宮島名残りの紅葉と山歩き 紅葉狩り・弥山(535m)

広島県廿日市市宮島町

2014年11月27日(木)   仁王さん夫妻+チャコ&門久

 

 

 

 

 

 

〈宮島・名残りの紅葉〉

 

 

 

11月も終わり近くになって終盤を迎えている宮島の紅葉がやはり気になって出掛けてみました。

昨年は11月早々に訪ねてちょっと早い紅葉でしたが、今年は名残りの紅葉といったところでした。

盛りの頃の艶やかさはありませんが、ぐっと濃くなった紅や黄や錦の色合いが心に沁み入ってくるように感じました。

 

《山行記録》

宮島桟橋9:50・・・・10:02山辺の古径・・・・10:10誓真大徳碑10:20・・・(うぐいす歩道)・・・10:36紅葉谷公園(紅葉谷橋北詰)10:39・・・・10:40もみじ茶屋周辺10:49・・・・11:01山村茶屋11:10・・・(もみじ歩道)・・・11:16平松茶屋下11:18・・・・11:28大聖院11:56・・・・12:01多宝塔・・・(あせび歩道)・・・12:18大元神社・・・・12:22大元公園(昼食)12:56・・・・13:20大岩・・・・13:53大師堂・・・・14:02岩屋大師14:06・・・・14:10大元乗越・・・・14:22仁王門・・・・14:31御山神社14:34・・・・14:39弥山本堂14:44・・・・14:53弥山(535m)15:13・・・・15:28夕陽観音・・・・15:55休憩16:02・・・・16:13四宮コース登山口16:15・・・・16:19もみじ橋・・・・16:28御笠浜・・・・16:32坂本菓子舗16:42・・・・16;53宮島桟橋

〔総所要時間:7時間03分、昼食・休憩等:2時間26分、正味所要時間:4時間37分、歩行距離:12.4q、累積標高差:1,134m

 

 9:50 宮島桟橋

  ご一緒した仁王さん夫妻と宮島口桟橋で落ち合い、直ぐに出る松大汽船の連絡船で宮島に渡った。平日とはいえ世界遺産の宮島のこと、船内は程良い乗客の数であった。宮島桟橋から宮島の街を抜けて山辺の小径に入り宮島のしゃもじを考案した誓真和尚の顕徳碑のある高台の公園に上がった。道々まだ健全な紅葉が残っており楽しませてくれた。宮島の街や塔の岡、それらの背景になった大野の瀬戸などの景観を楽しんだ後は、うぐいす歩道に出て紅葉谷公園まで歩いた。うぐいす歩道も名残りの紅葉に彩られており心地良い散策となった。

 

 

はい

 

〈べた凪ぎの大野瀬戸を渡る〉

〈この日は松大汽船に乗船〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈レトロな街を抜けて行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「山辺の古径」を彩る紅葉〉

 

 

 

〈「山辺の古径」に入る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈晩秋の散策路〉

 

 

             〈誓真大徳碑の建つ公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋景色〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈塔の岡を望む〉

 

 

 

 

〈紅葉した「うぐいす歩道」を行く〉

〈晩秋の「うぐいす歩道」〉

 

 

10:36〜10:39 紅葉谷橋北詰(紅葉谷公園)

  うぐいす歩道から宮島ロープウェイの乗客を運ぶ車道に入り紅葉谷公園の紅葉谷橋北詰に出た。ロープウェイ客が連絡バスを降りる所で好天で暖かいこの日も賑わっていた。我々はここから紅葉谷公園を下って山村茶屋に出て、そこからもみじ歩道を歩いて大聖院へと足を延ばすこととした。紅葉谷公園のカエデは殆ど葉を落としていたが、今はその落葉と樹に残った名残りの紅葉が相和して園内を得も言われぬ色彩に染めていた。ある所は紅い世界、別の所は黄金色の世界となっていた。山村茶屋辺りもまた紅のペーブメントとなっており観光客を喜ばせていた。紅葉の見所の一つの「もみじ歩道」も、最盛期の艶やかさはなかったものの、渋くも色濃い紅葉群が道行く人達の心を捉えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉谷橋北詰にはロープウェイに乗る人達の姿がある〉

 

 

        〈紅葉谷川はすっかり晩秋の趣き〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈晩秋の紅葉谷公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈秋色に染められた「もみじ茶屋」〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈頭上を覆う紅き天蓋〉

〈四宮神社へと向かう歩道〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「もみじ茶屋」も晩秋の佇まい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈どこまでも紅きペーブメント〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈こんな清新な装いの樹もあった〉

 

 

    〈平松茶屋の下辺りを大聖院へと向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「もみじ歩道」を行く人達〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈木漏れ日に色鮮やかに燃える紅葉〉

 

 

 

11:28〜11:56大聖院

  大聖院もまた紅葉が美しいところである。この日は山門の周辺の紅葉が艶やかで見事であったが、境内に入ってみると摩尼殿から大師堂にかけての斜面の紅葉群は殆ど葉を落として将に晩秋の佇まいとなっていた。大聖院の紅葉を楽しむには、もう少し早く訪ねるべきであったようだ。大師堂地下のミニ四国88か所(遍照窟)を回り、水子地蔵尊から摩尼殿、観音堂へと下り大聖院を後にした。大聖院からは「あせび歩道」が多宝塔を経由して大元公園へと続いている。ここもまた、大元公園に近付くにつれ水族館の上辺りに見事な紅葉が見られた。隠れた紅葉の見所かも知れない。

 

 

〈大聖院山門〉

〈山門の仁王像を包むような紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈燃えるが如き紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈五百羅漢像の周りも名残りの紅葉が美しい〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大聖院境内の紅葉は既にピークを過ぎていた〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈水子地蔵尊〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈将に晩秋の佇まい〉

 

 

 

 

〈大聖院前から門前の街越しに塔の岡を望む〉

〈「あせび歩道」を彩る紅葉〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈「あせび歩道」を大元公園へと向かう〉

 

 

             〈宮島水族館付近の紅葉〉

 

 

12:22〜12:56 大元公園

  大元公園は宮島では最も遅くまで紅葉が楽しめる所である。それ故にこの日も最も楽しみにしていた。この時期ゆえ当然に大元公園の紅葉もそのピークは過ぎていたが、堆く積もった落葉とまだ樹に残った葉が絶妙のコラボを見せて秋色の極みを現出しているかの如くであった。この秋色の中でランチタイムをと思い弁当を開きかけたが、園内に数多いる鹿たちが忽ちに我々のその弁当に興味を示したようで、気が付けば瞬く間に鹿の群れに取り囲まれてしまっていた。何とか近くの東屋に移って昼食を摂ることは出来たが、その周りにも好奇心旺盛な鹿の監視の目が光っていた。

 

 

 

 

 

 

 

〈秋色を極めた大元公園〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈四周みな秋色といった感〉

 

 

            〈これぞ大元公園の紅葉!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈絵具の洪水のような極彩色の森〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈紅葉に憩う!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黄金色に染める!〉

 

 

 

ここから登山編です

 

ランチタイムを終えて、仁王さん夫妻が新しい展望台を見ていないというので是が非でも弥山まで登ろうということになった。大元公園コースは階段の多い長いルートで、それまで紅葉狩りで平坦な道しか歩いていなかった身体には暫くはきつくはあったが、そのうちにいつしか慣れてきたようであった。岩屋大師の岩窟や御山神社の社などに寄りながら弥山本堂へ。消えずの霊火堂で有り難い白湯を頂いてから山頂へと脚を進めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ウリハダカエデの葉の積もった道〉

〈大元公園コースも階段が多い〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈弘法大師を祀った大師堂〉

〈駒ヶ林の懸崖の下を行く〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈駒ヶ林の懸崖を見上げる〉

 

 

 

 

〈岩屋大師の内部〉

〈大元乗越〉

 

 

 

〈仁王門〉

〈御山神社にも寄ってみた〉

 

 

 

〈不消霊化堂〉

〈不消霊化堂越しに弥山本堂を眺める〉

 

 

14:53〜15:13 弥山(535m)

  弥山山頂の展望台は暫く来ていない間に創建早々に使用不能となっていた2階部分の使えるようになっていて、平日ながらも沢山の観光客やハイカーで賑わっていた。好天の下、そこからは見事な瀬戸内海や西中国山地方面の大眺望が開けていた。下山は四宮コースを採った。階段のないいつもながらの尾根筋の道であった。厳島神社や塔の岡を俯瞰出来る眺望所で、この日も素晴らしい景観を楽しめた。

 

 

〈弥山山頂展望台〉

〈弥山山頂の露岩〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈能美島と大小の黒神島〉

 

 

 

 

〈最奥に岩船岳を望む〉

〈駒ヶ林と焼山〉

 

 

 

〈四宮コースにある夕陽観音の祠〉

〈尾根筋から塔の岡を俯瞰する〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大野瀬戸と宮島大鳥居〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈いつ見ても美しい眺望〉

 

 

 

16:13〜16:15 四宮コース登山口

  紅葉谷公園のもみじ茶屋に近い登山口に下りて驚いたことに、その登山口に虎ロープが張られて封鎖されていた。ロープにパウチされた札が下げられていた。国土地理院の地形図にも載せられている四宮コースの存続危うしということであろうか。長かった宮島での一日に終止符を打つべく、御笠浜を経由して桟橋へと向かった。途中で坂本菓子舗に立ち寄って秋と冬バージョンのもみじ饅頭でお茶を戴きひと心地着けた。

 

 

〈四宮コース登山口に立入禁止のロープが張られていた!〉

〈ロープに付けられていた札〉

 

 

 

〈登山口に近い「もみじ茶屋」〉

〈宮島の街を抜けて桟橋へと向かう〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈大鳥居夕景〉

 

 

 

16:53 宮島桟橋

  秋の陽は釣瓶落とし・・・である。宮島桟橋からJR連絡船に乗り宮島口へと短い航海をしている間に、宮島はいつの間にかシルエットとなり、夕陽は大野瀬戸の先に静かに沈んで行った。

 

 

〈シルエットとなった宮島〉

〈夕焼けに染まる大野瀬戸〉

 

 

〔山行所感〕

  やはり宮島の紅葉を見ないと秋を越せないようである。今年も遅くなったが、今年の名残りの紅葉を存分に楽しむことが出来た。宮島自体を紅く、黄金色に、また錦色に染めんとしているかのような晩期の紅葉は心に沁み入るようであった。宮島の多様で奥深い自然、紅葉もまた同じで折々にその時の美しさを見せてくれるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2