紅葉の山でキノコ狩り 恐羅漢山(1,346.4m)・台所原

広島県山県郡安芸太田町・島根県益田市匹見町

2014年10月25日(土)   門久が参加

 

 

 

 

 

 

〈台所原での収穫〉

 

 

 

山の会の自主山行「キノコ観察と紅葉の台所原」に参加して秋の恐羅漢山の山域を歩いてきました。

お目当ての第一は「キノコ汁」の賞味、それに紅葉に彩られた錦秋の森を歩けるのですから心躍りました。

天候にも恵まれて、期待通りの楽しい一日となりました。

 

《山行記録》

牛小屋高原駐車場10:04・・・・10:07登山口・・・・10:28(休憩)10:31・・・・10:51立山尾根分岐(主稜線出合)――10:56恐羅漢山(1,346.4m)11:04・・・・11:05台所原分れ・・・(キノコ狩り)・・・12:28台所原・・・・12:44台所原平(昼食)14:20・・・・14:50管理林道終点・・・・15:07早手のキビレ15:08・・・・15:20夏焼のキビレ・・・・15:42登山口・・・・15:44牛小屋高原駐車場

〔総所要時間:5時間40分、昼食・休憩等:1時間48分、正味所要時間:3時間52分、歩行距離:81q、累積標高差:±760m〕

 

10:04 牛小屋高原駐車場

  参加者は総勢12名。出発前にキノコ通の幹事からキノコの基礎知識や注意事項を聞き気持ちはより高揚するところとなった。ピーカンの好天の下でスキー場ゲレンデの上りはやや暑かったものの、先に楽しみがあるのでそれも何のその、皆元気に急傾斜面を登って行った。ゲレンデを外れて樹林の中に入ると、森は美しく紅葉しており、足取りも一際軽くなり、登山口から50分間ほどの時間で恐羅漢山の山頂に到達出来た。

 

 

〈出発前、キノコ狩りの注意事項等を聞く面々〉

〈スキー場を行く登山道の頭上をジップラインの滑行者が横切る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈立山尾根ルートは先ずは恐羅漢スキー場ゲレンデを登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈振り返れば砥石郷山、その奥に深入山が聳える〉

 

 

 

 

〈スキー場を登り切ったところで休憩中の面々〉

〈樹林帯に入ると紅葉した樹々が迎えてくれた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の中を行く〉

 

 

         〈尾根道に出合うと山頂は近い〉

 

 

10:56〜11:04 恐羅漢山(1,346.4m)

  この日の恐羅漢山の山頂は一通過点に過ぎず、暫しの休止の後直ぐに台所原に向かった。真っ直ぐに下れば台所原には1時間足らずで到達出来るが、この日は各人が思い思いに樹林の中に分け入ってキノコ狩りをしながら下って行くこととして、概ね1時間30分の予定とした。台所原への北斜面の上部の森は既に葉を落としていたが、下り始めると直ぐに紅い葉の目立つ紅葉の森となった。なお下って行くと、ブナの黄葉が美しい将に紅葉の盛りの山域に入った。森の中でキノコを探しながら、紅葉の森の観賞もするのであるからなかなか忙しかった。とは言え、キノコについては素人であるから、そんなに簡単には見付けられず、やはり紅葉狩りが中心になっていたことは否めなかった。下る程に森の青味が増えて行き、台所原では紅葉の盛りまで、まだ数日が必要といったところであった。

 

 

〈恐羅漢山々頂〉

〈山頂からの北方向の眺望、聖山、高岳、臥龍山も望める〉

 

 

 

〈山頂を後に台所原へと下る〉

〈台所原への道を採る我らが面々〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原への下り道に入ると紅葉の中に入った〉

 

 

      〈キノコを探しなが紅葉もチェックする〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樹林の中でキノコを探すメンバー〉

 

 

     〈紅葉の森でキノコ情報の交換中か?〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原へのルートの中ほど辺りが紅葉のピークであった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈見事に紅葉したブナの大木を見上げる〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の色合いは色々!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の進む台所原の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈お馴染のハグし合うトチとブナの樹〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈静謐で奥深い台所原の森を行く〉

 

 

 

 

〈秋深まる森〉

〈台所原に立つ道標〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈多彩な秋の台所原〉

 

 

 

〈台所原の主のミズナラの老木〉

 

 

12:44〜14:20 台所原平

  台所原平に下ってランチタイムとなった。ここで採って来たキノコを集めて、キノコ通の幹事に食べられるものと食べられないものに分けてもらった。食べられるものは、その場でキノコ汁に入れることとなった。この日の食用のキノコは、ムキタケにブナハリタケ、それに少量ながらナメコもあった。その上に幹事が持参のヤマブシタケが加わった。山で食すキノコ汁の何と美味なることよ!台所原平で1時間半を超える時間をマッタリと過ごしてから、紅葉に彩られた管理林道を辿って下山の途に就いた。

 

 

 

 

 

 

 

〈台所原平〉

 

 

 

 

〈台所原平の広場でランチタイムを取る〉

〈台所原での収穫〉

 

 

 

〈収穫したキノコで早速にキノコ汁を作る〉

〈味噌で味付けをすれば料理は完成!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈キノコ汁を賞味、「これは美味い!」〉

 

 

                   〈青空と紅葉と〉

 

 

 

〈食後、管理林道を辿って下山の途に就く〉

〈紅葉した中の甲の谷越しに天杉山を仰ぐ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の中を行く!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈管理林道の終点間近、夏焼けの丘を仰ぐ〉

 

 

 

〈恐羅漢山の北尾根に乗った地点が「早手のキビレ」〉

〈早手のキビレから夏焼けのキビレへと続く尾根道〉

 

 

15:20 夏焼のキビレ

  夏焼のキビレまで下って牛小屋高原までのよく整備された登山道に入ると、この辺りの紅葉の進み具合はまだ遅く、その見頃までにはなお日数がかかりそうであった。かように山の紅葉は高地から低地へと下ってくる。なお暫く恐羅漢山の山域では紅葉が楽しめるということだ。

 

 

〈夏焼けのキビレ〉

〈百本杉の脇を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈この辺りの紅葉はまだこれから〉

 

 

15:44 牛小屋高原駐車場

  恐羅漢山では随分と長い部類に入る6時間近い時間を山中で過ごして車を停めた牛小屋高原へと下った。キノコと紅葉を思い切り楽しむことが出来た秋の一日であった。

 

 

〈牛小屋高原へ下山〉

〈家族連れの姿を見られたエコロジーキャンプ場管理棟〉

 

 

〔山行所感〕

  キノコ通の幹事のお陰で、秋の山行の楽しみの要素をまた増やすことが出来た一日であった。キノコは素人が触ってはいけないとこれまでは敬遠してきたが、やはりこれを楽しみの対象に出来ると秋の山の楽しみがより厚みを増してくることがよく分った。美しい紅葉にキノコの楽しみ、贅沢な道具立てと言えようか。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2