スプリング・エフェメラル 2015 

(その2)

2015年3月17日(火)

 

 

 

 

 

 

〈安芸太田町の山里に咲くアズマイチゲ〉

 

 

 

春先あるいは春の季節に、はかなくも短い命を惜しむように一瞬だけ美しく山野に咲き、

咲き終わると密やかに消えてゆく小さな花たちを“スプリング・エフェメラル”と総称する。

街では桜の開花が待たれる頃となってきたが、

雪の峰を仰ぐ山里を訪ねるとまだ春の気配を探している自分に気付く。

この日も雪の山への行き帰りに小さな春を醸してくれる花たちを訪ねずにはおれなかった。

 

 

ホソバコバイモ

広島県山県郡安芸太田町

 

恐羅漢山への往路に昨年初めて訪ね当てたホソバコバイモの自生地に立ち寄った。

良く刈りこまれた草地に筒状鐘形の花が咲いているのが直ぐに目に飛び込んできた。今年も健在のようで嬉しい限り。

中国地方と九州にしか分布しないと言われており、環境省準絶滅危惧種にカテゴライズされている。

ちょっと触れば折れそうな脆弱な花であるので、少し離れた位置から観察したいものである。

 

 

 

 

 

 

 

〈淡紫褐色の花を付けたホソバコバイモ、ユリ科バイモ属の多年草〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈日当たりの良い所を好み、草刈りなど地域の人達の力を借りなければ生息出来ないようだ〉

 

 

 

 

アズマイチゲ

広島県山県郡安芸太田町

 

恐羅漢山へ行きがけにここは有名なアズマイチゲの群生地にも立ち寄ってみたが、

まだ陽が当たっておらず、沢山咲いている花々は全てまだ花弁を閉じていた。

この花も、陽光の下でしか花弁を開かない。

山から下りた帰りに再度立ち寄ってみると、今がちょうど見頃の花々が出迎えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

〈アズマイチゲ、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈白い花弁のようなのは萼片で、中央部の雌蕊、雄蕊が花〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈段丘地に群生する自生地〉

 

 

 

〔山行所感〕

 まだまだ人間の背丈を遙かに超える雪が残る恐羅漢山を訪ねた行き帰りに安芸太田町に自生する早春の小さな花たちを訪ねた、「スプリング・エフェメラル2015」の第2弾としてご紹介します。今回紹介した2つの花は共に葉も茎も細くて柔らかい脆弱な植物であり、大切にしてやらないとその生息が危ぶまれそうに思える。自生地を護っている地域の皆様に感謝しつつ、花々を傷めないように注意して拝見したいものである。

 

〔BACK〕

〔HOME〕

 

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2