西中国山地の錦秋の森を求めて 恐羅漢山(1,346.4m)・台所原

広島県山県郡安芸太田町

2013年10月30日(水)   仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈台所原の紅葉は見頃まであと一歩〉

 

 

 

台所原のブナ林の紅葉の見頃はもう過ぎてしまった頃であろうか、いやいやまだ先であろうか・・・!

遅くまだ暑かった今年の秋の紅葉の見頃の予想は難しい。

迷いながらも好天の予報に仁王さんと示し合わせて出掛けることとした。

だが、天気の方は恐羅漢山の山域に達するとそこだけが厚い雲に覆われていた。

結局は、下山する直前まで曇空、山上ではガスに巻かれてしまった。

紅葉前線は稜線から台所原へと下降中であった。

全般的には、今年の紅葉は芳しいものとは言えないように感じた。

 

《山行記録》

牛小屋高原駐車場9:24・・・・9:57恐羅漢スキー場最上部・・・・10:20国設スキー場分れ・・・・10:22立山尾根ルート分岐・・・・10:28恐羅漢山(1,346.4m)10:37・・・・10:38台所原分れ・・・・11:35台所原・・・・11:43台所原平(昼食)12:22・・・・12:29管理林道終点・・・・13:13早手のキビレ・・・・13:22夏焼けの丘・・・・13:28夏焼けのキビレ・・・・13:55牛小屋高原駐車場

〔総所要時間:4時間31分、昼食・休憩等:0時間48分、正味所要時間:3時間43分、歩行距離:8.1q、累積標高差:±788m〕

 

 9:24 牛小屋高原

  青空の下での紅葉狩りの筈であったが、今にも雨が降りそうな天気の牛小屋高原であった。平日ながらも駐車場では、これから天杉山や砥石郷山へ行くというグループが支度を整えていた。皆さん思わぬ悪天にひとつ元気がなかった。我々も同じで、立山尾根ルートを採ってスキー場のゲレンデを登って行ったが、急斜面を登る足取りに覇気が足りない感じであった。稜線へ出る手前の「国設スキー場分れ」辺りまで登ると、山頂にかけて濃い霧に巻かれていることが分った。どこかにガスを呼ぶ人物がいるようであった。

 

 

〈恐羅漢山登山口、天気は曇天〉

〈リフトが試験運転中のスキー場を登り行く〉

 

 

 

〈砥石郷山はガスに巻かれていた〉

〈ゲレンデ横の樹林の紅葉は見事!〉

 

 

 

〈名残のリンドウ〉

〈スキー場の最上部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道を紅色に染める〉

 

 

 

〈ゲレンデから山道に入る〉

 

 

 

〈「国設スキー場分れ」付近からガスに巻かれていた〉

〈ガスに巻かれた山頂付近〉

 

 

10:28〜10:37 恐羅漢山(1,346.4m)

  ガスに巻かれて眺望のない恐羅漢山の山頂というのは所在ない。まだ早い時間であったので台所原へと早々に下ることとした。「台所原分れ」で稜線から外れて台所原への道を採った。稜線直下の森の樹々はもうすっかり葉を落としていたが、下るほどに紅葉した樹々が多くなっていった。ブナと栃が絡んでハグしている名物の樹の辺りから紅葉も見頃になってきた。標高にして1,050メートル辺りが格別良いようであった。台所原まで下ると、ちょっと早めという感じは否めなかった。数日の後のこの週末辺りが見頃というところであった。残念ながら、今年は全般にブナの黄葉が冴えず不作の部類ではないかと思われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈完全にガスに包まれた山頂〉

 

 

 

〈恐羅漢山々頂〉

 

 

 

〈台所原への道を採った〉

〈稜線直下辺りはもう葉を落としていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈曇天なれど、紅色が現れると森が明るく感じられる!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナと栃のハグ樹〉

 

 

 

〈台所原へ下る程に紅葉が美しい!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈標高1050メートル辺りの紅葉が見頃!〉

 

 

 

〈この辺りが紅葉の盛り!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈上に、右に見事な紅葉が展開する!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「あっ、綺麗」の声が森にコダマする〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この森に来て良かった!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ブナの老木を縫って行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈一際濃く色付いた樹林〉

 

 

 

〈重厚な森の中を進む!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋色深まる台所原の樹林〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原の紅葉はあと数日後に見頃か!〉

 

 

 

〈台所原のランドマークの老ミズナラ〉

 

 

11:43〜12:22 台所原平

  台所原平へと下って、そこの広場でランチタイムとした。ここまでの間で、台所原から恐羅漢山へと向かう登山者2組3人に逢った。一時天気が好転するかと思ったりもしたがなかなかそうはならず、昼食後も曇空の下管理林道を早手のキビレに向かって登って行った。恐羅漢山の稜線上はまだ霧に巻かれていた。管理林道の周りの紅葉は見事であった。陽光に照らされていれば一際輝いたであろうと思う。それでも、管理林道終点から早手のキビレへの急坂を登り切ろうかという頃になって、上空に青空が見えるようになってきた。陽光も戻ってきて、色付いた紅葉も輝き始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈恐羅漢山の山上はまだガスに閉ざされていた〉

 

 

 

〈台所原平の広場でランチタイム〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈周りの樹林が紅葉した管理林道を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈管理林道から天杉山を望む〉

 

 

〈路傍を彩る紅葉した樹々〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈路傍の笹が覆うようになってきた管理林道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早手のキビレへの急坂を登る〉

 

 

 

〈間もなく管理林道の終点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早手のキビレ直下まで来て、やっと晴れてきたようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈早手のキビレ〉

 

 

〈稜線上の道を夏焼けの丘へと向かう〉

 

 

13:22 夏焼けのキビレ

  夏焼けの丘から夏焼けのキビレへと下ると、俄かに紅葉の色合いが薄くなった。牛小屋高原へと続く広々とした登山道の周りの林に樹々もまだ浅黄色で紅葉の見頃には暫く日数を要するようであった。今年の紅葉は、場所によってもかなり跛行性があるということであろうか。カヤバタゲレンデまで下って来ると、恐羅漢山の稜線部のガスも大分開け始めたようで、紅葉した山肌にの合いも識別出来るようになってきていた。

 

 

〈夏焼けのキビレ〉

〈牛小屋高原へと下る〉

 

 

 

〈百本杉付近〉

〈カヤバタゲレンデ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ガスが開き始めて、山肌の紅葉が見えてきたようだ!〉

 

 

 

13:55 牛小屋高原

  4時間半の山行を無事に終えて牛小屋高原へ帰着した。朝方出発する時には今にも雨が降りそうな雲行きであったが、下山時には何と俄かに青空となって陽光が燦々と照るようになっていた。皮肉と言えばそうであるが、山ではよくあることである。今朝方もきっとこうなると話をしていたが、その通りとなった。陽光に照らされた眼前の砥石郷山の紅葉した山肌が見事であった。

 

 

〈牛小屋高原に帰着〉

〈晴れ上がって、砥石郷山が美しい〉

 

 

〔山行所感〕

  今年も紅葉の台所原を歩くことが出来た。天気が今ひとつで、また今年は厳しい気象条件下に置かれたこともあって黄金色に輝くブナ林を楽しむことまでは出来なかったものの、台所原の重厚な森の醍醐味は存分に感じることが出来た。豊作の部類の紅葉ではないものの、まだまだ暫くここの紅葉は楽しめそうだ。また来年も極上の紅葉を期待してこの山域を訪ねたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2