癒しの森の紅葉を楽しんで 引き明けの森・天上山(972.6m)

広島県山県郡安芸太田町

2014年11月20日(木)   仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した癒しの森を行く〉

 

 

 

「引き明けの森」の癒しの森を歩きたくて、

紅葉のピークには遅くなってしまったかと思いつつ、今年も天上山に登ってきました。

いつ行っても落胆させることのないのが「引き明けの森」、

今年もその豊かな表情を見せてくれました。

 

《山行記録》

龍頭峡駐車場8:27・・・・8:34登山口・・・・8:43衣類調整8:47・・・・9:061堰堤・・・・9:122堰堤・・・・9:25「引き明けの森」標柱9:31・・・・9:40栃の古木9:43・・・・9:44周回路分岐(左折)・・・・10:23周回路合流・・・・10:31「悠久の森入口」(林道正木井仁線)・・・・11:02天上山(972.6m)(昼食)11:42・・・・12:07「悠久の森入口」・・・・12:13周回路分岐・・・・12:27周回路合流・・・・12:29栃の古木・・・・12:37「引き明けの森」標柱・・・・12:462堰堤・・・・12:531堰堤12:55・・・・13:24登山口13:26・・・・13:35龍頭峡駐車場

〔総所要時間:5時間08分、昼食、休憩等:0時間57分、正味所要時間:4時間11分、歩行距離:8.2q、累積標高差:±1,055m〕

 

 8:27 龍頭峡駐車場

  出発は龍頭峡の奥の駐車場。平日の朝の駐車場に車を停めたのは我々だけであった。龍頭峡の紅葉は殆ど落葉して、名残りの葉が残る程度であった。龍頭橋を渡って登山口から山道に入った。急坂を登って龍頭峡の高みを行く巻き道へ。年々荒れてきた登山道であったが、登山道沿道にパイプやパネルが積まれ、パネルの橋が架けられているところもあった。久しく人の手が入っていなかった登山道が有り難いことに補修されていた。巻き道を通過すると渓流沿いの道となった。この辺りの紅葉はもうすっかりと終わっている感じであった。ささやき滝を右に見て、パイプで構築されたパネルの階段道を登って行くと、いよいよ「引き明けの森」への入口だ。

 

 

〈龍頭峡からスタート〉

〈登山口はこの橋(龍頭橋)の向こうの右側〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈危なげな登山道にパネルは張られていた〉

 

 

                   〈龍頭峡の懸崖〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈名残りの紅葉〉

 

 

                〈補強された古い橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈第2堰堤下を行く〉

 

 

                     〈ささやき滝〉

 

 

 9:25〜9:31 「引き明けの森」標柱

  駐車場から1時間弱で引き明けの森に入った。暫くは杉の樅の古木の森を抜けて行く。心落ち着く道である。やがて行く手にこの森の主とされる栃の古木が現れる。今年もすっかりと葉を落として貫禄十分に聳え立っていた。暫し見惚れた。栃の古木の先で、登山道は二つに分かれる。ずっと先で再び合って引き明けの森に周回路を形成する道である。この日もその分岐を左に採って森の奥へと進んだ。急な斜面にジグザグを描く登山道を登って行くと、それまでの落葉の森とは打って変わって紅葉の森が始まった。マジックのようはこの展開が秋の「引き明けの森」の不思議なのである。森の奥で林道に出合うまでの小一時間、七色に変化する紅葉の森に心酔した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈杉と樅の古木の森を抜ける〉

 

 

 

〈「引き明けノ森」に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈森の主とされる栃の古木〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈樅の古木と紅葉した森〉

 

 

 

〈周回路に入ると紅葉が始まった〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈色合いを深める森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉と古木のコラボレーションもこの森の魅力〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈頭上を七色の梢が覆う〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黄金色の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈暫しこの輝きに心酔する・・・・〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈パラダイスとはこういう色合いなのか・・・・!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋の森と光の饗宴〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈静謐な黄金色の森を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈頭上に錦色の空が広がっていた!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈豊穣の森〉

 

 

 

10:31 「悠久の森入口」(林道正井仁線出合)

  引き明けの森を抜けて林道に出ると、今度は天上山への急な登山道が杉の植林地の中に延びている。紅葉の森をゆっくりと歩いて来た脚には、この杉林を直登気味に登る道は堪えるところである。30分程の辛抱と言い聞かせて一気に登った。

 

 

〈林道正木井仁線に出る〉

〈林道脇に建つ「悠久の森」の碑〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天上山に向けて杉の植林地を登り行く〉

 

 

                 〈尾根上の道を行く〉

 

 

 

11:02〜11:42 天上山(972.6m)

  樹林に囲まれて殆ど眺望のない天上山の山頂であったが、今年は西面の樹木が幅広く伐採されて眺望が随分と広くなっていた。立岩山・市間山の山稜から十方山、恐羅漢山、砥石郷山などが眺望出来た。山頂で40分ほどのランチタイムを取ってから、来た道を引き返すこととした。

 

 

〈天上山々頂〉

〈樹木が伐採され立岩山〜砥石郷山の山群が眺望できた〉

 

 

 

〈黄色の下生えの杉林を下る〉

〈林道正木井仁線まで下った〉

 

 

12:07 「悠久の森入口」

  林道正木井仁線に出て、「悠久の森」の碑から「引き明けの森」に戻った。再び紅葉の森が展開した。下山は周回路を右巻きに森の主の栃の古木へ直接下る支尾根の道を採った。その道程の紅葉もまた素晴らしく魅了されること頻りであった。栃の古木まで下ると、不思議なるかなそれまでの紅葉群は消えて、落葉の森となった。落葉の渓流沿いの道を下り、龍頭峡の懸崖の巻き道を辿って龍頭峡へと下って行った。

 

 

〈「引き明けの森」を下る〉

〈これぞ悠久の森〉

 

 

 

〈周回路の分岐〉

〈紅葉に彩られた古木の森を下り行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈晩秋を想わせる森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉した森を名残り惜しく振り返る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉の森を抜けると晩秋の景色が広がる〉

 

 

                   〈晩秋の登山道〉

 

 

 

〈第1堰堤〉

〈龍頭峡の懸崖の巻き道を行く〉

 

 

 

〈龍頭峡:対岸の懸崖〉

〈秋も終わりに・・・・〉

 

 

13:35 龍頭峡駐車場

  龍頭峡に下り、例年なら三谷川沿いの滝検物に行くところであるが、この日の午後に用事が控えていたので、それは省略することとして駐車場へ戻った。駐車場には車が2台増えていた。天上山山頂直下の杉林で行き違った島根県からのグループの車のようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈魚影を見ながら龍頭峡を下る〉

 

 

 

〈登山口近くの龍頭橋〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈龍頭峡:樹々が葉を落とせば木枯らしが吹き始める〉

 

 

 

〔山行所感〕

  恒例の巡礼のようになった「引き明けの森」の逍遥。人を落胆させることのないこの森の秋は、今年も存分に我々訪問者の身も心を癒してくれた。巨樹に抱かれ悠久を感じさせてくれる深い森、それが七色に変化した染まるマジックのような世界はやはり登山者を魅了する。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2