冬山に備えて天応でアイゼンボッカ&岩トレ 烏帽子岩山(410m)

広島県呉市

2014年12月7日(日)  門久が参加

 

 

 

 

 

 

〈アイゼン尾根でトレーニング〉

 

 

 

冬山シーズンが到来し、これからの本格的な冬山々行に備えてアイゼンボッカに出掛けてきた。

久し振りにアイゼンを履いて、山の会のメンバーと共に烏帽子岩山のアイゼン尾根を登り、黒ナメラまで下った。

歩く程に雪山への期待感が高まった。

アイゼン歩行訓練の後は、黒ナメラで短時間ながら岩トレに取り組んだ。

 

《山行記録》

天応駅9:19・・・・9:28烏帽子岩山登山口・・・・9:40アイゼン尾根基部9:59・・・・10:36休憩10:42・・・・11:23烏帽子岩山(410m)11:35・・・・11:42展望岩・・・・12:19黒ナメラ15:09・・・・15:24烏帽子岩山登山口・・・・15:31天応駅

〔総所要時間:6時間12分、岩トレ・昼食・休憩:3時間28分、正味所要時間:2時間44分、歩行時間:3.8q、累積標高差:±541m

 

 9:19 天応駅

  個人的には10月19日(日)以来の久し振りの天応であった。JR呉線天応駅から天応の街中の狭い道を抜けて背後に聳える烏帽子岩山へと向かった。この日の烏帽子岩山は別グループの冬山トレーニングの大部隊も入山しており、混雑が予想された。

 

 

 

 

 

 

 

〈天応の街を抜けて烏帽子岩山へ向かう〉

 

 

 

 9:40〜9:59 アイゼン尾根基部

  天応駅から20分程歩いたアイゼン尾根基部でアイゼンを装着し、アイゼン尾根に取り付いた。好天の下、風もなく大して寒くない絶好の条件であった。この日はアイゼン尾根が初めてのメンバーも複数人いて、ゆっくりとしたスピードでの登攀となり、基部から1時間20分余の所要時間で烏帽子岩山々頂に到達した。今シーズン初めての岩場でのアイゼンワークはほぼ快調といったところであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アイゼン尾根基部で装備を装着〉

 

 

    〈先ずはアイゼンの効き具合を小手調べ〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈天応の街を見下ろす高みまで登ってきた〉

 

 

 

〈岩尾根を登る〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈アイゼン尾根から波静かな瀬戸内海を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈北方の隣には天狗城山が聳える〉

 

 

〈この岩壁も越える〉

 

11:23〜11:35 烏帽子岩山(410m)

  烏帽子岩山々頂で小休止の後、一般登山道を黒ナメラまで下った。烏帽子岩山の一般登山道も岩場の中に延びている。アイゼンでの岩場の歩行は下りの方が怖いので、常に用心しながら、時には後向きの姿勢で慎重に下って行った。急傾斜地を下って行くとやがて黒ナメラの岩壁が見え始め、下り行く程にその岩面が大きくなって行った。

 

 

〈烏帽子岩山々頂〉

〈遙かに灰ヶ峰を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈吉浦、呉港方面の眺望〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈尾根上の展望岩から下降路に入る〉

 

 

     〈アイゼンでの岩場の下降は要注意!〉

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ドンガメ岩、烏帽子岩越しに江田島を望む〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈黒ナメラの岩場を眺めながらの下降か続く〉

 

 

 

12:19〜15:09 黒ナメラ

  黒ナメラでは先陣のグループが陣を張って、この山域でトレーニング中のようであった。凹角ルートにもトップロープを張っていた。我々はランチタイムを取ってから、空いていた第1ポピュラールートにトップロープを張ってフリークライミングの訓練に取り組んだ(冬山のバリエーションルートにチャレンジする一部メンバーは銀座尾根でアイゼン歩行訓練に取り組んだ)。やはり冬の岩は手が芯まで冷え切ってしまうほどに冷たかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈トップロープでのフリークライミング〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈下ではビレイヤーが確保〉

〈隣の凹角では別グループが登攀中〉

 

 

15:31 天応駅

  アイゼンボッカ、岩トレの充実した時を過ごして、午後3時過ぎに下山の途に就いた。この後電車で本拠地に帰り、冬の山行の打ち合わせを行い、会合を終えてからは居酒屋で親睦を深めた。

 

 

 

 

 

 

 

〈墓地下から烏帽子岩山を望む〉

 

 

 

 〔山行所感〕

   烏帽子岩山アイゼン尾根でのアイゼンボッカのトレーニング、やはり冬山シーズンの到来を実感した。今シーズンはトレーニングを積んで、本格的な冬の山へチャレンジしてみたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

〈この日の軌跡〉

 

 

 

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

Ads by TOK2