絶景と花々を求めて伯耆大山三ノ沢、二ノ沢、一ノ沢を歩く 槍ヶ峰(1,689m)・天狗ヶ峰(1,710m)、剣ヶ峰(1,729m)

鳥取県西伯郡大山町

2013年5月25日(土)   「山の自由人」5名+門久

 

 

 

 

 

 

〈朝の陽光を受ける大山南壁〉

 

 

 

「山の自由人」のN川さんの企画した伯耆大山一ノ沢、二ノ沢、三ノ沢総歩きに参加しました。

目的は沢に咲く花々とアルペンムードに溢れる眺望を楽しむこと。

早暁からの長い山行の一日となりましたが、

大山が本来持つ魅力の一端を垣間見させてもらったような気がしました。

 

《山行記録》

文殊堂駐車場5:17・・・・5:55大堰堤下・・・・6:06大堰堤上6:10・・・・7:29槍尾根出合・・・・7:43槍ヶ峰(1,689m)7:55・・・・8:03天狗ヶ峰(1,710m)8:06・・・・8:21剣ヶ峰(1,729m)8:31・・・・8:43天狗ヶ峰(1,710m)・・・・8:51槍ヶ峰(1,689m)9:00・・・・9:12三ノ沢分岐・・・・9:55大堰堤上・・・・10:03大堰堤下・・・・10:31文殊堂駐車場10:38――10:40二ノ沢駐車場10:42――10:43一ノ沢駐車場10:44――10:46二ノ沢駐車場10:49・・・・10:59最初の堰堤を左岸を巻く・・・・11:05次の堰堤も同じ11:08・・・・11:15治山道路に出る・・・・11:26休憩11:31・・・・11:46二俣(昼食)12:14・・・・12:18ザックをデポ12:22・・・・12:45右俣ゴルジュ12:49・・・・13:09二俣13:11・・・・13:29サンカヨウ群生13:36・・・・13:53二ノ沢左俣源頭・・・・13:59乗越(薮漕ぎ)・・・・14:32一ノ沢出合・・・・14:35お花畑14:53・・・・15:21(休憩)15:27・・・・15:37治山道出合・・・・16:00一ノ沢駐車場

〔歩行区間:所要時間:10時間25分、休憩等:1時間42分、正味所要時間:8時間43分、歩行距離:12.00q、累積標高差:+1,558m-1,613m

 

 5:17 文殊堂駐車場

  前夜に広島を発って大山寺の下山キャンプ場に深夜にテントを張り仮眠。午前4時に起床して朝食、身支度を整えてから勇躍文殊堂駐車場へと車を走らせた。先ずは三ノ沢を花が咲くところまで遡ることに。常時崩落を続ける大山南壁の砂礫が集中する三ノ沢は超長期に亘って治山工事中である。その治山道路で沢に入ってから、河床や河岸段丘に続く踏み跡を辿って源頭部を目指した。時刻はまだ午前5時過ぎ。日の出前とあって、大山南壁もまだ淡白な色合いであった。登り行く程に日の出の時刻を迎えたが、深い谷間の底には陽光は届かず、見上げる南壁の稜線部にその朝日が当たってそこを神々しく輝かせた。踏み跡は概ね左岸の河岸に続くが、沢を登ること40分足らずで最奥の大堰堤の下に達し、そこからは堰堤の右岸側を回り込んでその上に出た。

 

 

〈早暁、三ノ沢に入る〉

〈目覚めぬ剣ヶ峰を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山、三角点ピークなどの稜線に朝日が当たり始める〉

 

 

 

 

〈沢び河床に咲くミヤマキケマン〉

〈堰堤を越えて南壁へとアプローチ〉

 

 

 

〈クルマムグラ〉

〈沢の両岸は新録の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈暫し河床を離れ段丘を登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈タチツボスミレ〉

 

 

 

〈最後の大堰堤が近づいてきた〉

 

 

 

〈大堰堤下から朝の斜光射す麓を俯瞰する〉

〈大堰堤越しに南壁を仰ぐ〉

 

 

 6:06〜6:10 大堰堤上 

  大堰堤の上から見る景観は中国地方離れしていた。誰かの口から「中国地方の涸沢」という言葉が出たが、将に三ノ沢の源頭部は周囲を岩や土砂の山に囲まれて涸沢のような地形であった。先ずはこの広い景観の中を砂礫の堆積した河床を横切って右岸から左岸に渡った。源頭部に近い左岸に達すると、眼前に槍尾根へと一気に登っている急斜面が屹立していた。この急斜面にも砂礫の斜面があり、そこは3歩進んでもその2歩分は確実にずり落ちた。砂礫地を過ぎると、踏み跡の左右の斜面ではちょうど花々が咲こうとしているところであった。ただこの斜面を可憐に飾る筈のイワカガミやマイズルソウはまだ蕾のままであったのは残念であった。急傾斜地を長々と登って槍尾根に達しても楽にはならなかった。行く手に針のような槍ヶ峰南峰が聳えており、その山肌に取り付いて登りその肩を越えて槍ヶ峰北峰へとアプローチせねばならかった。ダイセンキスミレがまだ咲いていた斜面を登り切るとこの日の目的地の一つの槍ヶ峰の山頂に出た。

 

 

 

 

 

 

 

〈大堰堤上のケルンから三ノ沢源頭部を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈沢の残雪にフキノトウが芽吹く〉

〈先ずは槍ヶ峰を目指し行軍再開!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈右上方に聳える槍ヶ峰はまだまだ遠い!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈複雑に下る槍尾根〉

 

 

〈まるで針の山だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈源頭近し!〉

 

 

 

 

〈山の目覚め〉

〈朝は稜線上からやって来る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヤマハタザオ〉

 

 

〈ミヤマハタザオ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弥山から剣ヶ峰の主稜線が朝日を浴びる〉

 

 

 

 

〈槍尾根への急斜面〉

〈三歩進めど二歩下がるガレ場が続く〉

 

 

 

〈オオカメノキ(別名:ムシカリ)〉

〈咲き始めたツガザクラ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈朝日のスポットを浴びた剣ヶ峰〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シロバナショウジョウバカマ〉

 

 

〈槍ヶ峰南峰への険しい上り〉

 

 

 

〈槍尾根〉

〈ダイセンキスミレ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍尾根を登る〉

〈我ら槍ヶ峰に登りぬ!〉

 

 

 7:43〜7:55 槍ヶ峰(1,689m

  槍尾根の頂点近くで一際高い槍ヶ峰では周囲360度の眺望が開けていた。中でも槍尾根の上方の天狗ヶ峰から剣が峰、弥山へと続く尾根筋や、下方の烏ヶ山から蒜山方向を望む景観が秀逸であった。本来はここで引き返す予定であったが、まだ時間も早かったので剣ヶ峰まで足を延ばすこととなった。天狗ヶ峰を経て剣ヶ峰までのナイフエッジの尾根筋を辿る道は緊張を伴う天空の逍遥と言えた。その険しくも脆弱な道筋の窪みに可憐なサンカヨウや紅いショウジョウバカマが咲いていたのには感動した。天空に咲く花々であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍ヶ峰から槍尾根、烏ヶ山、蒜山方向を望む〉

 

 

 

〈槍ヶ峰山頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍ヶ峰から天狗ヶ峰、剣ヶ峰を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍ヶ峰から天狗ヶ峰へ、あと数歩!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰から象ヶ鼻、三鈷峰へと下る主稜線、その先に矢筈山、甲ヶ山、勝田ヶ山が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰から剣ヶ峰へと向かう稜線〉

 

 

〈脆いナイフエッジの尾根を辿る〉

 

 

 

〈ナイフエッジの稜線に咲くショウジョウバカマ〉

〈こちらも稜線上に咲くサンカヨウ〉

 

 

 

〈崩落を続ける南壁〉

〈まだ分厚い雪渓の残る北面〉

 

 

 8:21〜8:31 剣ヶ峰(1,729m)

  剣ヶ峰は伯耆大山の最高点である。弥山とユートピアを結ぶ主稜線が通行止めとなっている現在では訪れる人も疎らである。朝早いピークは我々の独占状態であった。ここも完全に周囲360度の大眺望が開かれていた。どの方向を見ても絵になった。中でも足元直下の南壁下から樹海を縫って延びる三つの大きな沢の景観は、この日これらを全部辿ろうとしているだけに特に気に留める存在であった。好天の下の大景観の中にいつまでもいたかったが、まだこの日の行程は長いので登り来た道を早々に引き返すこととした。一度通った道筋とは言えやはり緊張を伴った。慎重に槍ヶ峰まで戻り、もう一度大眺望を瞼に焼き付けてから三ノ沢へ下る道を採った。陽も高くなってきて、三ノ沢源頭部の絶景や奇景が一際鮮烈に感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

〈大眺望の剣ヶ峰山頂で憩う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰から望む弥山方向の稜線〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰直下の南壁、三つのの沢が樹海を下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈剣ヶ峰の慰霊碑越しに弓ヶ浜、米子方面を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈崩落痕を刻む南壁〉

〈砂煙を立てて滑落する岩〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天狗ヶ峰から槍ヶ峰へと戻る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈槍ヶ峰から剣ヶ峰、弥山を望む〉

 

 

 

 

〈暫し槍尾根を下り行く〉

〈槍尾根を離れて三ノ沢へと下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三ノ沢への急斜面から剣ヶ峰を仰ぎ見る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈無機質な剣ヶ峰〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈三ノ沢源頭は奇岩の殿堂〉

 

 

 

 9:55 大堰堤上

  大堰堤まで戻って南壁を見返した。「中国地方の涸沢」の景観ともここでお別れであった。大堰堤の右岸を巻いて最下段の堰堤上に下り、そこから左岸伝いに延びる踏み跡を採った。ここまで下ってくる迄に10組程の登山者と行き違ったであろうか。ここ三ノ沢ルートは一般道では物足りない登山者にとっては人気のルートとなっているようであった。文殊堂まで下る間にも幾組かのグループに会った。道中の緑滴る河岸の森も美しかった。

 

 

 

 

 

 

 

〈大堰堤上から三ノ沢源頭部を振り返る〉

 

 

 

 

〈大堰堤下から陽が高くなった南壁を仰ぐ〉

〈一気に流れ落ちる三ノ沢〉

 

 

 

〈新緑の森越しに南壁を望む〉

〈乾いた河床を下る〉

 

 

10:31 文殊堂駐車場

  5時間余の剣ヶ峰までのピストンを楽しんで文殊堂駐車場に帰着した。さて次は二ノ沢であるが、二ノ沢から一ノ沢へは薮の尾根を乗り越して二ノ沢と一ノ沢の入口に一台ずつ車を配置して周回ルートにするとのことで、下山して間髪を入れずに、二ノ沢登山口への移動を兼ねてその配車作業を敢行した。

 

 

〈ユキザサ〉

〈文殊堂へ戻ってきた〉

 

 

 

〔続く〕

 

 

 

Ads by TOK2