今年もアケボノツツジ咲く四国の高嶺へ 西赤石山(1,625.7m)

愛媛県新居浜市

2013年5月13日(月)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈満開の西赤石山稜線のアケボノツツジ〉

 

 

 

西赤石山のアケボノツツジの季節が到来した。

絶好の見頃の週末の土曜日は雨、晴天となった日曜日は生憎と所用と重なってしまった。

毎年でも見てみたい花であるが故に、月曜日になって思い切って四国まで車を走らせる気になった。

前日の日曜日に西赤石山に登った「気ままな山登り」さんからは満開との嬉しい情報を貰っていた。

 

《山行記録》

東平登山者用駐車場10:27・・・・10:33東平採鉱本部跡10:35・・・・10:37東平変電所跡10:41・・・・11:07一本松停車場跡(上部鉄道跡出合)11:12・・・・11:22七釜谷・・・・11:33兜岩方面分岐・・・・13:09兜岩(昼食)13:42・・・・14:06西赤石山(1,625.7m)14:11・・・・15:30ヒュッテ近道分岐・・・・16:00上部鉄道跡出合・・・・16:06Uターン・・・・16:17銅山峰ヒュッテ・・・・16:20馬の背コース分岐・・・・16:49柳谷コースと合流・・・・17:05第3通洞・・・・17:15東平登山者用駐車場

〔総所要時間:6時間48分、昼食・休憩等:0時間50分、正味所要時間:5時間58分、歩行距離:10.7q、累積標高差:±1,414m

 

10:27 東平(とうなる)

  昨年に続いて東平から登ることとし、一刻も早くアケボノツツジに逢いたくて、一本松停車場跡経由の兜岩への直登コースを行くこととした。平日にも拘わらず登山者用臨時駐車場は満車寸前まで埋まっていた。その駐車場を出て桧林の中を巻く立派な遊歩道で第3通洞前のかつて採鉱本部があったという広場へと歩いた。この広場の奥で銅山越方面への道と一本松停車場跡経由で兜岩、西赤石山へと登る山道が分れていた。後者の山道に入ると、直ぐに変電所跡のレンガ造りの建物が残っていたのでちょっと覗いてみた。ここは山の自然と共に別子銅山の一大産業遺跡を見ることが出来るので一層楽しいところと言える。一本松停車場跡までの道は急坂の連続の厳しいところであった。それでも、時折樹間からアケボノツツジの花で淡紅色に彩られた稜線部を仰ぐと、疲れを忘れる程であった。

 

 

〈東平から見上げたアケボノツツジに彩られた西赤石山〉

〈満車に近い登山者用臨時駐車場〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巻き道を第3通洞に向かう〉

 

 

〈東平変電所跡〉

 

 

 

〈兜岩への分岐〉

〈四国の山らしい急登が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹間に覗く稜線部はピンク色に染まる〉

 

 

 

〈もう日も高くなってきた〉

 

 

11:07〜11:12 一本松停車場跡

  一本松停車場とはかつて素銅などを運ぶために施設されていた上部鉄道の停車場である。標高1,000メートル前後の険しい山中に長い路盤を築いて鉄道を走らせていたというのだから驚きである。一本松停車場跡からは約20分間、その上部鉄道の路盤跡を辿った。平坦な歩き易い道であったが、路盤をガードする高い石垣や、沢筋に架かっていた鉄橋の跡などを見ると先人の大変な苦労が偲ばれた。上部鉄道跡に別れを告げてからは兜岩から下ってきている尾根筋をひたすら登って行った。ここも険しい急坂続きであった。ただ今年は昨年と違って好天で眺望も良く、登るに従って樹間から間近にアケボノツツジの咲く斜面や稜線部が見えて、山上の好眺望の地に「早くいらっしゃ〜い!」と常時誘われているようで勇気付けられるものであった。ただ、この時期の好天は暑さとの戦いをも意味していた。汗を掻き掻き、水を飲み飲み登り続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上部鉄道の路盤跡を20分間程行く〉

 

 

 

〈一本松停車場跡〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈苔生した石垣〉

 

 

〈路盤跡を支える石垣〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈朽ちた木橋の架かる七釜谷、かつては鉄橋が架かっていたのだろう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上部鉄道敷跡から兜岩への山道に入る〉

〈険しい急登が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈梢の間からピンク稜線部を仰ぐ〉

 

 

〈桧林からアケボノツツジの斜面を垣間見る〉

 

 

 

〈身近にもアケボノツツジが現れてきた〉

〈眼前に咲くアケボノツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈全山アケボノツツジの花、花、花・・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アケボノツツジ咲く谷間から笹ヶ峰を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈老杉を囲むアケボノツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アケボノツツジ咲く岩峰〉

〈岩壁もアケボノツツジに彩られる〉

 

 

13:09〜13:42 兜岩

  東平から2時間半余で兜岩に到達した。兜岩に近づくに連れて西赤石山の北斜面を埋めたアケボノツツジのピンクが濃くなって行くようで、心中は興奮の度を上げ続けていた。平日の上に我々の東平からの出発が遅かったこともあってか、休日には座るところもない程に混雑を極める兜岩の上には数組の登山者の姿があるだけであった。眼前の斜面のアケボノツツジは将に満開の時を迎えようとしている頃のようで、ここへこの時に来れたことを感謝したくなった。周囲の山々や新居浜の市街地やその先の瀬戸内海の眺めも見事であった。この一大眺望の中でランチタイムを楽しむことが出来た。食後は、アケボノツツジ咲く北斜面を西赤石山の山頂へと登ることとした。

 

 

 

 

 

 

 

〈兜岩から西赤石山北面を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈満開に近いアケボノツツジに彩られた西赤石山〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈銅山越へ続く北西斜面にアケボノツツジが拡がる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アケボノツツジのピンクと新緑とのコラボも始まったようだ〉

 

 

 

〈同じアケボノでも色合いが異なる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アケボノツツジに取り囲まれた蜜洞岩〉

 

 

 

 

〈兜岩から遠く石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰を望む〉

〈銅山越から西山、綱繰山へ続く稜線の後背に笹ヶ峰が聳える〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西赤石山の北面をのアケボノツツジを縫って山頂に向かう!〉

 

 

 

 

〈メロディーが流れる・・・・!〉

〈頭の上を覆うアケボノツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線に出ると、兜岩への標識が立つ〉

 

 

 

〈西赤石山々頂直下の急坂〉

 

 

14:06〜14:11 西赤石山(1,625.7m)

  アケボノツツジのシーズンには、兜岩の上以上に混雑を極める西赤石山の山頂は、この日は無人であった。東平でお会いしその後抜きつ抜かれつしながら一緒に登って来た四国中央市からのご夫妻と一緒であった。静かな西赤石山というのも良いものであったが、別の一面では寂しい限りであった。既に時計は午後2時を回っていたので、銅山越へ急ぐこととした。ただ、稜線部やその直下にはアケボノツツジが咲き誇っており、仲々に前に進めない状況が続いた。稜線部のアケボノツツジが、ここまで綺麗かったのは初めてのことであった。ちょっと長い尾根歩きではあったが、楽しい道筋であった。

 

 

〈西赤石山々頂〉

〈西赤石山から東赤石山方面を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈西赤石山々頂から銅山越、笹ヶ峰方面を遠望する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈銅山越への稜線直下もアケボノツツジが満開〉

 

 

〈ツガザラも咲き始める〉

 

 

 

〈ダンゴ状態の3姉妹〉

〈オオカメノキ〉

 

 

 

〈ミツバツチグリ〉

〈タチツボスミレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線を彩るアケボノツツジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈イシヅチザクラ〉

 

 

 

 

〈平家平を望む〉

大座礼山方面を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線上から西赤石山々頂を振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線周辺にアケボノツツジは満開!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈稜線上のアケボノツツジ越しに東平方面を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈アケボノツツジが尽きるとツルギミツバツツジが現れる〉

〈シコクハタザオ〉

 

 

15:30 ヒュッテ近道分岐

  晴れ渡った中での長い尾根歩きは反面で暑いだけに疲れを伴うものであった。写真を撮りながらゆっくりと歩いていたので、時間も大分押していた。そんな時に銅山越の手前の最後のピークである東山への登り口で「ヒュッテ近道」の標識を見付け、その道に入った先行者の姿を認めたこともあって銅山越まで行くことを諦めてこの道を下ることとした。もとより初めて通る道であり、手持ちの地図にも乗っていない道であったが、銅山峰ヒュッテの裏口くらいに下るのであろうと勝手に思い込んでいた。結論から言うと、この道は銅山峰ヒュッテから柳谷コースを10分程下った所に出た。最初は気付かず柳谷コースをそのまま暫く下って行ったが、直ぐにおかしいと気付いて引き返しヒュッテへと向かった。

 

 

〈銅山峰ヒュッテへの近道を採った〉

〈良く踏まれた道をドンドンと下る〉

 

 

 

コヨウラクツツジ

〈柳谷コースに出合った〉

 

 

 

〈暫し柳谷コースを少し下ってから銅山峰ヒュッテに向けUターン〉

〈上部鉄道路盤と柳谷コースの分岐〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第1通洞〉

 

 

 

〈シコクカッコソウ〉

 

 

16:17 銅山峰ヒュッテ

  銅山峰ヒュッテに引き返さずそのまま柳谷コースを下っても良かった訳ではあるが、その段階では自分達の位置が明確でなかったことと、この日は馬の背コースを下ろうと計画していたこともあってヒュッテに引き返したのであった。銅山峰の女将に馬の背コースが問題なく通れることを確認して角石原の分岐へと向かった。女将からは「道標をよく確認して下るように」との助言を頂いた。三喜谷コースとの分岐を過ぎると急坂が待っていたが、それを過ぎるとよく整備された気持ちの良い登山道が続き、角石原から30分もかからぬ間に柳谷コースと合流した。そこから石畳の道を歩くこと15分程で第3通洞前に出た。

 

 

〈銅山峰ヒュッテ玄関〉

角石原にある銅山峰ヒュッテ

 

 

 

〈角石原から馬の背コース、喜三谷コースが分岐する〉

〈ここは馬の背コースを採った〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈馬の背コースの急坂途中から西赤石山の稜線部を仰ぐ〉

 

 

〈よく整備された登山道が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈送電線鉄塔下から下り行く東平が望めた〉

 

 

〈柳谷コースと合流する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈なお険しい山中を下り行く〉

〈歴史を感じさせる石畳の道〉

 

 

17:15 東平

  第3通洞、採鉱本部跡まで下ってくれば、もう東平の臨時駐車場までは遠くなかった。午前中に辿った桧林の中の巻き道を戻れば10分程でもう残った車も疎らになった駐車場に帰り着いた。午後5時を回って、仰ぎ見る西赤石山の稜線部も心持ち夕陽により一層紅く染められ始めているかのようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東平採鉱本部のあった広場

 

 

 

〈第3通洞入口まで下った〉

 

 

 

〈残った車が疎らな東平登山者用駐車場〉

〈最後にもう一度西赤石山の稜線部を仰ぎ見る〉

 

 

〔山行所感〕

  四国や九州の山々をこの時期に淡紅色に染めるアケボノツツジ。大きな花弁のその色合いには引き付けられるものがある。中国地方にはない花で、ちょっと無理をしてでも毎年逢いたい花である。地元の方の評価では、今年の花は決して芳しいものではないとはいうものの、何とか一年に一度だけ会いに来る者にとっては、その満開の頃に出逢えたこともあって極上のものとも思われたのであった。より美しく咲く可能性があるのであれば、また来年にも訪ねてみたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2