ひと足早い宮島の紅葉と山歩き 紅葉狩り・弥山(535m)

広島県廿日市市宮島町

2013年11月12日(火) おでかけリンちゃん+門久

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の始まった宮島の街から弥山を目指す〉

 

 

 

中国山地の高嶺の紅葉が終わり、里の紅葉が待たれる頃

無聊のひと時と言ったところであるが、

急な冷え込みに、「ひろしまフォト歩き」のリンちゃんから

紅葉と弥山展望台の出来具合を見に宮島に行ってみないかのお誘いを受けた。

ひと足早い紅葉も良いかも知れないと考えて快諾し、

山案内役を自らに任じて通勤客と共に早朝の電車に乗って宮島を目指した。

 

《山行記録》

宮島桟橋8:58・・・・9:03要害山9:07・・・・9:22塔の岡9:46・・・・9:50もみじ橋(紅葉谷公園入口)10:04・・・・10:17紅葉谷橋10:30・・・・10:34四宮コース登山口・・・・10:47眺望地10:50・・・・11:20仁王門方面分岐・・・・11:29(踏み跡を失う)・・・11:51(踏み跡に回帰)・・・・12:23仁王門12:27・・・・12:34御山神社分岐・・・・12:39御山神社・・・・12:44弥山本堂12:46・・・・12:56弥山(535m)13:03・・・・13:12弥山本堂(昼食)13:42・・・・13:52仁王門・・・・13:59駒ヶ林分岐・・・・14:10岩屋大師14:16・・・・15:09大元公園15:31・・・・15:56宮郷16:29・・・・16:40宮島桟橋

〔総所要時間:7時間42分、昼食・休憩等:2時間39分、正味所要時間:5時間03分、歩行距離:11.0q、累積標高差:±1,030m

 

 8:58 宮島桟橋

  平日の朝の宮島連絡船は、週末ほどの混雑はないものの行楽のシーズンゆえか座席が埋まるほどの程良い乗客数であった。船上から見る宮島は多宝塔の周りの桜の園が完全に紅葉し、その周囲の山肌もすこしずつ秋の装いに変わって行っている風であった。宮島に上陸して早速に桟橋裏手の要害山に登ってみると、町並みの先の塔の岡や大聖院のある谷間の樹々はもうかなり紅葉しているのが見て取れた。先への期待を胸に、町屋通りを行き、塔の岡に上って千畳敷の床に反射する銀杏の黄葉の影を楽しんだ。宮島にも本物の秋が既に到来していることが実感出来た。

 

 

〈紅葉の始まった宮島への期待が膨らむ〉

〈宮島桟橋に着岸〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈要害山から塔の岡、大聖院を遠望する〉

 

 

〈町屋通り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈塔の岡〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈千畳閣の憩い〉

 

 

 

 9:50〜10:04 もみじ橋(紅葉谷公園入口)

  続いて紅葉谷公園へと歩を進めた。例年公園入口のもみじ橋の周辺の紅葉はひと足早く彩りを深めてくれるのでそれに期待していた。橋の袂や下の河原から見る橋の周囲の紅葉は期待通りであった。雲間から朝日が射すと一際鮮やかな彩りとなった。次から次にやってくる観光客も歓声をあげていた。公園内に入ってみると、四宮神社への上り口付近の広場やそれに続く遊歩道のモミジが色付き始めていた。色付き始めの清新な紅葉もまた気持ちが良いものだ。もみじ茶屋周辺の紅葉はまだ先のようであった。この辺りはあと2週間ほど後の本格的な紅葉の時を待たねばならないだろう。ロープウェイ乗り場手前の紅葉谷橋の周辺も既に観賞に耐え得るところまでも色付いていた。全般的には期待以上の紅葉谷公園の紅葉であった。

 

 

 

 

 

 

 

〈ひと足早い紅葉に包まれたもみじ橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈平日ながら観光客も多い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉川の彩り〉

 

 

 

〈岩惣の窓辺を彩る〉

 

 

 

〈四宮神社の下辺りの広場〉

〈紅葉谷公園の遊歩道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉谷橋〉

 

 

 

〈今、真っ盛り!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈もみじ茶屋周辺の紅葉は暫く先のよう〉

 

 

〈やがて錦色に変化するはず!〉

 

 

10:34 四宮ルート登山口

  2時間半ほどの紅葉狩りを楽しんだ後、もみじ茶屋の直ぐ上の四宮ルート登山口から弥山へ向かうこととした。山頂に再建中の展望台の完成が大幅に遅れており、紅葉の季節に間に合わなかったのは残念である。その工事のため四宮ルートは本来通行止めとなっているので、この日はルートの途中で仁王門へ抜ける踏み跡を辿ることとした。2010年2月に一度辿った道であった。しかし、このルートに入って暫くして一度ルートを見失ってしまった。20分余の急傾斜地の彷徨の後何とか予定した踏み跡に復帰出来たが、改めて宮島の山の奥深さ複雑さを実感させてもらった。このルートは時折通る物好きな登山者の足跡頼みのようで、殆ど手が入られぬままに荒廃が徐々に進んでいるようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈四宮コース登山口〉

 

 

〈樹の根の張った登山道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈塔の岡の沖合を連絡船が通過する〉

 

 

 

〈尾根からの厳島神社の好展望〉

 

 

 

〈粘っこい羊歯の中を登り行く〉

〈四宮ルートを外れて右側の荒れた踏み跡へ〉

 

 

 

〈一時踏み跡を失うも再び出合うことが出来た〉

〈「明治35年4月吉日」を刻まれた石柱が転がる〉

 

 

 

〈樹間に対岸の駒ヶ林が覗く〉

〈この最後の倒木群を抜けると仁王門〉

 

 

12:23〜12:27 仁王門

  紅葉谷公園から仁王門までの巻き道の通過に1時間50分ほどの時間を要した。仁王門からの登山道には沢山の観光客の姿があった。つい先ほどまでの弥山山頂直下を巻く踏み跡とは別世界のようであった。それら観光客に交じって弥山本堂、弥山山頂を目指した。途中で、山中にあって珍しくも紅葉が見られる御山神社への参道に迂回した。

 

 

〈難渋の末に仁王門の真横に飛び出た〉

〈宮島の優しい景観の中を弥山への道を採る〉

 

 

 

〈御山神社の鳥居〉

〈御山神社への参道〉

 

 

 

〈大勢の観光客が参拝する消えず霊火堂〉

〈弥山々頂直下の巨岩下を抜ける登山道〉

 

 

12:56〜13:03 弥山(535m)

  弥山の山頂に真新しい展望台が姿を現していたが、山頂広場の過半はまだ立ち入り禁止の状態で、ガードマンが沢山の観光客や登山者の目を気にしつつも無人の広場をただ独り巡視して歩いていた。案内では、展望台に建設期間は11月29日(金)までの予定のようであった。その直後にでも一般公開となるのであろうか。そんなことから山頂部は狭く、ちょっと風が強くなってきていたが風よけが出来るところもなかったので、弥山本堂の周りで昼食を摂ることにして早々に山頂を辞することとした。

 

 

 

 

 

 

 

〈完成が遅れている弥山展望台もすっかり姿を現した〉

 

 

 

 

〈能美島、江田島方面〉

〈阿多田島方面〉

 

 

13:12〜13:42 弥山本堂

  弥山本堂まで下って、本堂の建物の陰を借りて昼食を摂った。気が付くと、建物の横手から裏側にかけて多くの人が冷たい風を避けてランチを摂っておられた。有難いお堂であった。食後は、同行のリンちゃんの希望に沿って大元公園ルートを採って下山することとした。長く険しい石段ルートであるが、静かで野趣に富んだルートでもある。リンちゃんを岩屋大師の岩窟に案内したり、屏風岩を彩る一株の紅葉樹や沿道に広がる岩海に歓声を上げている間に高度を下げて行った。

 

 

〈弥山本堂〉

〈弥山本堂で風を避けてランチタイム〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈雲間から光芒が注ぐ瀬戸内海〉

 

 

 

 

〈大元公園ルートで下山の途は〉

〈遠く岩船岳を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈目が慣れるまで真っ暗な岩屋大師の内部〉

 

 

 

〈岩屋大師の岩窟〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈駒ヶ林の屏風岩を彩る〉

 

 

 

〈大元ルート脇に拡がる岩海〉

〈長い石段の登山道を下り行く〉

 

 

15:09〜15:31 大元公園 

  大元公園ルートの険しい斜面が終わると大元公園の園地が待っていた。園地には入って直ぐの大元橋の弥山寄りの右手に素晴らしい色合いをしたカエデの樹が一本あった。例年周囲の樹々からひと足早く彩りを深める樹だという。素晴らしい彩りであった。大元公園の紅葉は本来モミジやカエデ,色合いと樅の緑とのコラボレーションが美しいが、その時を迎えるのはまだまだ先のようであった。 

 

 

 

 

 

 

 

〈大元公園に下ると早速に見事に紅葉したカエデが迎えてくれた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ひと足早い、今燃えんばかりの紅葉〉

 

 

 

 

〈樅の林を彩る大元公園の紅葉の本番はまだ少し先だ!〉

〈大元神社〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈鹿の家族〉

 

 

 

16:40 宮島桟橋

  大元公園を出て大願寺から厳島神社の裏手を回って町屋通りへと戻った。途中、西日を浴びた五重の塔が美しかった。町屋通りにあるギャラーでリンちゃんの知り合いが作品展を開催しているというのでお邪魔し、喫茶店も兼ねた店でコーヒーを戴いて一息ついた。ギャラリーを出たのは、午後4時半頃であったろう。宮島桟橋に向かう道すがら、夕陽が西側の海に反射しながら山の端に沈まんとしていた。8時間近くになったこの日の業を無事に終えることが出来たようであった。

 

 

 

 

 

 

 

〈厳島神社越しに塔の岡を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈銀杏の黄葉と五重塔のコラボ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈町屋通りのギャラリーで作品展を拝見〉

 

 

〈夕暮れの憩い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈宮島桟橋落日の頃〉

 

 

 

〔山行所感〕

  ひと足早い宮島の紅葉見物と展望台視察の弥山登山を一気に消化出来た一日であった。弥山の巻き道の踏み跡を一時ロストしたのは失敗であったが、一度リベンジを兼ねた確認に出掛ける宿題が出来たようだ。若く清新な宮島の紅葉も良いものだ。2週間程の後と思える、本番の紅葉がまた楽しみでもある。かくして、また宮島の奥深い世界の襞の中に一歩入った感じである。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2