巨木観賞ツアーで山野を探査 臥龍山(1,223.4m)

広島県山県郡北広島町

2013年12月8日()     門久(自然保護団体のイベントに参加)

 

 

 

 

 

 

〈臥龍山西面の樹林を歩いて巨木巡り〉

 

 

 

日光さんから声を掛けて頂いて、芸北自然保護レンジャー主催の巨木観賞ツアーで臥龍山を歩いてきました。

2009年秋の不幸な事件以降臥龍山へ入っていなかったので、随分と久し振りの臥龍山ということになりました。

山頂までの登りはほぼ登山道を外れて、樹林の中での巨木等の探索でゆっくりと歩きました。

麓の積雪はほぼ消えていましたが、山頂部では30センチメートル程の雪の中の歩行となりました。

時にはこんな山歩きも良いものです。

《山行記録》

聖湖キャンプ場入口駐車場9:08・・・・(樹林を歩いて巨樹巡り)・・・・10:51菅原林道出合・・・・11:06臥龍山縦走路入口・・・・(樹林を歩いて巨樹巡り)・・・・13:10臥龍山(1,223.4m)13:43・・・・13:56菅原林道終点・・・・13:57雪霊水・・・・14:41聖湖キャンプ場方面分岐・・・・15:05国道191号線(臥龍山南登山口)・・・・15:09聖湖キャンプ場入口

〔総所要時間:601分、昼食・休憩等:0時間48分、正味所要時間:5時間13分、歩行距離:7.5q、累積標高差±649m〕

 

 9:08 聖湖キャンプ場入口駐車場

  国道191号線に面した聖湖キャンプ場入口の対面にある駐車場を出て直ぐに臥龍山西面の樹林へと入った。主催者側も含めて総勢8名が森に広がって歩いて行くことになった。登山道から外れた樹林の中をリーダーに付かず離れずで歩いて行った。うるさい下生えもなく安心して歩けた。樹林の奥に入って行く程に、様々なキノコ類が顔を出し、次から次へと巨樹が現れてきた。主だったところでは、リーダーの解説が入り、巨木の胸高のサイズを測って直径の記録を取った。始めのうちは谷間の緩斜面を彷徨するように歩いていたが、山頂部を目指す尾根筋に移ると、傾斜がやや増してきた。その辺りからエゾユズリハの下生えが多くなってきた。この辺り一帯はその群生地となっていた。2時間近い樹林の中の彷徨の末に一旦菅原林道に出た。

 

 

〈聖湖キャンプ場入口の駐車場を出発〉

〈直ぐに樹林に入り小さな沢を渡る〉

 

 

 

〈青空も見えて樹林の中は爽やか!〉

〈枯れ木には様々なキノコが生えていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巨木の胸高サイズを測る、これは記録ものの朴の木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈青空にスラリと伸びたシデの巨木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈群生する下生えのエゾユズリハ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大きな蔓に巻かれたナツツバキ〉

〈このブナも測ってみよう!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巨大なミズナラ〉

 

 

10:51 菅原林道出合

  暫し林道を歩いた。途中で登山者風の単独の男性に会った。キノコ採りが目的だという。菅原林道から臥龍山西尾根縦走路が分岐する地点で再び樹林の中に入って、巨木を探策しながら山頂を目指すこととなった。この西面の森も美しいが、樹林の中を歩いてみると登山道では見られないいろいろな樹の態様が見られて楽しかった。登り行く程に足元の積雪が増えていき、標高1,000メートル程になると完全な雪原となっていた。巨木観賞に加えて、雪中行の楽しみがプラスされた。山頂部が近付くにつれて傾斜が厳しくなってきて、概ね縦走路を採るようになった。夏道でも滑り易いところゆえ慎重に登って行った。展望岩を過ぎて山頂部の台地に上がると、積雪は30センチメートル程であった。先頭はその雪をラッセルしながら、後続はたまに雪を踏み抜きながら難渋して進んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹林を抜けて菅原林道に出た〉

 

 

〈暫し菅原林道を歩く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈菅原林道から西尾根縦走路沿いの樹林に入る〉

 

 

〈縦走路沿いの樹林も美しい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ハグするハリギリとブナ〉

〈曲線を描いて伸びるナツツバキ(シャラノ木)

 

 

 

 

 

 

 

 

〈行く手に山頂を望む頃から積雪が多くなってきた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈野兎が飛び出してきたメンバーは大騒ぎ!〉

 

 

〈登るほどに雪中行の趣き〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈枯葉を着けたブナの古木を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈巨大な栗の古木にご挨拶!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部近くになって縦走路を辿る〉

〈ブナの幹に刻まれた凍裂痕〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈積雪30センチメートルほどの山頂部〉

 

 

 

13:10〜13:43 臥龍山(1,223.4m) 

  想定以上の雪の量に足元を取られて、山頂に着いたのは午後1時を回っていた。山頂部の樹林がかなりの面積刈り払われており、明るい雰囲気の山頂となっていた。ただ残念ながら、周囲の眺望は広がってはいなかった。平らな山頂部ゆえに、樹を少々切っても視界は広がらないのだ。その山頂広場の雪の中で昼食を摂ってから、千町原からの道を採って菅原林道終点まで下り、そこから林道を経由して下山することとなった。

 

 

〈臥龍山々頂に到着!〉

〈一等三角点が建つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂部の樹林が切り開かれていた〉

 

 

〈下山開始!麓の八幡の雪は消えているよう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈木漏れ日射す雪道を下る〉

 

 

〈青空に枝を張るブナの古木〉

 

 

13:56 菅原林道終点

  菅原林道の終点部は雪の中であった。雪が多くて雪霊水汲みの車もここまでは入って来れないようであった。沿道の巨木を観ながら雪で覆われた林道を歩いた。雪の上には一筋の薄いトレースがあるのみであった。林道沿いにも巨樹、古木が多く飽きることはなかった。下る程に積雪が減ってきて車の轍も現れてきた。聖湖キャンプ場方面へ登山道分岐から山道に行った。その登山道の通る森も美しかった。その森でナラ枯病の状況を観察した。臥龍山の森にもかなりの規模でナラ枯が現れていることが分かった。

 

 

〈菅原林道の終点部に出る〉

〈雪霊水:雪の中を水を汲みに来る人もない〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈雪に覆われた菅原林道を巨樹を観察しながら下る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈クリの古木がもう一本!〉

 

 

 

〈臥龍山随一とも言われるブナの古木〉

 

 

 

〈雪の菅原林道をこの辺りまで上がってくる剛の者がいるようだ〉

〈菅原林道から聖湖キャンプ場への下山路に入る〉

 

 

 

〈美しきブナの巨木の枝振り〉

〈ブナ、ミズナラを中心にした樹林は美しい!〉

 

 

15:09 聖湖キャンプ場入口

  臥龍山南登山口への登山道を辿って国道191号線に出た。そこから車を停めた聖湖キャンプ場入口の駐車場までは数百メートルの距離であった。深い森の探査と雪中行を楽しんだ6時間の山行を無事に終えて出発点へと戻った。

 

 

〈国道191号線に出る〉

〈国道191号線に面した臥龍山南登山口〉

 

 

〔山行所感〕

  4年振りの臥龍山の山歩きは、個人的にはまだ犯人逮捕が果たされていない不幸な事件に巻き込まれた平岡さんの慰霊の山行でもあった。今回こういう機会を得て思うには、多分こういう形であったので悲しみを乗り越えて臥龍山に戻ってくることが出来たのであろう。これからも、この美しい山を訪ねることがあるかと思うが、いつまでもこの慰霊の気持ちを忘れてはいけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2