恒例の癒しの森訪問 引き明けの森・天上山(972.6m)

広島県山県郡安芸太田町

2013年11月14日(木)   仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の進む引き明けの森〉

 

 

 

このところ恒例となっている天上山の麓の「引き明けの森」の探訪に、今年も出掛けることとした。

仁王さん夫妻も同行するというので、熊に負けない賑やかな山行が期待出来た。

周囲に比べて紅葉の時期が遅い所なので、この時期では少し早めかなと思いつつ訪ねた。

紅葉のピークはまだ一週間程先かと思えたが、それでも清新な紅葉が誠に美しい森が待っていてくれた。

 

《山行記録》

龍頭峡駐車場(気温1)8:14・・・・8:21龍頭橋(登山口)8:28・・・・9:02第一堰堤・・・・9:10第二堰堤・・・・9:22「引き明けの森」標柱9:28・・・・9:36栃の古木9:39・・・・9:40周回路分岐(左折)・・・・10:07周回路合流・・・・10:13「悠久の森入口」(林道正木井仁線)10:14・・・・10:46天上山(972.6m)10:56・・・・11:18「悠久の森入口」(昼食)11:52・・・・11:57周回路分岐・・・・12:07周回路合流・・・・12:09栃の古木・・・・12:14「引き明けの森」標柱・・・・12:27第二堰堤・・・・12:33第一堰堤・・・・12:57龍頭橋13:05・・・・13:12二段の滝13:13・・・・13:17奥の滝13:21・・・・13:30龍頭橋・・・・13:36龍頭峡駐車場

〔総所要時間:5時間22分、昼食・休憩等:1時間14分、正味所要時間:4時間08分、歩行距離:9.2q、累積標高差:±1,234m

 

8:14 龍頭峡駐車場

  午前8時過ぎの龍頭峡の気温は1℃。冬の訪れが間近に感じられるようになった。一枚防寒着を羽織って、駐車場を後に三谷川に沿った車道を登山口の龍頭橋へと歩いた。登山口でトイレなどを済ませ出発した。その登山口に木製橋の腐食破損により登山道が危険につき通行しないでとの注意書が掲示されていた。従来よりこのルート上には木製橋が多く、その殆どは腐食が進んでいた。この段に改めて注意喚起する程の顕著な変化はない筈であるがと思いつつ行ってみると、用をなしてなかった木製橋を脇にずらしてむしろ歩き易くなっていた。この通行規制に反を唱えるものではないが、あくまでも自己責任での通行を心得て頂きたいと思う。これ以外のところは特に変わったところはなく、例年の通りに渓谷の懸崖の高みに付けられた登山道を慎重に登って行った。

 

 

〈駐車場から三谷川沿いに登山口へ向かう〉

〈龍頭橋、登山口はこの橋の先〉

 

 

 

〈見事な紅葉の登山口〉

〈登山口の注意書き〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈注意書きの通行規制箇所〉

〈朝霧の漂う龍頭峡〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道沿いの紅葉〉

〈懸崖の中程の高みに架かる橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第一堰堤下を通過〉

 

 

〈ささやき滝〉

 

 

 9:22〜9:28 「引き明けの森」標柱

  駐車場から1時間余で引き明けの森へと踏み入った。早速に杉や樅の巨樹群が迎えてくれた。森閑としたこの針葉樹の巨樹の森が先ず登山者の心を癒してくれる。この巨樹の森を抜けて行くと、この森の主とされるこれも大きな栃の老木が待っていてくれた。葉をすっかり落とした老木は貫録十分であった。その先で登山道は左右に分れ、更に先でまた合流する。針葉樹の巨木とブナやカエデなどの広葉樹の混淆林である引き明けの森の上部を周回出来る道が設けられているという訳だ。右周りでその周回路に入った。例年はその入口辺りから紅葉した森が現出しているのであるが、今年は少し早めに来てしまったようで、周回路を高みまで上がってやっと紅葉群を目にすることが出来た。やや早めの清新な紅葉であったが、林道正木井仁線に出合うまでの間その重厚な紅葉の森に圧倒されるようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈林立するのは杉と樅の巨木〉

 

 

 

〈ここから「引き明けの森」が始まる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈森は秋色を深めつつあるようだ!〉

 

 

〈森の主とされる栃の古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色合いを深める周回路に立ち入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樅の巨木に間を埋める紅葉が魅力である!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈周回路の高みを越えると毎年感動的な紅葉の世界が待っている!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色合いを深める森の先に天上山の山頂部が覗く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈森の中を行く程に感嘆の声が漏れる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈陽光を受けて燃えるかのようだ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈周回路の合流点〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道の頭上も錦に染まっていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈あと一週間もすれば、完璧に錦色の世界に・・・・〉

 

 

 

 

10:13〜10:14 「悠久の森入口」(林道正木井仁線)

  林道との出合い点から少し井仁に寄った反対側に天上山への登山道の取り付きがある。慣れ親しんだ道筋であるので特に緊張感もなく杉の造林帯の中をジグザグに上がる登山道を辿って行った。引き明けの森をスローなテンポで抜けて来た身には、少しきつく感じる坂道であった。その急坂を登り切れば山頂も間近となって尾根筋の道となった。林道出合から30分ほどで山頂広場のある天上山の山頂に到着した。

 

 

〈林道脇に設置された「悠久の森」の碑〉

〈林道正木井仁線〉

 

 

 

〈黄葉の下生えの植林を抜けて天上山々頂を目指す〉

〈笹が被った尾根上の道〉

 

 

10:46〜10:56 天上山(972.6m)

  平日の天上山には我々のほかに登山者の姿はなかった。山頂からは北西方向にだけ眺望が開け、恐羅漢山、十方山方面のスカイラインが望めた。この日は恐羅漢山はスキー場のゲレンデが確認出来たが、十方山の山頂部はガスに包まれていた。天上山に着いたものの、まだ午前11時にもなっていなかったし、山頂を渡る風も冷たかったので、昼食は下山途中に適当な所を捜して摂ることとして早々に下山することとした。

 

 

〈天上山の山頂広場〉

〈山頂から十方山、恐羅漢山方向を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部では希少な自然林〉

〈ウリハダカエデの落葉の道〉

 

 

11:18〜11:52 「悠久の森入口」(林道正木井仁線)

  天上山々頂から下って再度林道正木井仁線に出合った広場で昼食を摂ることとした。広々として、風も吹かず絶好の食事場所であった。食後は再び「引き明けの森」に入り、今度は周回路分岐から森の主の老栃に直接下る支尾根を辿った。この沿道も例年紅葉が美しい所である。今年は、ここもやや早めの紅葉であったが、あと一週間後には輝くような錦の森になることが間違いない立派な森であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「悠久の森」の碑近くの広場でランチタイムを取った〉

 

 

〈再び「引き明けの森」に入る〉

 

 

 

〈ここから午前中とは別の周回路を採る〉

〈下山道沿いも見事な紅葉の森だ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈これからの日々、この森はまだまだ美しくなるであろう・・・・〉

 

 

 

12:14 「引き明けの森」標柱

  「引き明けの森」を後にして、再び険しく危弱な道を辿って下山の途に就いた。龍頭峡の懸崖の上部に設えられた巻き道を慎重に下って行くが、途中の所々に設置されている木製橋の大半はもう用をなしていない。その橋を修復しようという努力は何年間もなされているとは思えない。このルートが危険極まりないものになる前に、何とか早期に改善されることを願って止まない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第二堰堤下を通過〉

 

 

〈再び険しい懸崖の道へ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈対岸の急峻な山肌〉

 

 

 

〈急峻な谷間の巻き道を行く〉

 

 

12:57〜13:05 龍頭橋

  無事に龍頭橋詰の登山口に下山出来た。まだ早い時間であったので、滝見物をすることとした。三谷川沿いに渓谷を遡って行くと、やく400メートルの間で、なめら滝、二段の滝、奥の滝と3つの滝を見ることが出来た。この日は平日ながら、滝見物には多くの観光客姿があった。紅葉見物のお客様であろうか。滝の水量もこの季節にしては程々にあって、皆さん満足そうであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍頭橋詰の登山口に下山〉

 

 

〈三谷川を遡って滝見物に〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈二段の滝〉

〈奥の滝〉

 

 

13:36 龍頭峡駐車場

  滝見物の後、龍頭峡の渓谷に秋を感じながら駐車場まで戻った。ここで、一日お世話になった仁王さん夫妻とお別れして、帰路に筒賀大歳神社に寄って、これも恒例となった大イチョウを拝見した。既に散り始めて境内を黄色の絨毯に化せ始めていたが、まだまだ樹は巨塔のように黄金色の葉を蓄えていた。これから、秋本番を迎えようとする境内であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍頭峡の断崖〉

〈断崖を彩る紅葉〉

 

 

◆◇◆筒賀の大イチョウ(筒賀大歳神社)◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

〈筒賀大歳神社の大イチョウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黄金色の巨塔のようだ・・・!〉

 

 

〔山行所感〕

  例年いつ行っても決して落胆させることのない「引き明けの森」であるが、今年もやや紅葉のピークには早かったものの、大いに満足出来る探訪となった。巨樹の森に抱かれ、悠久を感じ身も心も癒される森は今年も健在であった。この森への巡礼のような山行は、また来年以降も続くような気がする。この森が益々好きになっているのだから。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2