総合Top <2ndTop <3rdTop <4thTop <5thTop <6thTop
豊島区立千早フラワー公園 果実観察記
17-1/2/3

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 この1月2月3月は果実がほとんど無いので、三ヶ月まとめたページとなります。新年早々ですが、お許しください。
 あれだけ実や葉っぱを付けていた梨の木が今ではこうです。しかし、これがあってこそ新芽の季節が来、やがて花が咲いて実をなします。
 キンカンの数も10個を割りました。なのに未だ色づきさえ見せない実もあります。なぜか宇宙を感じます。
 イチジクの木もこのように丸裸になりました。寒いお正月は裸の方が良いのかもしれません。
 2005/1/5

 リンゴの木はこうなっています。
 イチジクの木にはもう、新しい芽が出ています。寒い寒い時期に、こうした芽を見ると私も頑張ろうと思う。
 ザクロも未だ頑張っている。ユズも一つが頑張る。大きなクワの木もこうなっている。
 2005/1/13




 公園では梅の花も満開を迎えつつある。
 ここ千早フラワー公園の木々はどれもこれも剪定により丸坊主になった。
 梨の木は写真の通り、温州ミカンもイチジクもクワの木もほとんど「坊主丸儲け」?である。
 他の果樹も丸坊主になったり、この果実観察記がスタートした去年、よく写真を撮ったり食べたりしたクワの実の木が根元から切り倒されていた。バカもんとしか言いようがない。

 ここに丸坊主姿で写るクワの木はトイレうしろの巨木の方である。
 しかしここでは新芽も芽吹いた。写真がそれです。
 早くこいこい春よ来い。
 2005/2/3











 3月に入り、春になった。しかしそれは暦上でのことで、木々にみる春はそれぞれの姿をしている。温州ミカンの木はこう、イチジクの芽はこうで、ユズの木はこうなっている。クワの木はこのように無残で、イヌマキの木だけが元気なように見える。 
2005/3/5

 

16-6 16-7 16-8 16-9 16-10 16-11 16-12 17-1/2/3 17-4 17-5 17-6 17-7
豊島区立千早フラワー公園 果実観察記 楽しい公園日記Top
豊島区立日之出町公園 ミニミニウォッチング
Ads by TOK2