春の雪山をめざして岩山でアイゼンボッカ訓練  烏帽子岩山(410m)

広島県呉市

2014年4月5日(土)    門久が参加

 

 

 

 

 

 

〈重いザックを背負ってのアイゼンボッカ〉

 

 

 

5月の連休に予定している立山三座縦走の事前トレーニングで烏帽子岩山へアイゼンボッカに出掛けてきた。

総勢6人で重いザックを背負ってアイゼン尾根を勿論アイゼンを履いて登った。

この日の荷物は10数キログラムで肩にグッとくる感じであった。

昨年12月にもアイゼン訓練で同じ尾根を登ったが、今回は荷物の重量が全く異なり、

その時の感覚とは異質のもので、改めて荷重の厳しさを知ることとなった。

それでも、先の楽しみを思ってこの試練を乗り越えた・・・・・。

 

《山行記録》

天応駅9:19・・・・9:27烏帽子岩登山口・・・・9:30駐車場(準備体操)9:42・・・・9:51アイゼン尾根基部(アイゼン装着)10:01・・・・10:54烏帽子岩山(410m)11:11・・・・11:16展望岩・・・・11:18ドンガメ岩・・・・11:37黒ナメラ基部(昼食)12:27・・・・12:33アイゼン尾根基部・・・・12:39駐車場(整理体操)12:51・・・・13:06天応駅

〔総所要時間:3時間47分、昼食・休憩等:1時間29分、正味所要時間:2時間18分、歩行距離:36q、累積標高差:±460m

 

 9:19 天応駅

  天応駅着9時10分の電車で全員集合した。身支度を整えてアイゼン尾根の基部へと向かった。住宅街を抜けたところにある墓地の駐車場で入念な準備体操を行なった。身体が軽くなった感じであった。山中入ってアイゼン尾根に取り掛かる基部でアイゼンを装着した。

 

 

JR呉線天応駅からスタート〉

〈住宅地の中にある登山口〉

 

 

 

〈準備体操をした墓地の駐車場付近から烏帽子岩を仰ぐ〉

〈山中ではミツバツツジが咲き始めたよう〉

 

 

 9:51〜10:01 アイゼン尾根基部

  アイゼン尾根は厳しい。登り始めると直ぐに岩の間を縫って登る急傾斜面となり、登る程に岩の壁が待っている。岩を食むアイゼンの効きは小気味良いが、この日は前回と違って肩の荷物が重いので異質な感じであった。登る程にその負担感の違いが堪えて来るようになった。やはり道中の難所を登るには難渋する感が強かった。それでも途中での休憩を挟んで前回とほぼ同じ1時間足らずで山頂へ到達出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アイゼンを履いてアイゼン尾根に取り付く〉

〈直ぐに岩場に出る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈沖の瀬戸を海上自衛隊の潜水艦が行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈重いザックが肩に懸かる〉

 

 

 

〈岩の間を縫うように登る〉

 

 

 

〈岩壁を慎重かつ確実に登る〉

〈天狗城山を望む高さまで登ってきた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩棚で暫し休憩〉

 

 

 

〈断崖はやはり緊張する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈足元はアイゼンが頼り〉

 

 

 

〈最後の難所を登り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈松山行きの高速艇が通る瀬戸を高見から望む

 

 

             〈断崖の先に呉港を望む〉

 

 

10:54〜11:11 烏帽子岩山(410m)

  山頂でゆっくりと休憩と取ってから下山の途に就いた。下山路は一般登山道を採るが、ここも岩の道で厳しい。アイゼンワークの習熟が目的なので、この下りにもアイゼンを使った。岩場のアイゼンは上りよりも下りの方がより難しい。厳しい傾斜で良く滑るので、注意して下って行った。下る程に黒ナメラの岩壁が見えてきた。その基部辺りで別のグループがザイルを張って訓練中であった。聞けば西穂高岳に近々行くための訓練とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂広場で暫し休憩〉

 

 

 

〈一時間足らずの登攀で山頂に着いた〉

 

 

 

〈山頂を発って下山の途に・・・〉

〈ミツバツツジ咲く稜線部を行く〉

 

 

 

〈稜線部の展望岩〉

〈烏帽子岩の頭部は直ぐそこ!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下りの岩場も緊張する所〉

〈ドンガメ岩:今日は上に上がらない〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下りもアイゼンワークを試す〉

〈黒ナメラの岩盤が見えてきた〉

 

 

11:37〜12:27 黒ナメラ基部

  黒ナメラの基部に着いて、そこの平坦な所でランチタイムとした。ここは岩登りの鍛錬を行う人達にとっても安息の地である。訓練中の西穂高岳組も昼食に集まって来られた。我らがメンバーと旧知の人達であった。昼食後に再度アイゼン尾根を登るという希望もあったが、この日の午後には雨になるという予報に食後何の異論もなく下山することとなった。

 

 

〈黒ナメラ下で他のグループを一緒にランチタイム〉

〈黒ナメラを見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈岩間にスミレが咲く〉

 

 

 

〈西穂高岳を目指すグループが訓練中〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈昼食後下山の途に〉

〈黒ナメラを仰ぎ見る〉

 

 

13:06 天応駅

  黒ナメラ基部でアイゼンを外して下山の途に。アイゼンがなくても、この山の岩場を縫う登山道は十分な注意が必要だ。墓地の駐車場まで下って整理体操でクールダウンを図ってから天応駅へと下った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登ってきた烏帽子岩山を振り返る〉

 

 

 

〈住宅地の中を天応駅に向かう〉

 

 

〔山行所感〕

  目的に向かって事前に数々の準備、鍛錬を行うというのは、当事者の心身両面の習熟、慣れの為に極めて有効なことであると思う。この日は重い荷物を背負ってのアイゼンワークの習熟、負荷への慣れが目的ではあったが、やはりその経験は事後の自信に結び付くと思う。地味ではあるが、こうした努力の積み重ねが、強靭な心身の実現に結びつくと信じたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2