・・・・?とは言え、そんな静かな十種ヶ峰ゆえに、落ち着いて花も鑑賞出来たし、ゆっくりと昼ご飯も食べることが出来た。食後、下山に掛かることとした。昨年からヤマシャクヤクの時節は一方通行の勧奨があり、花園を下ることは叶わず西尾根ルートを採ることとなっている。最初は緩やかな下りが続き花々も探勝出来て楽しい。中程で林道を横断してからは斜度が増して行ったが、登山道はしっかりしており心配は無用なルートであった。山頂から一時間で田植え準備が整った神角の集落に下山した。

 

 

 

〈十種ヶ峰山頂〉

〈「山の自由人」の面々と一緒にランチタイム〉

 

 

 

 

〈青野山が指呼の間〉

〈田植えの準備が整った徳佐の田園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈神角に向かって西尾根ルートを採る〉

 

 

〈山頂直下に祀られている熊野権現〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈遅咲きのアセビの花の元を抜けて下る〉

 

 

 

〈石見の方角を望むながら下る・・・〉

 

 

 

 

〈クロモジの花〉

〈ミツバツチグリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミツバツツジが咲く登山道〉

 

 

 

〈熊野銀現の鳥居〉

 

 

14:31 神角八幡神社

  戻ってきて神角八幡神社の駐車場の車はかなり減っていた。地元の方々の地元産品の販売所には人の姿はあったが、もう実質的には店仕舞をしていた。やはり、今日一日の来訪者は少なめであったようだ。4日後からの大型連休の後半には、数多の来訪者で賑わうことは間違いないであろう。一緒に下山して来た山の自由人の皆さんにご挨拶をして、一足早く帰路に就くこととした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈神角に下山〉

 

 

〈五月の風に吹かれて〉

 

 

 

 

〈登山口に立つ案内板〉

〈神角八幡神社に帰還〉

 

 

〔山行所感〕

  昨年世間に公開された十種ヶ峰のヤマシャクヤクであったが、今年は駐車場も出来、また地元産品の販売所が開かれて、地元の方々の熱意と熱気がよく伝わってきた感じであった。ヤマシャクヤクの出来も今年は良く、山中で大いに楽しめた。地道に保護活動に努力されている地元の方々に感謝したい。また、全国でも珍しい、このヤマシャクヤクの一大群生地が、今度とも健全に発展することを切に願わずにはおれない。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2