ドイツ演奏旅行 〜楽しい想い出編〜


 5月18(木)

  

     昨日は夜遅くまで飲んで歌って、楽しく過ごした。

     私が泊まった Siegrid und Georg Schramm 一家は、アウグスブルグの郊外のStadberugen

     の中のDeuringen という街にあった。敷地面積は200坪ぐらいありそうだった。

     三角屋根の家は結構古い家に思われる。

     1階には暖炉がある居間、ダイニング、キッチン、寝室があり、二階にも全く同じ数だけ部屋があった。

     バス、トイレも2階についていて、1階と2階は全く別に生活ができるように設計されていた。

     3階は、かつて子供部屋として使われていたそうだ。 また、地下室もあった。

        2階のリビングルーム。

 

                   Siegridの手作りのお人形さん。いろんなものを手作りで作るようだった。

                   小さい頃、母親に教えてもらったのだろうか・・・。 

                        

 

        かつて日本では、どこの家庭にもミシンが置いてあった。

        Schramm 家では、ミシンを部屋の中に置き、植物の置き場所としていた。

       

 

午前10時にアウグスブルグ市長の表敬訪問があった。我々は正装して、市庁舎で時間が来るのを待った。

市長の挨拶や、記念品の贈答、お返しなどがあり、その後、一人ひとり記帳した。

                    

 

                    市庁舎の中で、移動する時に、Siegrid が、「この窓からの景色はいい! 」 と、教えてくれた。

                    思わずここで、シャッターを切る。

                     

 

 アウグスブルグの資産家、フッガー一家が建てた困窮者の住居。

                                         いまだに家賃が年間、1ユーローにも満たない。

                                         世界初の福祉住宅とも言えそうだ。

 

              ヤンマーディーゼルにゆかりのある日本庭園。

 

                          記念品を渡す山下団長

 

       “ Einigkeit ” Haunstetten 1858 e.V.

 

                    アンサンブル・レオーネも歌う。

 

 

 演奏会が済んで、里親と話す。

 

                懇親会は、延々と午後11時30分まで続けられた。

                 里親と話すK氏。

 

          ビール、食事がおいしそうです。

  

 



HOME


Ads by TOK2