津軽平野の真ん中に鎮座する独立峰 岩木山(1,614.7m)

青森県弘前市

2013年10月14日(月)   チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈山麓の林檎畑から岩木山を見上げる〉

 

 

 

秋の東北遠征も3日目、ここへ来てやっと晴れてくれた。

予定通りに津軽平野の真ん中に鎮座する岩木山に登ることとした。

当初の計画では、岩木山神社のある百沢から登り始めて、山頂を極めてから嶽温泉へ下山する予定であったが、

同行者の意見を尊重して、津軽岩木スカイランで八合目まで上がってのお手軽コースに変更した。

文明の所産であるスカイランを利用することは、多くの山々にもあることであり、

日の短くなった季節でもあり、文明の力を借りることは厭うことではなかろうとの思いであった。

 

《山行記録》

八合目駐車場9:13・・・・9:18スパッツ装着9:21・・・・9:53リフト乗り場分岐9:57・・・・10:05大倉石・・・・10:06鳳鳴避難小屋・・・・10:41岩木山山頂(1,614.7)11:30・・・・11:52鳳鳴避難小屋・・・・12:02リフト乗り場分岐・・・・12:29 八合目駐車場 (6,814)

〔総所要時間:3時間16分、昼食・休憩等:0時間56分、正味所要時間:2時間20分、歩行距離:3.1q、累積標高差:±475m

 

 

 9:13 八合目駐車場

  全長9.8キロメートルあるというスカイラインを20分程で上って八合目の駐車場に愛車を停めた。午前8時にオープンしたスカイラインであったが、3連休とあってなかなかの出だしのようであった。大型の観光バスもやって来て、更に9合目まで続く観光リフト前には長い列が出来ていた。我々は、お手軽コースとは言え観光リフトには乗らず、ここと山頂の間を自分達の脚でピストンすることとした。登山道はリフト乗り場の横から山上に向けて延びていた。昨日までの雨で泥んこになった火山土と火成岩の道を30分ほど登るとリフトの9合目の乗り場(鳥ノ海噴火口)から下ってきた道に出合った(リフト乗り場分岐)。山頂に向かう人の数は、リフト経由の方々の方が格段に多かった。踊り場となったリフト乗り場分岐から麓の方を見下ろすと、山の中腹の谷筋が見事に紅葉していた。その先登山道は鳥ノ海噴火口の縁を回り込むようにして上って行って鳳鳴避難小屋へと導いてくれた。

 

 

〈八合目駐車場から岩木山の山頂を望む〉

〈リフト乗り場に列をなす観光客〉

 

 

 

〈駐車場から白神の山々を望む〉

〈紅葉した尾根越しに日本海岸の鰺ヶ沢を俯瞰する〉

 

 

 

〈リフトに乗らず八合目から登山道を採る〉

〈約30分でりフトの上部乗り場からの道に出合った〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ナナカマドの群落越しに中腹の紅葉の帯を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈リフト乗り場分岐付近から山頂を望む〉

〈鳥ノ海噴火口〉

 

 

10:06 鳳鳴避難小屋

  岩木山本体と噴火口跡と伴った鳥海山との間の浅い鞍部に鳳鳴避難小屋が建っていた。その小屋の前で元々の計画で登ってくる筈であった岩木山神社からの登山道が合流していた。ちょうどそのコースを登ってこられた単独の男性がおられたのでお聞きすると4時間余の時間を要したとのことであった。この鞍部から山頂までの間は、「おみ坂」と呼ばれる急坂であった。かなりのガレ場で足元はよくないので、登山装備ではない観光客は難渋するに違いない。難所ながらも賑わうところのようで、上り下りともに右側通行の案内があった。辛い上りではあったが、その間からの眺望は実に素晴らしく疲れを忘れさせてくれた。

 

 

〈鳳鳴避難小屋から山頂部を見上げる〉

〈鳳鳴避難小屋前で岩木山神社からの登山道が合流する〉

 

 

 

〈鳳鳴避難小屋からは急坂となり、右側通行の指示がある〉

〈「おみ坂」と呼ばれる山頂直下の急登はかなりのアルバイト!〉

 

 

 

〈急登の途中から鳥ノ海噴火口、大倉石を振り返る〉

〈急坂途中から八合目駐車場や山麓を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の盛りを迎えた中腹の谷間〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉帯の幅はあまり広くないようだ!〉

 

 

 

 

〈遙かに冠雪した岩手山を望む〉

〈鳥海山と手前は白神山地の峰〉

 

 

10:41〜11:30 岩木山(1,614.7m)

  のんびりと歩いて八合目駐車場から1時間30分程で山頂に到達した。多くの露岩に覆われた広い山頂で、岩木山神社奥宮や避難小屋などがその外縁部に設けられていた。晴れ渡った日であったが故に、山頂からは周囲360度の大眺望が拡がっていた。岩手山、早池峰山、鳥海山などの東北北部の名峰はもとより、津軽半島の先には遠く北海道までも望めた。津軽平野はあくまでも広く、白神山地は指呼の間であった。昨日までの過酷な山行のことはすっかり忘れて、この大眺望の中でランチタイムを取った。食後、去り難い想いではあったが、登って来た道を引き返すこととした。

 

 

〈岩木山々頂〉

〈山頂に祀られている岩木神社奥宮〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈津軽平野の先に八甲田山の峰々が展開する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈前日に風雨の中を歩いた八甲田山、今日は見事に晴れて姿を現していた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈津軽半島の先に下北半島、更に北海道まで見渡せた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈竜飛岬まで続く七里長浜〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈遙かに岩手山、八幡平、秋田駒ヶ岳、森吉山のピークが望めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した岩木山東面〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の盛りのポイントをアップで!〉

 

 

 

 

〈大眺望を楽しむ登山者〉

〈広い山頂に大勢の登山者、観光客が陣取る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈右降りで下山開始!〉

 

 

〈「おみ坂」の急坂〉

 

 

11:52 鳳鳴避難小屋

  鳳鳴避難小屋は昭和39年1月6日に遭難死した秋田県立大舘鳳鳴高校の4名の生徒の霊を鎮め、再びかような悲劇が起こらないことと祈願して建てられてという。当日は猛吹雪であったという。荒れた日に小屋があるということはどんなにか心強いことであろう。下りは快調に歩けて、山頂から1時間ほどで八合目駐車場へと下山した。

 

 

〈大舘鳳鳴高校生の遭難を機に設けられた避難小屋〉

〈リフト乗り場を望みながら鳥ノ海噴火口の縁を下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ダケカンバの群生越しに麓を俯瞰する〉

 

 

 

 

〈リフト乗り場分岐で憩う登山者〉

〈ナナカマドの紅い実が新鮮だ!〉

 

 

12:29 八合目駐車場

  八合目駐車場に下ってみると、上下二段になった駐車場はほぼ満車の様子であった。三連休の最終日にやっと晴れて、行楽客がどっと押し寄せて来たようであった。朝方まだ開店準備中であったレストハウスの売店で登山バッヂを買い求めようとしたが「売り切れ」とのことであった。当初の計画より早い時間に下山出来たので、スカイラインの下りで路傍に車を停めて紅葉狩りを決め込んだ。山を下った嶽温泉で風呂に浸かり、登山バッヂもゲットした。山の麓は林檎の一大産地であるので、百沢で一軒の農園に寄って新鮮な林檎の試食をしながら買い求めた。まだ時間があったので、弘前の街に出て弘前城址公園の散策も楽しんだ。

 

 

〈八合目駐車場へ下山〉

〈駐車場から観光リフトを見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈津軽岩木スカイライン沿道の紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩木山でも標高1000メートル前後の所が紅葉の盛りのようだ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヘヤピンカーブが連続する津軽岩木スカイライン〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下山後、嶽温泉の「山のホテル」で入浴〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈百沢地区の農園で林檎を買い求めた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弘前城址から望む岩木山〉

 

 

 

〔山行所感〕

  遠征3日目にして快晴の一日となった。前日までの過酷な山行は全て忘れて山頂からの絶景を楽しんだ。今回の遠征中の最良の天気の日にどの山に登るか暫し考えを巡らせてみたが。、津軽の人々にとって人格形成にも影響を与える程の大きな存在である岩木山にすることに決めていた。その識見は間違っていなかったようであった。大眺望を得ることが出来て、思っていたよりもっと大きな岩木山に登れたように思える。ただこの間、10年に1度という大型で強い台風26号が日本を窺っており、2日後には襲来との情報に、岩木山を今遠征での最後の山として帰路に就くこととした。想えば、今回の遠征の前後に台風の襲来があり、台風の狭間に東北を駆け抜けさせてもらったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2