「ドイツ訪問記念演奏会」が開催される


 4月23日(日)我孫子市民会館で、湖北地区公民館で、「ドイツ訪問記念演奏会」が開催されました。

  1,000人収容の会場には、多くの方が聴きに来られ、演奏会は盛況でした。

  5月のドイツ演奏旅行への意気込みが感じられる演奏会だったと思います。

   会場には、お友達、ご近所の方、ご家族など、たくさんの方が、きていただきました。

  かつてアンサンブル・レオーネで歌っていた方やその関係者である、吉永さんご夫妻、飯田さん、故瀬川先生の奥様、

  高嶋さん、ボイストレーナ兼指揮者として10数年前に指導していただいた柳橋さん、などなど、懐かしい方も来られました。

  当日の貴重な写真がありましたら、提供してください。

     
久々に来られた飯田さん。掲示板に感想も書き込んでいただきました。   奥様のお知り合い(?)とか・・・   友岡さんと、○○○・・・・   緊張気味の伴さんと、○○○・・・
     
平林さんは、教え子と一緒に   戸辺さんは、ご家族の方と一緒に   白門グリーの立山さん   正吾さんも、いつになく、にこやかな笑顔で
     
舞台の前面にドイツと日本の国旗を飾りました。   ドイツ愛唱歌は二宮さんの指揮で   白門グリーOBの清水さんは15Kgのアコーディオンを持参、演奏されました   ドイツ語の曲は譜面を持ちました
     
みんなの気持ちが一つになって   お花も順次届きこのあとテーブルに置ききれないほどになりました   全部紹介しきれないので、一部を紹介します。   やっぱり花は演奏会に合っています。
     
お花にはメッセージも書かれています。   団友は、自分の団のユニフォームも着用しました。   楽屋で演奏を待つ小松先生   「ふるさとの四季」はバックスクリーンに四季折々の映像を映して
     
ふるさとの四季は、日本人の心にしっかりと届くものがあります。   第4ステージが済んで花束贈呈では拍手が鳴り止まず・・・・   薩美さん、演奏会後ホールの前で   レオーネの演奏会もだんだんとレベルが上がってきた(?)ようです
     
我孫子市の福嶋市長も駆けつけた。   演奏会後に、打ち上げ第T部が盛大に開催された。   ドイツ訪問記念演奏会“乾杯”   各テーブルにはドイツと日本の国旗が置かれて・・・。
     
打ち上げの司会、榊原さんと、アコを演奏した白門グリーOB清水さんです。   打ち上げの第U部は関係者によるドイツ訪問の“出発式”   ドイツへ行く奥様も出席しました。   ほんとに歌の好きな人たちの集まりです。
              
演奏旅行の実行委員が集合しました。    “送辞”の挨拶をした谷次さん      (洋光台男声、森氏撮影)      挨拶をする小松先生      (洋光台男声、森氏撮影)    

 

ここに掲載された写真の多くは、北総エコーの赤羽さんに撮っていただいたものです。赤羽さん、ありがとうございました。



HOME


Ads by TOK2