秋の花咲く山懐を逍遥する 皿ヶ嶺・天狗の庭

愛媛県東温市

2014年9月21日(日)   門久単独

 

 

 

 

 

 

〈秋の風の吹く天狗の庭〉

 

 

 

よろずの用件で儘ならない四国での滞在中、思い切って皿ヶ嶺へと車を走らせた。

秋の花々の咲き具合が気になっていた。

最長1時間半の制限時間を課して水の元から天狗の庭へと歩を進めた。

 

《山行記録》

水の元10:57・・・・11:25天狗の庭・・・・11:41林道出合・・・・11:50上林トンネル北口・・・・12:08上林森林公園12:20・・・・12:32水の元 

〔総所要時間:1時間35分、休憩等:0時間12分、正味所要時間:1時間23分、歩行距離:3.5q、累積標高差:±314m

 

11:25 水の元

  水の元から材木の切り出し用に幅が広くなった上林峠へと続く登山道に入ると、直ぐにその路傍は数多の花々が咲き揃うお花畑となっていた。気になる花を一つ一つカメラに納めていると、なかなか前に進めない。この日の主目的の天狗の庭に着くまでに、秋の花々の大写真集が出来てしまった。

 

 

〈麓から仰ぐこの日の皿ヶ嶺〉

〈水の元からスタート〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヒヨドリバナ〉

 

 

 

〈上林峠方面への道を採る〉

 

 

 

〈ハガクレツリフネ〉

〈オトコエシ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミズヒキ〉

 

 

 

〈オオバショウマ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アケボノソウ〉

 

 

 

〈アキチョウジ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈泉に群生したハガクレツリフネ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈イタドリ〉

〈ミミジガサ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ガンクビソウ〉

 

 

 

〈木材切り出し道路沿いは花盛り〉

 

 

 

〈キバナアキギリ〉

〈シロヨメナ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈レイジンソウ〉

〈植林の中に延びる登山道〉

 

 

 

〈トチバニンジン()

〈ヒカゲミツバ〉

 

 

11:25 天狗の庭

  天狗の庭に入ると、苔生す岩海を覆う古木や大木の森が静謐で落ち着いた雰囲気を醸しだしていた。いつ来ても良い感じのする所である。その落ち着いた雰囲気を象徴するかのように、トリカブトの一種であるシコクブシの花がドッシリと沢山の花を付けて群生していた。紫濃いものから、白色に近いものまで、花の色合いは様々であった。それまでになかったオオマルバテンニンソウも天狗の庭に来てから出会うことが出来た。秋の風が渡る森によく似合う花である。ゆっくりと、庭のような森を逍遥したいところであるが、制限時間内により多く歩き、見たいので先に進むこととした。

 

 

〈シコクブシ〉

〈苔生す天狗の庭〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色の薄いシコクブシ〉

 

 

       〈オオマルバノテンニンソウが開花〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈登山道の両側はハガクレツリフネの群落〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈心落ち着く天狗の森〉

 

 

 

 

〈天狗の庭のケヤキの古木〉

〈マムシグサ(実)〉

 

 

11:41 林道出合

  天狗の庭を過ぎて斜度を増した登山道を登って行くと直ぐに古いダートの林道に出合う。制限時間内に水の元に還るにはここで引き返すのが確実であるが、同じ道をピストンするのも面白くないので、この林道を下って上林森林公園の駐車場辺りの寄ってから水の元に戻ることとした。ここ12か月の間に林道は手入れされて歩き易くなっていた。約10分で上林トンネルの北口に出て車道に合流した。そこからは、車道歩きとなって、時折通る自動車に気を付けながら風穴のある上林森林公園まで歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈古い林道に出合う〉

 

 

                     〈ツチアケビ〉

 

 

 

〈最近手入れされた林道を行く〉

〈ソバナ〉

 

 

 

〈上林トンネル北口で車道に合う〉

〈林道上林河之内線を上林森林公園まで歩く〉

 

 

 

〈沿道の美しい杉林〉

〈キンミズヒキとネバリタデ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈路傍の渓流入口に立つ道標、いつか辿ろう・・・〉

 

 

12:08〜12:20 上林森林公園

  上林森林公園に寄っても、この日は時間の制約もあって風穴を覘いてみる気は全くなかった。目的はただ一つ、タカネハンショウズルの花をもう一度見てみることであった。件の所に行ってみると、何と花は大豊作、数多の花が蔓から垂れ下がっていた。逆光を気にしつつ仰ぎ見ながらその花々をカメラに納めていると、思いのほか時間を費やしていた。撮影後は、取り急ぎ水の元へと下って行く破目となった。

 

 

〈森林公園の園地が見えてきた〉

〈上林森林公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ここに立ち寄ったのはこの花を見るため〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今年のタカネハンショウズルは豊作だ!〉

 

 

 

〈ヤマジノホトトギス〉

〈山肌が若干色付いてきた感じもするのだが・・・〉

 

 

12:32 水の元

  制限時間の1時間半を少しだけ過ぎて水の元に戻った。駐車場はほぼ満車の状態であった。昼過ぎの時間であったので、登山者の皆さんはまだ山中のようで、静かな水の元であった。

 

 

〈背後から水の元の避難小屋を見下ろす〉

〈駐車場がほぼ満杯の水の元〉

 

 

〔山行所感〕

  1時間半という制限時間付きの山行であったが、平生にほなかなか採らないコースを歩けて結構充実した散策となったように思う。ピークハンティングでもなく、稜線歩きでもないこんな山行も時には良いものである。今の皿ヶ嶺は、秋の花々が至る所に咲いており、登山者やハイカーを存分に楽しませてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2