懸垂下降/クラック・クライミング  三倉岳(源助岩場)

広島県大竹市

2014年10月29日()    門久が参加

 

 

 

 

 

 

〈源助岩場〉

 

 

 

久し振りに三倉岳での岩トレに出掛けた。

前回までは懸垂下降のトレーニングが中心であったが、

今回からはトップロープによるクライミングが加わることになった。

ヨチヨチ歩きのひよっこクライマーには全てが新鮮である。

 

《山行記録》

三倉岳駐車場9:55・・・・10:35源助岩場(岩トレ)16:00・・・・16:24三倉岳駐車場

〔総所要時間:6時間29分〕

 

紅葉が彩りを増してきた園地抜けて源助岩場へと歩を進めた。

先ずはトップロープのセッティングからトレーニングが始まる。

トップロープを張った後は、6名の参加メンバーが順次懸垂下降でゲレンデ下まで下った。

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉に彩られた三倉岳〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「源助崩」が載っている案内板〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈先ずは懸垂下降〉

 

 

 

懸垂下降のトレーニングをお終いにして、源助岩場正面のフリークライミングに移ることになった。

この岩場を登るのは初めての経験であった。

源助岩場の正面には縦、斜めに複雑なクラックが走っている。

ここのクライミングはそのクラックを辿るもので、「クラッククライミング」という範疇に入るものらしい。

そのクラックのラインは2つあるようで、調べてみると

向って右側が「ヒップ・クラック」(別名:吸血鬼)、

左側が「モアイ・クラック」と呼ばれているようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「ヒップ・クラック」と呼ばれるクラック〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈こちらは「モアイ・クラック」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「ジャミング」などという言葉が飛び出してきた〉

 

 

初めてのクラッククライミングへの挑戦となった。

岩に張り付くようにして登って行ったが、

ヒップ・クラック、モアイ・クラックともに核心部になると手も足も出すことが出来ない感じであった。

先達の口からは「ジャミング」なる言葉が頻りに出て来た。

クラックに指や手、足などを差し込んでロックしてホールドにすることのようであるが、

それは一朝一夕に出来る訳ではないようだ。

結局この日は、どちらのクラックとも未完に終わった。

また新たな課題を積み残すこととなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈モアイ・クラックを岩に張り付くように登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈モアイ・クラックの上部のここからが核心部〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ヒップ・クラックに張り付いて登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈モアイ・クラックの核心部の下まで上がる!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈核心部の攻略法は???〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈高みに張り付いて!!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈チャレンジ!〉

 

 

 

〔山行所感〕

   クラッククライミング、ジャミング等々、新しいクライミングの用語が飛び交う。新鮮な感覚であるが、その言葉をその意味通りに実践、成就するのは簡単なことではない。かくして、今回の岩トレも課題を積み増すだけのものになったようだ。慌てず、落ち着いてひとつひとつ物にして行くしかないのであるが、やはり気持ちは焦る。努力すれば必ず成就出来るという保証もない。暫くは、岩場で憩えることを唯一の喜びとして、経験を積み重ねることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2