広大なススキの原を目指して 三瓶山・男三瓶山(1,125.8m

島根県大田市

2014年9月23日(火) 秋分の日    チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈男三瓶山のススキの原〉

 

 

 

夏が過ぎて紅葉の季節を待つこの頃、

秋風の渡るススキの原っぱを見てみたくなり、

昨年夕暮れの斜光の中で見て感動した男三瓶山々頂のススキの原を再度見に行くこととした。

新しい試みとして、今まで避けていた北の原から直接に男三瓶山に登頂するコースを採ることとした。

 

《山行記録》

三瓶自然の家サヒメル裏駐車場(姫逃池コース登山口)9:45・・・・9:51国立三瓶青少年交流の家・・・・9:53名号コース登山口9:55・・・・10:11中国自然歩道に合流・・・・10:26女三瓶山分岐・・・・10:29トイレ10:33・・・・11:28標高1,000m地点・・・・11:50稜線(避難小屋)・・・・11:55男三瓶山(1,125.8m)12:44・・・13:33中国自然歩道出合・・・・13:56姫逃池コース登山口・・・・13:58三瓶自然の家サヒメル裏駐車場

〔総所要時間:4時間13分、昼食・休憩等0時間55分、正味所要時間:3時間18分、歩行距離:6.5q、累積標高差:±697m

 

 

 9:45 三瓶自然の家サヒメル裏駐車場(姫逃池コース登山口)

  三瓶自然の家サヒメルの裏手の駐車場に車を停めると、その直ぐ背後が姫逃池コースの登山口であった。姫逃池コースは下山路として使うこととして、10分足らず東へ歩いた所にある名号コースの登山口から登ることとした。国立青少年交流の家前の登山口からはよく整備された自然観察路延びていた。沿道の立木に名札が掲げられていた。道は男三瓶山の東麓を巻きながら緩やかに登って行っていた。沿道の林床にはノブキ、キバナアキギリ、アキチョウジが沢山咲いていた。今はこれら三種の花の独壇場と言った感があった。名号コース登山口から15分ほど行ったところで中国自然歩道に合流し、そこからはその自然歩道を歩くこととなった。

 

 

〈三瓶自然の家裏手の駐車場脇に姫逃池コースの登山口がある〉

〈東の原まで続く遊歩道〉

 

 

 

〈国立三瓶青少年交流の家〉

〈名号コース登山口〉

 

 

 

〈樹林の中に延びる登山道〉

〈ノブキ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アキチョウジ〉

 

 

                  〈キバナアキギリ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ミズヒキ〉

 

 

 

〈フジの蔓〉

 

 

 

〈中国自然歩道に合流〉

〈女三瓶山へと続く中国自然歩道を暫し行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ノブキ、キバナアキギリ、アキチョウジの三羽鴉のコラボレーション〉

 

 

 

10:26 女三瓶山分岐

  名号コース登山口から30分ほど行ったところで、名号コースは女三瓶山へ向かう中国自然歩道から外れて右に折れ、男三瓶山への尾根筋のルートとなった。概して急な斜面であるが、道は大きくジグザグを描くように設けられているので喘ぎ登るようなことはなかった。沿道の森はミズナラからシデ、更に高度を上げて行くとブナ林へと変容していった。山頂直下の避難小屋に上がるまで樹林の中の道であったので、やや強かったこの日の日射しも気になることはなかった。避難小屋のある稜線上まで上がると、ススキの原と共に沢山の花々がまだ咲き揃っていた。そこから山頂へはひと歩きであった。

 

 

〈女三瓶山への道を左に分けてここから男三瓶山へ直登する〉

〈よく整備された登山道が続く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈クマシデの葉のようだ〉

 

 

 

〈シデの林を抜けて行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈キバナアキギリの群落が続く〉

 

 

                     〈モミジガサ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈シラヤマギク〉

 

 

                    〈ヨシノアザミ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ツルニンジン〉

〈サラシナショウマ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈標高50m毎に杭が立てられている〉

 

 

 

〈アシウスギ〉

 

 

 

〈山頂直下にブナ林が広がる〉

〈尾根筋の樹間から南東方向を望む〉

 

 

 

〈樹林帯を抜け出すと山頂の稜線がもう間近〉

〈イヨフウロ〉

 

 

 

〈コウゾリナ〉

〈アキノキリンソウ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈リュウノウギク〉

 

 

 

 

〈ヤマハッカ〉

〈ツリガネニンジン〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂東面のススキの原、山頂避難小屋が見える〉

 

 

 

11:55〜12:44 男三瓶山(1,125.8m)

  三瓶自然の家から2時間余の時間をを竟やして男三瓶山に到達した。のんびりと歩いた積もりはなかったが、写真を撮りながらの登攀ゆえか意外に時間がかかった。山頂広場の北端にある展望台で昼食を摂ってから、火口跡の室の内を眺め、山頂西面のススキの原をカメラに納めるべく歩いた。目的のススキの原は、まだ陽が高く原っぱを銀色に輝かせる斜光は望みようがなかったが、人の心を解放するような広大なススキのうねりにはやはり感動を持って対峙することとなった。いろいろなアングルで原っぱの状況をカメラに納めながら心はずっと高揚したままであったようだ。1時間近く山頂で過ごした後で、姫逃池コースで下山することとした。名号コースに比べれば斜度は厳しかったが、さほど難しいコースではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂の高い空〉

 

 

 

〈男三瓶山々頂〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山頂西面のススキの原の先に大江高山火山群を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈伸びやかなススキの原は秋の男三瓶山の魅力の一つ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈気宇壮大にしてくれる景観です!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の空!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈風渡る〉

 

 

 

 

〈北に出雲平野、島根半島が望める〉

〈室の内の火口跡を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ホソバヤマハハコ〉

 

 

                   〈ヤマラッキョウ〉

 

 

 

〈マツムシソウ〉

〈カワラナデシコ〉

 

 

 

〈山頂広場に安置されてる三瓶山頂神社の祠〉

〈姫逃池コースを下る〉

 

 

 

〈トモエシオガマ〉

〈ガマズミ(実)〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈急坂が続く姫逃池コース〉

 

 

                 〈キクバヤマボクチ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈山麓を巻く中国自然歩道に出合う〉

 

 

              〈落葉松の林が広がる〉

 

 

13:58 姫逃池コース登山口

  山頂から1時間15分ほどの時間をかけて姫逃池登山口へ下った。登山口から至近の所に車を停めていたので直ぐに荷物を片付け、その足で姫逃池を見に行った。浮島にはまだカキツバタが僅少ながら咲いていた。花の最盛期に来れば、ここもまた楽しいところであるのだろう。

 

 

〈姫逃池コース登山口に下山〉

〈登山口の先には立派な三瓶自然の家の施設が設置されている〉

 

 

 

〈姫逃池〉

〈姫逃池の背後に男三瓶山が聳える〉

 

 

〔山行所感〕

  男三瓶山々頂の広大なススキの原は、期待に背くことはなかった。その大きな拡がりとススキのうねりは、見る人の心を気宇壮大にしてくれるような気がする。そして、今回北の原からの2つのコースを上り下りで歩いてみて、室の内周回コースや西の原コースに比べれば、男三瓶山がグッと近くなったように感じた。樹林の中を上り下りする北の原からの各コースは炎天の日の登山など利用価値が多いにあると思う。今後もまたお世話になることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2